AET-GS13NとAET-GS13Bの違いは6つ !アジングラファイトトースター比較

キッチン家電

アラジングで人気のグラファイトトースターの、AET-GS13NAET-GS13Bの違いを比較しました。

どちらも2枚焼きのオーブントースターで、同じモデルの販売年違いです。

(AET-GS13N:2016年3月、AET-GS13B:2019年4月)

比較した結果、AET-GS13NAET-GS13Bの主な違いは6点ありました。

①価格帯の違いAET-GS13Nの方が安い

②AET-GS13Bは、焼き網が取り外せる

③AET-GS13Bは操作用つまみが大きくなった

④本体重量の違いAET-GS13Nの方が300g軽い

⑤庫内のヒーターの数の違い

⑥カラーバリエーションの違い

このことから考えると、 AET-GS13N (2016年モデル) がオススメな方は、

  • AET-GS13Nの機能で十分満足している
  • 予算はなるべくおさえたい
  • ブラウンのカラーがかわいくて気に入った❤

AET-GS13Bと基本の機能は同じで、お値段おトクなAET-GS13Nはコチラ▼

カラーはホワイトとブラウンです。

アラジン Aladdin グラファイトトースター 2枚焼き AET-GS13N(W) アラジンホワイト

これに対し、AET-GS13Bがオススメな方は、

  • できるだけ新しいモデルが良い
  • 焼き網が外せてお手入れがしやすい方が良い
  • つまみが大きい方が便利に感じる
  • グリーンのカラーがステキ♪

0.2秒で発熱し、トーストを素早く美味しく焼き上げる!デザインもオシャレなAET-GS13Bはコチラ▼

AET-GS13NAET-GS13Bは、2枚焼きのオーブントースターです。

5つの違いのうち、2019年モデルのAET-GS13Bは焼き網が取り外せて、よりお手入れがしやすくなっています。

また、AET-GS13Bは操作用のつまみが大きくなり、より使い勝手が向上しています。

本文では、AET-GS13NAET-GS13Bの違いを比較し、機能や特長も詳しく解説しています。

オーブントースターの購入を検討中の、あなたの参考になれば嬉しいです^^

AET-GS13NとAET-GS13Bの違いを比較 アラジングラファイトトースター

それでは早速、AET-GS13NAET-GS13Bの違いをご紹介します。

主な違いは、以下の6点です。

①価格帯の違いAET-GS13Nの方が安い

②AET-GS13Bは、焼き網が取り外せる

③AET-GS13Bは操作用つまみが大きくなった

④本体重量の違いAET-GS13Nの方が300g軽い

⑤庫内のヒーターの数の違い

⑥カラーバリエーションの違い

1つずつ解説しますね^^

①価格帯の違い:AET-GS13Nの方が安い

まず、一番気になるのが価格の違いですよね。

2つのモデルでの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べて、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
AET-GS13N
(2016年)
10,980円15,800円10,790円
AET-GS13B
(2019年)
13,990円12,800円12,800円

ただ、こちらの表の価格は2022年4月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

AET-GS13N (2016年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

AET-GS13B (2019年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2019年モデルのAET-GS13Bの方が、2、3千円価格があがりますね。

AET-GS13NAET-GS13Bは機能やスペックに大きな違いはありませんが、AET-GS13Bは焼き網が取り外せてお手入れがしやすくなったり、つまみが大きくなって使いやすくなっています。

価格重視で選ぶならAET-GS13N、使い勝手の良さを取るならAET-GS13Bがオススメです(^_^)

②AET-GS13Bは、焼き網が取り外せる

2019年モデルのAET-GS13Bは、「焼き網が外せると洗いやすい」というお客様の声を受けて、焼き網が取り外せるように改良されています。

焼き網が外せることで、溶けだしたチーズや焦げ付きも、すぐに洗い流せて清潔が保てますよ^^

焼き網を外して庫内の拭き掃除も簡単にできて、便利ですよ♪

③AET-GS13Bは操作用つまみが大きくなった

2019年モデルのAET-GS13Bは、操作用つまみの大きさが改良されています。

AET-GS13Nよりも、つまみが大きくなって操作がしやすくなっています

この結果、温度調節やタイマー設定が、これまでよりも正確に行えるようになり、理想の仕上がりが期待できます^^

④本体重量の違い:AET-GS13Nの方が300g軽い

AET-GS13NAET-GS13Bはどちらも2枚焼きですが、本体の重量が若干異なります。

●AET-GS13N:約3.1kg

●AET-GS13B:約3.4kg

AET-GS13Bの方が300gほど重くなっています。

ただ、持ち運んで使うものではないので、この重さの違いは特に気にならないでしょう。

⑤庫内のヒーターの数の違い

AET-GS13NAET-GS13Bはどちらも、アラジン独自のグラファイトヒーターを内蔵しています。

このヒーターの数に違いがあります。

●AET-GS13N:上はグラファイトヒーター1本、下は石英管ヒーター2本。

●AET-GS13B:上はグラファイトヒーター1本、下は石英管ヒーター1本。

グラファイトヒーターは、一気に立ち上がり素早く焼き上げるという特長があります。

焼き上がりを均一にするため、ヒーターの中央は発熱しない仕組みです。

下の石英管は、グラファイトヒーターが明るく、発熱していないように見えますが、異常ではないのでご安心くださいね (^_^)

AET-GS13NAET-GS13Bでヒーターの本数は違っていますが、焼き上がりには差はありません。

⑥カラーバリエーションの違い

最後に、カラーバリエーションの違いをご紹介します。

AET-GS13N (2016年モデル)

カラーはホワイトとブラウンです。

AET-GS13B (2019年モデル)

こちらはホワイトとグリーンです。

ホワイトは両モデルに共通していますが、もう1色はAET-GS13Nはブラウン、AET-GS13Bはグリーンです。

ブラウンもグリーンも他社のオーブントースターにはない、オシャレなくすみカラーがステキですね★

デザインもレトロオシャレなので、他のインテリアアイテムの色に合わせて、好きなカラーを選ぶのも良いですね (^_^)

AET-GS13NとAET-GS13Bはどっちがオススメ?

AET-GS13NAET-GS13Bの違いは分かったけど、オススメはどっち?

AET-GS13N (2016年モデル) がオススメな方

  • AET-GS13Nの機能で十分満足している
  • 予算はなるべくおさえたい
  • ブラウンのカラーがかわいくて気に入った

AET-GS13Bと基本の機能は同じで、お値段おトクなAET-GS13Nはコチラ▼

アラジン Aladdin グラファイトトースター 2枚焼き AET-GS13N(W) アラジンホワイト

AET-GS13B (2019年モデル) がオススメな方

  • できるだけ新しいモデルが良い
  • 焼き網が外せてお手入れがしやすい方が良い
  • つまみが大きい方が便利に感じる
  • グリーンのカラーがステキ♪

0.2秒で発熱し、トーストを素早く美味しく焼き上げる!デザインもオシャレなAET-GS13Bはコチラ▼

AET-GS13NとAET-GS13Bの機能や特長

ここからは、グラファイトトースターのAET-GS13NAET-GS13Bの共通する機能や特長をご紹介します。

美味しく焼き上げる仕組みが充実

トーストなどの素材を美味しく焼き上げる仕組みが充実しています!

遠赤グラファイトヒーター

庫内のヒーターには、アラジン独自のヒーターである、遠赤グラファイトを搭載。

遠赤グラファイトは、わずか0.2秒で発熱し、素早く焼き上げることができます。

最高1300℃の高温で一気に焼き上げるため、パンの水分を逃がすことなく、外はカリッと中はしっとりの美味しいトーストが焼き上がりますよ \(*ˊᗜˋ*)/

焼き網にも美味しさの秘密

素材をトコトン美味しく焼き上げるために、焼き網にもこだわりがあります!

焼き網の中央部分を狭く、左右の幅を広くすることで、焼きムラを抑える効果が期待できます。

この結果、パンの裏側も良い感じに焼き上がり、全体的にバランスの良い仕上がりになるのです。

安全設計

アラジングラファイトトースターには、加熱しすぎないように、サーモスタットが搭載されています。

熱くなりすぎない設計なので、安心して使えますよ^^

温度調節は100℃~280℃と幅広く使えます。

タイマーは最長15分です。

レトロでオシャレなデザイン

イギリス発祥のアラジンのトースターの魅力は、どこか懐かしいレトロなデザインですね (*ฅ́˘ฅ̀*)♡

グラファイトトースターは、このレトロな雰囲気を受け継ぎ、石窯風のデザインになりました。

オシャレで、置いておくだけでインテリアのアクセントになりますね♪


最後に、AET-GS13NAET-GS13Bのスペックを表にまとめたので、参考にしてくださいね。

違いがあるところは、分かりやすく赤色にしてあります。

AET-GS13N
(2016年モデル)
AET-GS13B
(2019年モデル)
電源/消費電力AC 100V / 1250WAC 100V / 1250W
トーストの焼ける枚数2枚2枚
ヒーター<庫内上>
グラファイトヒーター1本
<庫内下>
石英管ヒーター2本
<庫内上>
グラファイトヒーター1本
<庫内下>
石英管ヒーター1本
外形寸法(mm)幅350x奥行295x高さ235幅350x奥行295x高さ235
庫内有効寸法(mm)幅310x奥行235x高さ87幅310x奥行235x高さ87
質量約3.4kg約3.1kg
コードの長さ (m)1.21.2
温度調節つまみ100℃~280℃100℃~280℃
付属品・受け皿(ホーロー)
・コンセプトブック
・受け皿(ホーロー)
・コンセプトブック
カラー・ホワイト
・ブラウン
・ホワイト
・グリーン

AET-GS13NとAET-GS13Bの違いを比較 アラジングラファイトトースター まとめ

今回は、アラジングラファイトトースターのAET-GS13NAET-GS13Bの違いを比較するとともに、共通の機能や特長をご紹介させていただきました。

AET-GS13NAET-GS13Bの6つの違いをおさらいすると、

  1. 価格帯の違いAET-GS13Nの方が安い
  2. AET-GS13Bは、焼き網が取り外せる
  3. AET-GS13Bは操作用つまみが大きくなった
  4. 本体重量の違いAET-GS13Nの方が300g軽い
  5. 庫内のヒーターの数の違い
  6. カラーバリエーションの違い

このような違いはありますが、どちらもグラファイトトースターの機能は優秀で、焼き上がりの差はありません。

忙しい時間でも、美味しいトーストが焼けるアラジングラファイトトースター、ぜひこの機会にご検討くださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

AET-GS13N (2016年モデル)◆

AET-GS13Bと基本の機能は同じで、お値段おトクなAET-GS13Nはコチラ▼

アラジン Aladdin グラファイトトースター 2枚焼き AET-GS13N(W) アラジンホワイト

AET-GS13B (2019年モデル)◆

0.2秒で発熱し、トーストを素早く美味しく焼き上げる!デザインもオシャレなAET-GS13Bはコチラ▼

【知らないと損】AET-GS13NとAET-GS13Bをオトクに購入する方法

より安く、アラジンのオーブントースターAET-GS13NAET-GS13Bを購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※更に美味しいトーストを追求したい方へ!

シャープの「ヘルシオグリエ」とバルミューダ「ザ・トースター」は、水蒸気を利用してパンをふっくら焼き上げます!

パンを絶品に焼くだけでなく、ノンフライでヘルシー料理も。

こちらもあわせて、オーブントースター選びの参考にしてくださいね!

ヘルシオグリエAX-GR2とバルミューダK05Aを比較!オススメはどっち?

ヘルシオグリエAX-GR2とバルミューダK05Aを比較!オススメはどっち?
高級トースターで人気の高い、シャープのヘルシオグリエ2021年モデルAX-GR2と、バルミューダ2020年モデルK05Aを比較しました。ヘルシオグリエは様々な調理に対応し、バルミューダはよりパンを焼くのに特化しています。特長も解説。

コメント

タイトルとURLをコピーしました