EE-DD50とEE-DC50の違いを比較したら2つあった!象印スチーム式加湿器

生活家電
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

象印で人気のスチーム式加湿器の、EE-DD50EE-DC50の違いを比較しました。

どちらも、清潔な蒸気で加湿ができるコンパクトなサイズの加湿器で、同じモデルの発売年違いです。

EE-DD50が2023年9月、EE-DC50が2021年9月の発売です。

というわけで、EE-DC50EE-DD50の型落ちになります。

比較した結果、EE-DD50EE-DC50の違いは2点でした。

①価格帯:EE-DC50の方が安い

②カラーの違い (EE-DD50の方がボタン表示が見やすい)

このことから考えると、EE-DD50 (2023年モデル)がオススメな方は、

  • 新しいモデルを取り入れたい
  • ボタン表示がより見やすい方が良い

清潔な蒸気で加湿!お手入れも簡単なEE-DD50はこちら▼

カラーはホワイトとグレーです。

これに対して、EE-DC50 (2021年モデル)がオススメの方は、

  • 予算はなるべくおさえたい
  • EE-DC50も十分使い勝手が良いので、それで満足

EE-DD50と機能やスペックは同じで、お値段オトクなEE-DC50はこちら▼

こちらもカラーはホワイトとグレーです。

象印 ZOJIRUSHI スチーム式加湿器 木造8畳/プレハブ13畳まで タンク4.0L グレー EE-DC50-HA

EE-DD50EE-DC50の機能に差はありません。

価格以外は、カラー (ボタンの表示の色)の違いのみです。

新しいモデルにこだわりがなければ、2021年モデルのEE-DC50の方がオトクなお買い物と言えますね。

ただ、EE-DC50は近いうちに生産を終了し、在庫品のみの販売になるでしょう。

そうなると最終的に値上がりしたり、品切れになったりします。

特に加湿器の需要が高まる冬場は、手に入らなくなる可能性が高いです。

そうなる前に、ほしいと思ったタイミングでゲットすると良いですよ!

本文では、象印のスチーム式加湿器EE-DD50EE-DC50の違いを比較し、機能も特長も詳しくご紹介しています。

加湿器の購入を検討している、あなたの参考になれば幸いです!

加湿器の人気ランキング (楽天市場)はこちら

EE-DD50の口コミ評判が気になる方は、こちらの記事をご覧くださいね。

EE-DD50の口コミ評判をレビュー!電気代は?象印スチーム式加湿器
象印のスチーム加湿器のEE-DD50の口コミ評判をレビューしました。清潔に使えて安心、加湿能力が高い、お手入れが簡単、と好評です。スチーム式で清潔な蒸気で加湿ができます。機能や特長、電気代の目安も詳しく紹介しています。

EE-DD50とEE-DC50の違いを比較 象印スチーム式加湿器

それでは早速、EE-DD50EE-DC50の違いご紹介します。

違いは、以下の2点です。

①価格帯:EE-DC50の方が安い

②カラーの違い (EE-DD50の方がボタン表示が見やすい)

1つずつ見ていきましょう!

①価格帯:EE-DC50の方が安い

まず、一番気になるのが価格の違いですよね。

それぞれの最安値を、大手ECサイト3社で比較しました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
EE-DD50
(2023年)
21,780円21,780円
EE-DC50
(2021年)
17,000円17,000円16,400円

ただし、こちらの価格は2023年8月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認下さいね。

EE-DD50 (2023年モデル)◆ 

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

EE-DC50 (2021年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2023年モデルのEE-DD50の方が、価格は4千円ほどアップしますね。

EE-DD50EE-DC50は、スペックや機能に違いはありません。

2021年モデルのEE-DC50は、EE-DD50よりもお得に買えるというメリットがあります。

しかし、EE-DC50は近いうちに生産終了になり、残りの在庫だけで売られることになります。

その場合、価格が上がったり、売り切れになったりする可能性が。

特に冬になると、加湿器の需要が高くなるので、見つからなくなるかもしれません。

なので、欲しいと思ったタイミングで、早めに購入することをおすすめします!

②カラーの違い

EE-DD50EE-DC50のカラーはどちらもグレーとホワイトの2色展開ですが、微妙に色が違います。

ホワイトの場合、EE-DD50のボタンの色が濃くなっています。

色が濃くなったことで、ボタンがより見やすくなりました。

一方、グレーはEE-DD50はブラウンよりで、ホワイトと同じようにボタンの色が濃くなっています。

パッと見たところ、あまり変わりはありませんが、EE-DD50の方がよりボタンがわかりやすいように配慮されていると感じました。

EE-DD50とEE-DC50はどっちがオススメ?

EE-DD50とEE-DC50の違いは分かったけど、オススメはどっち?

EE-DD50 (2023年モデル)がオススメな方

  • 新しいモデルを取り入れたい
  • ボタン表示がより見やすい方が良い

清潔な蒸気で加湿!お手入れも簡単なEE-DD50はこちら▼

カラーはホワイトとグレーです。

EE-DC50 (2021年モデル)がオススメな方

  • 予算はなるべくおさえたい
  • EE-DC50も十分使い勝手が良いので、それで満足

EE-DD50と機能やスペックは同じで、お値段オトクなEE-DC50はこちら▼

こちらもカラーはホワイトとグレーです。

象印 ZOJIRUSHI スチーム式加湿器 木造8畳/プレハブ13畳まで タンク4.0L グレー EE-DC50-HA

EE-DD50とEE-DC50の機能や特長 象印スチーム式加湿器

ここからは、EE-DD50EE-DC50の機能や特長をご紹介しますね。

どちらもフィルターを使用せず、沸騰した水の蒸気で加湿するスチーム式の加湿器です。

EE-DD50は、沸騰させた清潔な蒸気を使用する加湿器です。

木造の8畳やプレハブ洋室の13畳に最適な広さです。

小さくてもパワフルで、広いリビングでも十分に加湿できますよ!

寝室や個室にもぴったりです^^

強運転でも最大8時間使えて、夜も快適にお部屋を保湿できます。

清潔なスチームで加湿

EE-DD50EE-DC50は、ポットのようにお湯を沸かして、清潔な蒸気でお部屋を潤します。

フィルターがないので、手間なく加湿できますよ^^

沸騰の音が気になる時は、「湯沸かし音セーブモード」を使えば、水の温度を少し上げて音を小さくできますよ!

給水・排水も簡単

広口容器の加湿器なので、電気ポットみたいに水を入れやすいです。

排水も水を捨てるだけでOKなので、とても簡単に使えます!

入・切デュアルタイマー

入タイマーは、4・6・8時間、切タイマーは、1・2・4時間です。

睡眠と起床に合わせてセットできますね。

自動運転で適度な湿度をキープ

室温と湿度を測るデュアルセンサーが、適切な湿度に自動で加湿します。

しっかり・標準・ひかえめの3段階の強さが選べます。

お部屋の状態や季節に合わせて、強さを調整してくださいね。

本体についている「湿度モニター」で、お部屋の湿度が一目で分かって便利です。

連続運転

運転モードは、強・中・弱の3段階あります。

連続運転は、

  • 強:約8時間
  • 中:約16時間
  • 弱:約32時間

運転時間に合わせて「水位線」を目安に給水してくださいね。

給水量がわかるので、便利ですよ。

強運転でも長時間加湿するので、お休み中にもお部屋を潤すことができますね。

朝起きた時の喉の痛みでお悩みの方は、お休み中も加湿すると良いですよ。

安心設計

熱湯を使用するので、安全にも配慮されています。

転倒湯もれ防止構造

本体が倒れてしまった時も、湯もれを最小限に抑えます。

倒れたままにしておくと、蒸気口からお湯が漏れる場合がありますので、気をつけて起こしてくださいね。

転倒時は、自動でオフになります。

ふた開閉ロック

レバーでフタを常にロックしている状態なので、もし倒れても簡単にはフタが開かない構造になっています。

チャイルドロック

キーを3秒間長押しすると、すべての操作ができなくなります。

ペットや小さなお子様のいるご家庭にも、配慮がなされていますね。

空だき防止

水がなくなったら、ランプとブザーでお知らせします。

空焚きを防いで、故障を未然に防ぎます。

明るさ切替

ランプの明るさを、明/暗の2段階に調節します。

明るいと寝られない方には、ありがたい機能ですね。

お手入れ簡単

フィルターがないので、お手入れがとても楽です!

クエン酸を入れて満水にして、「クエン酸洗浄モード」を選ぶだけ。

お湯を捨てたら、お手入れが終わります。

いつでも清潔に使えますね♪


最後に、EE-DD50EE-DC50のスペックを1つにまとめたので、参考にしてくださいね。

EE-DD50EE-DC50
加湿方式スチーム式
容量4.0L
外形寸法幅24×奥行27×高さ36.5㎝
本体質量2.9㎏
消費電力・立ち上げ時:985W
・加湿時/410W
定格加湿能力480mL/h
適用床面積・木造/13㎡ (8畳)
・プレハブ洋室/22㎡ (13畳) 
カラー・グレー
・ホワイト

EE-DD50とEE-DC50の違いを比較 象印スチーム式加湿器 まとめ

今回は、象印のスチーム式加湿器のEE-DD50EE-DC50の違いを比較し、機能や特長もご紹介しました。

EE-DD50EE-DC50の2つの違いをおさらいすると、

  1. 価格帯:EE-DC50の方が安い
  2. カラーの違い (EE-DD50の方がボタン表示が見やすい)

EE-DD50EE-DC50は、機能やスペックは同じです。

違いは、値段とカラー (ボタンの色)だけです。

2021年モデルのEE-DC50の方が安くてお得ですね。

ただ、EE-DC50はもうすぐ生産が終わって、在庫品のみの販売になるでしょう。

それに伴い値段が上がったり、売り切れたりするかもしれません。

特に冬になると加湿器が人気になるので、早めの購入をオススメします!

今回の記事が、あなたの加湿器選びの参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^♪

EE-DD50 (2023年モデル)◆ 

清潔な蒸気で加湿!お手入れも簡単なEE-DD50はこちら▼

カラーはホワイトとグレーです。

EE-DC50 (2021年モデル)◆

EE-DD50と機能やスペックは同じで、お値段オトクなEE-DC50はこちら▼

こちらもカラーはホワイトとグレーです。

象印 ZOJIRUSHI スチーム式加湿器 木造8畳/プレハブ13畳まで タンク4.0L グレー EE-DC50-HA

【知らないと損】EE-DD50とEE-DC50をオトクに購入する方法

より安く、象印のスチーム加湿器のEE-DD50EE-DC50を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※ダイニチの加湿器は、ハイブリッド式で電気代をおさえつつしっかり加湿できるのが特長です。

人気モデルのHD-RXT722とHD-RX700Aの違いを比較しました。

こちらもあわせて、加湿器選びの参考にしてくださいね★

HD-RXT722とHD-RX700Aの3つの違いを解説!ダイニチ加湿器比較

HD-RXT722とHD-RX700Aの3つの違いを解説!ダイニチ加湿器比較
ダイニチの加湿器の、HD-RXT722とHD-RX700Aの違いを比較しました。違いは3点、2022年モデルのHD-RXT722はお手入れがより簡単になり、操作パネルも抗菌加工で清潔に使えます。機能や特長も詳しく紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました