KI-SX70とKI-RX70の1つの違いを紹介!シャープ加湿空気清浄機比較

KI-SX70とKI-RX70の1つの違いを紹介!シャープ加湿空気清浄機比較 生活家電
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

シャープで人気の加湿空気清浄機、KI-SX70KI-RX70の違いを比較しました。

どちらも同じ機種で、発売年違いのモデルです。

それぞれの発売時期は、KI-SX70は2023年9月、KI-RX70は2022年9月です。

つまり、KI-RX70KI-SX70の型落ちモデルになります。

比較した結果、KI-SX70KI-RX70の機能やスペックに差はなく、全く同じ内容でした。

違いは1点、価格帯のみになります。

2022年のモデルのKI-RX70の方が安いので、人気が高くよく売れています。

特に、加湿空気清浄機の需要が高まる冬の時期には、品切れになる可能性もあります!

そうなる前に、欲しいなと思ったタイミングで迷わず購入すると、良い買い物ができますよ!

本文では、シャープの加湿空気清浄機KI-SX70KI-RX70の違いを比較し、機能や特長も詳しくご紹介しています。

加湿空気清浄機の購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです(^^♪

KI-SX70 (2023年モデル)◆

最高レベルのプラズマクラスターNEXT搭載!KI-SX70はこちら▼

カラーはホワイトとブラウンです。

KI-RX70 (2023年モデル)◆

KI-SX70と機能やスペックは同じで、お値段オトクなKI-SX70はこちら▼

こちらもカラーはホワイトとブラウンです。

加湿空気清浄機の人気ランキング (楽天市場)はこちら

KI-SX70とKI-RX70の違いを比較 シャープ加湿空気清浄機

それでは早速、KI-SX70KI-RX70の違いをご紹介します。

スペックや機能に違いはなく、違いは価格の1点のみです。

価格帯の違いについては、次項で詳しく解説しますね。

価格の違い:KI-RX70の方が安い

KI-SX70KI-RX70の価格の違いについてご紹介します。

それぞれのモデルの最安値を、大手ECサイト3社で比較しました。

それぞれの最安値を、大手ECサイト3社で比較してまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
KI-SX70
(2023年)
82,800円82,800円
KI-RX70
(2022年)
42,580円46,967円42,370円

ただし、こちらの価格は2023年9月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認下さいね。

KI-SX70 (2023年モデル)◆ 

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

KI-RX70 (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2022年モデルのKI-RX70の方が、4万円ほどお安いですね。

機能やスペックに違いがないので、最新モデルにこだわりがなければKI-RX70をオススメします。

ただ、2023年モデルのKI-SX70の発売にあたり、KI-RX70は近いうちに生産終了となるでしょう。

そうなると、在庫限りの販売になり、安い販売元から無くなっていきます。

のんびりと構えていると、いつの間にか在庫切れ!ということにもなりかねません。

そうなる前に、ほしいと思ったときに迷わずゲットしておくと良いですよ♪

KI-SX70 (2023年モデル)◆

最高レベルのプラズマクラスターNEXT搭載!KI-SX70はこちら▼

KI-RX70 (2023年モデル)◆

KI-SX70と機能やスペックは同じで、お値段オトクなKI-SX70はこちら▼

KI-SX70とKI-RX70の機能や特長 シャープ加湿空気清浄機

ここからは、KI-SX70KI-RX70の特長や機能をご紹介しますね。

どちらも、プラズマクラスターNEXTを搭載したハイグレードモデルです。

加湿機能付きで、お部屋の空気のコンディションを整えます。

KI-SX70KI-RX70が適しているお部屋の広さは、

  • 空気清浄時:~31畳(51㎡)
  • 加湿空気清浄時:~29畳(48㎡)

かなり広いリビングや、ワンルームマンションにも適しています!

シャープの最高峰「プラズマクラスターNEXT」

森林にも存在して空気を清浄する役割を担う、+イオンと-イオンを高濃度で放出。

自然界を上回る、1㎠あたり50,000個以上のクラスターイオンが清潔な空気を生み出します。

プラズマクラスターイオンは、空気中の菌などの表面でOHラジカルに変化し、主にたんぱく質で構成されている菌の表面の水素原子を奪い取り、反応後は水として空気中に戻ります。

また、静電気を除去し、微小な粒子や花粉が壁に付着するのを防ぎます。

「プラズマクラスターNEXT」の優れた効果とスピード

プラズマクラスターの濃度が高いことで、空気清浄化力のスピードが上がり、新たな効果を得ることができました。

従来のアレル物質やウイルス・カビ菌の作用の抑制、ニオイの除去に加えて、

  • 付着したペット皮膚特有の菌の作用の抑制
  • 付着した排泄臭の消臭
  • 付着したニオイ原因菌の除去
  • 集中を維持できる環境を作る
  • ストレスのたまりにくい環境を整える

こんなにたくさんの嬉しい効果がありますね!

濃度が濃くなったことで、浄化スピードも「プラズマクラスター7000」と比較し、

  • 除電スピード:約9倍
  • 消臭スピード:約3倍

「プラズマクラスター25000」と比較すると、

  • ウイルスや菌などの抑制スピード:約1.3倍

素早く浄化できることがわかります!

空気を浄化する空気の流れ

3方向気流制御ルーバーで、広いお部屋にも一気にイオンを放出します。

部屋の壁に沿って噴流が流れる「コアンダ効果」で、遠くのホコリを引き寄せて、背面にある吸込口へとパワフルに吸引します。

お部屋全体の空気がまんべんなく、効果的に浄化できますよ!

おまかせ運転

センサーで検知した汚れに合わせ、気流を自動で切り替えます。

例えば、重たい花粉などは集中的に空気を循環させて、しっかりと吸い取る運転に切り替えるので、効率よくお部屋の浄化が可能です。

飛沫粒子モード

ウィルス飛沫粒子がたまりやすい天井を狙って、「飛沫粒子気流」を吹き付けることで、循環気流飛を利用し飛沫粒子をキャッチします。

このことで、効果的に飛沫粒子をキャッチします!

汚れやニオイを絡めとる3つのフィルター

ニオイやホコリをキャッチするフィルターのご紹介します。

静電HEPAフィルター

0.3μmの微粒子を、10,000個のうち3個しか通しません。

しかもフィルターは10年間交換不要!

しっかりと静電気を帯びたフィルター繊維に粒子が吸着し、目詰まりしにくい構造になっています。

ダブル脱臭フィルター

活性炭に接着材加えたフィルターが、気になる生活臭をしっかりと吸着します。

フィルターの交換の目安は10年です。

ホコリブロックプレフィルター

抗菌・防カビのフィルターが、内部に侵入しようとするホコリを入口でブロックします。

細い糸を使用しているので、空気を吸い込む面積は従来と変わりません。

お掃除は掃除機で吸い込むだけなので簡単ですよ♪

このフィルターは、交換不要なのが嬉しいですね^^

本体でPM2.5にも対応

本体で0.1~2.5μmの粒子を99%キャッチ

PM2.5のような細かい粒子にも対応しているので、安心です。

二重構造加湿フィルター

集めた風を2枚のフィルターに1回ずつ計2回通すことで、多くの水を気化して空気中に放出。

これにより、1枚の加湿フィルターのときに比べて加湿量がアップします。

また、加湿時の水は、タンクのキャップに簡単に装着してある「Ag+イオンカートリッジ」によって清潔に保たれています。

Ag+イオンカートリッジが、タンク内の水のニオイやぬめりの原因菌を抑制し、タンク内の水をキレイにします。

1年に1回が交換の目安なので、ストックしておくといざ交換しようとした時にない!なんていう事態が防げますね▼

清潔に加湿

加湿しない時には、フィルターが水につからない位置で停止し、送風によって乾燥されることで、フィルターでカビや菌が増殖するのを防ぎます

抗菌・防カビ仕様でさらに安心ですね!

アプリと連携で便利に

AIが、天候などに合わせてコントロールしてくれるクラウドサービスです。

個々の生活に応じて最適な運転、お手入れやパーツの交換時期をお知らせします。

人が不在の時は、集中的に空気を浄化したり、ムダな加湿を抑えて給水の手間を減らします

また、シャープ製のエアコンが設置されている場合、連動できるので、お部屋の環境がさらに整いますよ。

スマートスピーカーにも対応し、より便利に使えます♪

アプリでは、お部屋の空気の様子もグラフで可視化でき、分かりやすくなっています。

効率よく空気をキレイにできますよ!

ハンドル付き給水タンク

ハンドルがスタンドになり、自立するので給水もラクラク♪

キャップの開閉も簡単でき、ハンドル付きで持ちやすいですよ。

広口なので奥まで手が入り、お手入れがしやすくなっています。

空気の汚れが一目でわかる

空気中の汚れやニオイ、濃度をシャープ独自のアルゴリズムで判別します。

色と濃度表示を使用し、わかりやすくお知らせします。

本体を見れば、お部屋の浄化の様子がわかりますよ(^^)

ストッパー付きキャスター

キャスターが付いているので、お部屋の移動も簡単にできます。

ストッパーで固定できるので、小さなお子様やペットが押しても安心ですね♬


最後に、KI-SX70KI-RX70の機能やスペックを1つの表にまとめたので、参考にしてくださいね。

KI-SX70KI-RX70
浄化方式・プラズマクラスターNEXT
・空中浄化&フィルター浄化
加湿方式気化方式
独自気流スピード循環気流
プラズマクラスター適用面積約26㎡(約26畳)
加湿量最大750ml/h
外形寸法幅395×奥行265×高さ650㎜
本体質量約12㎏
給水タンク容量約3.2L
コードの長さ約1.8m
センサー・ニオイ
・湿度
・温度
・ホコリ
・照度
モニター・微粒子
・ハウスダスト
・ニオイ
・PM2.5濃度デジタル
・きれいモニター
空気清浄浄化時間8畳/9分
空気清浄適用面積51㎡/31畳
空気清浄モード強・中・静音
空気清浄風量(㎥/分)7.0~1.5
空気清浄消費電力69~6.6W
空気清浄運転音51~20㏈
加湿空気清浄清浄時間8畳/10分
加湿空気清浄適用面積48㎡/29畳
加湿適用床面積・プレハブ洋室35㎡(21畳)
・木造和室21㎡(12.5畳)
加湿空気清浄モード強・中・静音
加湿空気清浄風量(㎥/分)6.3~1.5
加湿空気清浄消費電力50~7.2W
加湿空気清浄運転音48~21㏈
加湿量750~210mL/h
カラーホワイト・ブラウン

運転音を他の音に例えると、こんな感じです。

  • 40dB:図書館、ささやき声、鼻息、小雨の音 
  • 30dB:かすかな声、洋服を着る音、夜の住宅
  • 20dB:木の葉の触れ合う音

KI-SX70とKI-RX70の違いを比較 シャープ加湿空気清浄機 まとめ

今回は、シャープの加湿空気清浄機、KI-SX70KI-RX70の違いを比較し、特長や機能もご紹介しました。

KI-SX70KI-RX70は機能やスペックは同じで、違いは価格のみでした。

ですので、

  • 新しいモデルを購入したい方は、KI-SX70
  • 価格重視の方は、KI-RX70

こちらをオススメします。

購入するにあたり、2023年モデルのKI-SX70の発売によって、KI-RX70の生産は終了します。

KI-RX70は、在庫限りの販売になり、安い販売元から無くなっていきます。

ほしいと思ったときには値上がりが在庫切れ!なんてことがないように、早めに購入すると良いお買い物ができますよ。

今回の記事が、あなたの加湿空気清浄機選びの参考になれば幸いです(^^♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

KI-SX70 (2023年モデル)◆

最高レベルのプラズマクラスターNEXT搭載!KI-SX70はこちら▼

KI-RX70 (2023年モデル)◆

KI-SX70と機能やスペックは同じで、お値段オトクなKI-SX70はこちら▼

【知らないと損】KI-SX70とKI-RX70をオトクに購入する方法

より安く、シャープの加湿空気清浄機のKI-SX70KI-RX70を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※シャープのプラズマクラスター加湿器の人気モデル、HV-R55とHV-P55の違いを比較しました。

プラズマクラスターで清潔にしっかり加湿、お手入れもカンタンです!

こちらもあわせてご参照くださいね★

HV-R55とHV-P55の違いは1つ!シャープ プラズマクラスター加湿器比較

HV-R55とHV-P55の違いは1つ!シャープ プラズマクラスター加湿器比較
シャープのプラズマクラスター加湿器のHV-R55とHV-P55の違いを比較しました。機能やスペックは同じで、違いは価格帯のみです。2021年モデルのHV-P55の方が、値段はオトクです。機能や特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました