SB-1D251とSB-1D151の違いは4つ!シロカおうちベーカリー比較

キッチン家電

シロカで人気のホームベーカリーの、SB-1D251とSB-1D151の違いを比較しました。

どちらも1斤用で、同じモデルの発売年違いです。

発売時期は、SB-1D251が2022年9月、SB-1D151は2020年9月です。

というわけで、SB-1D151SB-1D251の型落ちになります。

比較した結果、SB-2D151SB-1D151の違いは4点でした。

①価格帯:SB-1D151の方が安い

②SB-1D251は「超早焼きパン」「焼きいもメニューが新搭載

SB-1D251はフタを取り外して洗える

④デザインカラーバリエーション

このことから考えると、SB-2D151 (2022年モデル) がオススメな方は、

  • より新しいモデルが欲しい
  • ホームベーカリーで焼き芋を手軽に作りたい
  • 1時間以内でパンを焼きたい
  • ホワイトのモデルが良い

47分でパンが焼ける!21種類のオートメニューで多機能に使えるSB-2D151はコチラ

カラーはホワイト1色です。

これに対して、SB-1D151 (2020年モデル) がオススメな方は、

  • 高機能なホームベーカリーが欲しいけど、予算はなるべく抑えたい。
  • SB-1D151の焼き時間で十分満足
  • カラーはブラウンが良い

SB-2D151と基本の機能は同じで、お値段オトクなSB-1D151はコチラ▼

こちらはブラウンの1色です。

SB-1D251SB-1D151は、どちらも自宅で手軽に出来立てパンを楽しめる、ホームベーカリーです。

3つの違いの中でも、2022年モデルのSB-2D151は、なんと47分でパンが焼ける「超早焼きパン」メニューを新搭載

2020年モデルSB-1D151の「早焼きパン」メニューでは、2時間38分かかるのに対して、圧倒的に短時間でパンが焼けます!

あまり時間がないけど、手作りパンを食べたい時に重宝する機能ですね♪

また、SB-2D151は「焼きいも」メニューも新しく搭載、ホームベーカリーで手軽に美味しい焼きいもが作れます

その他、本文ではSB-1D251SB-1D151の違いを比較し、機能や特長も詳しく解説しています。

ホームベーカリーの購入を検討している、あなたの参考になれば幸いです(^_^)

SB-1D251とSB-1D151の違いを比較 シロカおうちベーカリー

それでは早速、SB-1D251SB-1D151の違いをご紹介します。

違いとしては、以下の4点が挙げられます。

①価格帯:SB-1D151の方が安い

②SB-1D251は「超早焼きパン」「焼きいもメニューが新搭載

③SB-1D251はフタを取り外して洗える

④デザインカラーバリエーション

1つずつ解説しますね。

①価格帯:SB-1D151の方が安い

まず、一番気になるのが価格の違いですよね。

2つのモデルでの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べ、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
SB-2D151
(2022年)
17,820円17,820円17,820円
SB-1D151
(2020年)
10,700円 11,880円10,692円

ただ、こちらの表の価格は2022年7月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

SB-2D151 (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

SB-1D151 (2020年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2022年モデルのSB-2D151の方が、価格は7千円ほどアップしますね。

SB-2D151は、47分という短時間でパンが焼けたり、焼きいもをスイッチ1つで美味しく焼きあげる機能を搭載しています。

2020年モデルのSB-1D151よりも、より使い方の幅が広がっていますね^^

とは言え、SB-2D151はこの価格差に見合った機能やスペックなのか?

そのあたりの違いや、これらのホームベーカリーの機能や特長を、これから詳しく解説していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね(^_^)

②SB-1D251は「超早焼きパン」「焼きいも」メニューが新搭載

2022年モデルのSB-1D251には、新しく「超早焼きパン」と「焼きいも」のメニュー搭載されています。

「超早焼きパン」は、わずか47分でパンを焼き上げるという、画期的な機能です!

2020年モデルのSB-1D151にも「早焼きパン」メニューがありますが、こちらは2時間38分かかります。

SB-1D251の「超早焼きパン」は、それより2時間近く短い時間でパンが焼けるなんて便利ですね!

時間がないけど手作りパンを食べたいときや、忙しい毎日だけど手作りパンに挑戦したい方に重宝しますよ^^

そして、「焼いも」メニューでは、ホームベーカリーに入れるだけで標準サイズのさつまいもを2本焼くことができます。

ホームベーカリーで焼きいもまで作れちゃうなんて、手軽で良いですね♪

③SB-1D251はフタを取り外して洗える

2022年モデルのSB-1D251は、フタを取り外して洗えるようになりました!

使用後はフタを取り外して丸洗いすることができるので、いつも清潔が保てますよ。

ニオイのケアもできて良いですね^^

④デザインとカラーバリエーション

最後に、デザインとカラーと言った見た目の違いをご紹介します。

SB-1D251 (2022年モデル)

  • カラー:ホワイト1色
  • サイズ:23.3×29.7×29.4 (cm)

SB-1D151 (2020年モデル)

カラー:ホワイト、ブラウン
サイズ:23.2×29.5×25.3 (cm)

カラーバリエーションは、SB-1D251はホワイト、SB-1D151はブラウンになっています。

デザインはホワイトの方のSB-1D251は、少し縦長になりシュッとした感じですね。

キッチンの雰囲気に合った家電を揃えると気分も上がるので、お好みのデザインを選択するのもいいと思いますよ (^_^)

SB-1D251とSB-1D151はどっちがオススメ?

SB-1D251とSB-1D151の違いは分かったけど、オススメはどっち?

SB-1D251 (2022年モデル) がオススメな方

  • より新しいモデルが欲しい
  • ホームベーカリーで焼き芋を手軽に作りたい
  • 1時間以内でパンを焼きたい
  • ホワイトのモデルが良い

47分でパンが焼ける!21種類のオートメニューで多機能に使えるSB-2D151はコチラ

カラーはホワイト1色です。

SB-1D151 (2020年モデル)がオススメな方

  • 高機能なホームベーカリーが欲しいけど、予算はなるべく抑えたい。
  • SB-1D151の焼き時間で十分満足
  • カラーはブラウンが良い

SB-2D151と基本の機能は同じで、お値段オトクなSB-1D151はコチラ▼

こちらはブラウンの1色です。

SB-1D251とSB-1D151の機能や特長

ここからは、SB-1D251SB-1D151共通の機能や特長をご紹介していきますね。

オートメニューで簡単

SB-1D251・SB-1D151共に、材料を入れるだけで後はオートメニューで作ってくれる便利なホームベーカリーです。

基本の食パンから、糖質オフパンや米粉パンなど、さまざまなパンを焼くことが出来ます。

パンだけでなく、ピザ生地やケーキ、おもちも作れますよ。

他にもヨーグルトや甘酒など、多くのオートメニューがあるので、色々な料理にチャレンジできますよ。

材料を準備するだけなので、ぜひいろいろなメニューに挑戦してくださいね!

パンは焼き色もお好みで

パンの焼き色も、自分好みに焼くことができます。

お好みで淡・標準・濃の3種類から選べます。

表面がかりっと香ばしいのも美味しいですし、中と同様ふわっとしているのも美味しいですよね。

自分好みのパンが焼けるのは嬉しいですね!

中の様子がわかる窓付き

SB-2D151SB-1D151は、上部のパネル部分に窓がついています。

ここから、中の様子を確認することができますよ。

オートで調理してくれますが、最初は出来具合などが気になりますよね。

途中で開けて確認ができないので、この窓から見られるのは便利です!

コンパクトサイズ

SB-1D251・SB-1D151どちらも、コンパクトサイズのホームベーカリーです。

場所をとらないので、キッチンの置き場所にも困らないのが嬉しいですね。

見た目も可愛らしいので、毎回しまわずに出したままにして、インテリアの1つとして楽しむ方も多いですよ!


最後に、SB-1D251SB-1D151の機能やスペックをまとめたので、参考にしてくださいね。

違いがあるところは、分かりやすく赤色にしてあります。

SB-1D251
(2022年)
SB-1D151
(2020年)
容量1斤1斤
サイズ
(cm)
23.3×29.7×29.4 23.2×29.5×25.3
メニュー数2119
焼き色調節3段階3段階
消費電力550W450W
重量3.6kg3.6kg
コード長さ1.4m1.4m
カラーホワイトブラウン

SB-1D251とSB-1D151の違いを比較 シロカおうちベーカリー まとめ

今回は、シロカのおうちベーカリーのSB-1D251SB-1D151の違いを比較するとともに、機能や特長をご紹介しました。

SB-1D251SB-1D151の4つの違いをおさらいすると、

  1. 価格帯:SB-1D151の方が安い
  2. SB-1D251は「超早焼きパン」「焼きいもメニューが新搭載
  3. SB-1D251はフタを取り外して洗える
  4. デザインカラーバリエーション

2022年モデルのSB-2D151は、47分という短時間でパンが焼ける「超早焼きパン」メニューを新搭載。

2020年モデルSB-1D151の「早焼きパン」メニューの、2時間38分に比べ、超時短でパンを焼くことができるようになっています!

とは言え、SB-1D151も人気のモデルですので、この記事の情報を参照の上、納得の行くお買い物をしてくださいね(^_^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SB-2D151 (2022年モデル)◆

47分でパンが焼ける!21種類のオートメニューで多機能に使えるSB-2D151はコチラ

カラーはホワイト1色です。

SB-1D151 (2020年モデル)◆

SB-2D151と基本の機能は同じで、お値段オトクなSB-1D151はコチラ▼

こちらはブラウンの1色です。

【知らないと損】SB-1D251とSB-1D151をオトクに購入する方法

より安く、シロカのホームベーカリーのSB-1D251SB-1D151を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※パナソニックで人気のホームベーカリーの、SD-MDX4と旧モデルのSD-MDX102を比較しました。

2021年モデルのSD-MDX4は、パンがますます美味しく焼ける新機能を搭載!

おうちでプロ仕様のパンが楽しみめます♪

こちらもあわせてご参照くださいね!

SD-MDX4とSD-MDX102の違いは6つ!パナソニックホームベーカリー比較

SD-MDX4とSD-MDX102の違いは6つ!パナソニックホームベーカリー比較
パナソニックのホームベーカリーの、SD-MDX4とSD-MDX102の違いを比較しました。違いは6点、2021年モデルのSD-MDX4は新搭載のメニューで、よりおいしい生食パンやヘルシーなパンを焼くことができます。機能や特長も解説しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました