KO8401JPとKO7201JPの7つの違いを比較!ティファール アプレシアコントロール

キッチン家電

ティファールで人気の電気ケトル「アプレシアコントロール」の、KO8401JPKO7201JPの違いを比較しました。

どちらも0.8L用の電気ケトルで、スピーディーに沸騰できるのが魅力です。

発売時期は、KO8401JPは2022年9月、KO7201JPは2021年10月です。

比較した結果、KO8401JPKO7201JPの違いは7点ありました。

①価格:KO7201JPの方が安い

②沸騰スピード:KO8401JPの方が早い

③KO8401JPはフタが取り外せる

④KO8401JPは転倒お湯もれロック付き

⑤KO8401JPは省スチーム設計

⑥KO8401JPは水垢が付きにくい底面

⑦KO7201JPの方が軽い

このことから考えると、KO8401JP (2022年モデル)がオススメな方は、

  • 新しいモデルを取り入れたい
  • 安全性を重視したい
  • 子供やお年寄りでも安全に使えるモデルが良い
  • 楽にお手入れをしたい

スピーディーに沸騰!安全に使える機能も備えたKO8401JP はコチラ▼

カラーはホワイト1色です。

一方、KO7201JP (2021年モデル)がオススメな方は、

  • 少しでもお得に購入したい
  • 軽い電気ケトルが欲しい
  • KO7201JPの基本的な機能で十分満足

お買い得で軽く扱いやすいKO7201JPはコチラ▼

こちらもホワイト1色です。

KO8401JPKO7201JPは、どちらもアッという間にお湯が沸くことに定評がある人気の電気ケトルです。

7つの違いの中でも2022年モデルのKO8401JPは、より安全性に配慮した構造にリニューアルしています。

それに対して、2021年モデルのKO7201JPはお買い得感と、軽いケトル本体が魅力ですよ。

本文では、ティファールの「アプレシアコントロール」のKO8401JPKO7201JPの違いを比較し、特徴や機能についても詳しく説明しています。

電気ケトルの購入を検討している、あなたの参考になれば幸いです♪

電気ケトルの人気ランキング (楽天市場)はコチラ

KO8401JPとKO7201JPの違いを比較 ティファール アプレシアコントロール

それでは早速、KO8401JPKO7201JPの違いをご紹介します。

違いとしては、以下の7点が挙げられます。

①価格:KO7201JPの方が安い

②沸騰スピード:KO8401JPの方が早い

③KO8401JPはフタが取り外せる

④KO8401JPは転倒お湯もれロック付き

⑤KO8401JPは省スチーム設計

⑥KO8401JPは水垢が付きにくい底面

⑦KO7201JPの方が軽い

違いを1つずつ見ていきましょう!

①価格:KO7201JPの方が安い

まず、一番気になるのは価格の違いですよね。

KO8401JPKO7201JPそれぞれの最安値を、大手ECサイトで調べてみました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
KO8401JP
(2022年)
9,400円10,280円9,280円
KO7201JP
(2021年)
6,480円8,155円6,890円

ただ、こちらの価格は2023年3月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認下さいね。

KO8401JP (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

KO7201JP (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2022年モデルのKO8401JPの方が、2,000~3,000円ぐらい価格がアップしますね。

KO8401JPお手入れのしやすさと、安全性の向上が魅力の電気ケトルです。

とは言え、この価格差が妥当なのか、それとも2021年モデルのKO7201JPで十分なのか?

そのあたりの違いや、これら電気ケトルの特徴や機能について、これから詳しく紹介していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね^^

②沸騰スピード:KO8401JPの方が早い

KO8401JPKO7201JP、どちらも素早くお湯が沸かせるのが魅力ですが、KO8401JPは更に早いです!

140㏄の水を沸かすのにかかる時間は、KO7201JPが約70秒に対し、KO8401JP約68秒!。

2秒の差ではありますが、忙しい時間帯の食事の支度の時は、1秒でも早いほうが助かりますよね^^

少しでも早い方が良いと感じる方には、KO8401JPがオススメです。

③KO8401JPはフタが取り外せる

KO8401JPは、フタを取り外すことができます。

一方、KO7201JPはフタを取り外すことはできず、ほぼ直角に開きます。

どちらともお掃除しやすい構造ですが、フタを取り外すことができるKO8401JPの方が、よりお手入れがラクにできるでしょう。

④KO8401JPは転倒お湯もれロック付き

KO8401JPには、安全に使える機能として「転倒お湯もれロック」が付いています。

万が一本体が倒れても、中のお湯がもれにくい構造になっています。

もしもの時の火傷のリスクが減らせて、安心ですね。

フタの上部のボタンで、ロックと解除を操作できるようになっています。

お年寄りや小さなお子さん、ペットがいるご家庭でも安全に使えますね!

⑤KO8401JPは省スチーム設計

KO8401JPは、KO7201JPに比べて、蒸気量を約50%削減

蒸気が吹き出すことによる、火傷の危険性を減らします。

うっかり手を伸ばしてしまっても、火傷の心配なく安心です!

⑥KO8401JPは水垢が付きにくい底面

KO8401JPは、水垢が付きにくいウルトラポリッシュ底面を採用しています。

内部に水垢が付くのを防いで、お手入れもラクにできますよ。

水垢を気にせず使えるのは、嬉しいですね!

⑦KO7201JPの方が軽い

ケトル本体の重量は、KO7201JPの方が軽いです。

KO8401JPが約780gなのに対し、KO7201JPは約640gです。

電気ケトルは片手で扱うので、女性や子供が使うには軽い方がラクですね。

KO8401JPとKO7201JPはどっちがオススメ?

KO8401JPKO7201JPの違いはわかったけど、オススメはどっち?

KO8401JP (2022年モデル)がオススメな方

  • 新しいモデルを取り入れたい
  • 安全性を重視したい
  • 子供やお年寄りでも安全に使えるモデルが良い
  • 楽にお手入れをしたい

スピーディーに沸騰!安全に使える機能も備えたKO8401JP はコチラ▼

カラーはホワイト1色です。

KO7201JP (2021年モデル)がオススメな方

  • 少しでもお得に購入したい
  • 軽い電気ケトルが欲しい
  • KO7201JPの基本的な機能で十分満足

お買い得で軽く扱いやすいKO7201JPはコチラ▼

こちらもホワイト1色です。

KO8401JPとKO7201JPの機能や特長 ティファール アプレシアコントロール

ここからは、KO8401JPKO7201JPの共通の特徴や機能についてご紹介していきますね。

スピード沸騰

1250Wのハイパワーで、お湯をスピーディーに沸かします。

また、飲み物に応じて8段階の温度設定が可能です。

沸かしたお湯は、60分間保温ができますよ。

もう1杯お茶が飲みたい!というときでも、沸かし直さなくて良いのが便利ですね。

大きな目盛り

大きな目盛り付き窓で、残りのお湯の量がひと目でわかります。

清潔に配慮

ホコリが入りにくいように、注ぎ口にカバーが付いています。

ホコリや虫の侵入を防いで、いつでも清潔に使えますね。

また、注ぎ口は、お湯を注ぎやすい設計になっています。

こぼれにくいように考えられているのが、嬉しい配慮ですね。

お手入れラクラク

間口が広いので、手をいれやすくお手入れが簡単です。

いつでもケトル内を清潔に保つことができますよ^^

安全設計

消し忘れの心配がない「自動電源オフ機能」。

また、空焚き防止のために万一の時に通電が切れるようになっている「空焚き防止機能」があります。

うっかり消し忘れたり、空焚きしそうになってしまっても安全ですよ。


最後に、KO8401JPKO7201JPのスペックを表にまとめたので、参考にしてくださいね。

違いのあるところは、赤色にしてあります。

KO8401JP
(2022年)
KO7201JP
(2021年)
本体サイズ(mm)210×170×220210×170×220
本体重量 (g)約780g約640g
容量0.8L0.8L
消費電力1250W1250W
電源コード長さ(m)1.3m約1.3
温度設定8段階8段階
140㏄の水沸騰時間68秒70秒
操作パネルタッチパネル式タッチパネル式
省スチーム設計X
転倒お湯もれロックX
フタが外せるX
カラーホワイトホワイト

KO8401JPとKO7201JPの違いを比較 ティファール アプレシアコントロール まとめ

今回は、ティファールの電気ケトル「アプレシアコントロール」のKO8401JPKO7201JPの違いを比較するとともに、特徴や機能についてもご紹介しました。

KO8401JPKO7201JPの7つの違いをおさらいすると、

  1. 価格:KO7201JPの方が安い
  2. 沸騰スピード:KO8401JPの方が早い
  3. KO8401JPはフタが取り外せる
  4. KO8401JPは転倒お湯もれロック付き
  5. KO8401JPは省スチーム設計
  6. KO8401JPは水垢が付きにくい底面
  7. KO7201JPの方が軽い

どちらの電気ケトルも1250Wパワフルさで、あっという間にお湯が沸きます。

これこそティファールの電気ケトルの最大の魅力ですね!

そして保温や温度設定も可能で、お茶やコーヒー、お子様のミルク作りにも大活躍間違いなしです。

是非、ティファールの電気ケトルをあなたの生活にも取り入れて、その便利さを実感してみてくださいね!

この記事が、あなたの電気ケトル選びの参考になれば幸いです(^^)!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

KO8401JP (2022年モデル)◆

スピーディーに沸騰!安全に使える機能も備えたKO8401JP はコチラ▼

カラーはホワイト1色です。

KO7201JP (2022年モデル)◆

お買い得で軽く扱いやすいKO7201JPはコチラ▼

こちらもホワイト1色です。

【知らないと損】KO8401JPとKO7201JPをオトクに購入する方法

より安く、ティファールの電気ケトルのKO8401JPKO7201JPを購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※今回ご紹介したKO7201JPと、その前のモデルのKO6201JPとの違いを比較しました。

KO7201JPはお湯の温度設定のバリエーションが増え、操作パネルや水位表示の改善で、更に使い勝手位が良くなっています。

こちらも合わせてご参照くださいね★

KO7201JPとKO6201JPの5つの違いを比較!ティファールアプレシアコントロール0.8L

KO7201JPとKO6201JPの5つの違いを比較!ティファールアプレシアコントロール0.8L
ティファールの電気ケトルの人気シリーズ「アプレシアコントロール0.8L」の、KO7201JPとKO6201JPの違いを比較しました。違いは5点、湯沸かし機能や使い勝手、カラーバリエーションなどです。機能や特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました