HD-LX1222の口コミ評判をレビュー!電気代も!ダイニチハイブリッド式加湿器

生活家電

ダイニチで人気のハイブリッド式加湿器の、HD-LX1222の口コミ評判をレビューしました。

悪い口コミとしては、「電気代が高くつく」「毎シーズンフィルターの交換が必要」という声がありました。

しかしながら、製品への満足度は高く、

  • しっかり加湿する
  • タンクの容量が大きくて便利
  • 音が静か
  • シンプルで使いやすい
  • デザインがオシャレ

と、高い評価が寄せられています!

総合して、

  • 加湿能力が高い
  • 音が静か
  • 給水を頻繁にしなくて良い
  • 簡単に使える
  • オシャレなデザインで置きっぱなしでも違和感がない

こんな加湿器を求めている方に、オススメできます!

そんな、ダイニチのハイブリッド式加湿器のHD-LX1222を実際に使った方の口コミ評判や、機能と特長は本文をご覧くださいね。

また、気になる電気代がいくらくらいかも、ご紹介します。

加湿器の購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです (^_^)

HD-LX1222

操作プレートが抗菌仕様で清潔安心!加湿能力も高いHD-LX1222はコチラ▼

カラーはサンドホワイトとモスグレーの2色です。

加湿器の人気ランキング (楽天市場)はコチラ

HD-LX1222の口コミ評判をレビュー ダイニチ ハイブリッド式加湿器

それでは早速、HD-LX1222の口コミ評判を見ていきましょう。

より口コミの多い、2021年モデルのHD-LX1221の口コミも交えてご紹介しますね。

HD-LX1222とHD-LX1221は、機能面はほぼ同じです。

違いとしては、HD-LX1222は操作パネルに抗菌加工がついたことです。

その他の機能は同じなので、HD-LX1221の口コミも十分参考にしていただけますよ^^

HD-LX1222とHD-LX1221の違いを詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照くださいね。

HD-LX1222とHD-LX1221の違いは2つ!ダイニチ ハイブリッド式加湿器比較
ダイニチの加湿器のHD-LX1222とHD-LX1221の違いを比較しました。違いは2点、2022年モデルのHD-LX1222は操作プレートが抗菌加工で、清潔に使えて安心です。価格もHD-LX1222の方がオトク。機能や特長も詳しく解説。

ここでは、良い口コミだけでなく、悪い口コミもまとめているのでじっくりご覧になって参考にしてくださいね (^_^)

HD-LX1222の悪い口コミ評判

最初は、悪い口コミやデメリットに感じた点を、先にご紹介します。

まず、「電気代が高くついた」という声がありました。

●標準で一日約16時間使ったら、1ヶ月の電気代が約8000円でビックリ。

標準運転の消費電力は665~675(W)で、1時間の電気代は約17.36円になります。

この電気代だと、毎日長時間運転させると電気代が高く付いちゃいますね。

ただ、HD-LX1222eco運転モードを搭載。

ecoモードなら、消費電力は23/28(W)にぐっと下がり、1時間の電気代は約0.6円とオトクになります!

特に乾燥が気になる時だけ標準モード、それ以外の時はecoモードと使い分けると良いですね。

他の悪い口コミとしては、「毎シーズンフィルターの交換が必要」という声がありました。

●フィルターは洗っても完璧にきれいにはならないので、毎シーズン買い替えた方が良いです。

フィルターのお手入れはクエン酸を使うと良いですが、完全に汚れを落とせるかは正直微妙です。

洗う手間や、汚れが落ちきれないことを考えると、1シーズンお手入れなしで使い倒して、シーズンごとにフィルターを交換するのが良いですね。

フィルターは、安く買い替えできて良心的です▼

フィルターが古いと、蒸気がカビ臭くなったりします。

新しいフィルターで、気持ちよくシーズンを迎えたいですね^^

HD-LX1222の良い口コミ評判

HD-LX1222の良い口コミはたくさんあるので、項目ごとに厳選してご紹介していきますね。

しっかり加湿する

一番多かったのは、加湿能力が高い!という口コミです。

Good!

目指す湿度にすぐに達するので助かります。

●加湿能力が抜群で、喉が痛くならなくなりました

●大容量タイプにしてはコンパクトで、14畳の部屋でもしっかり加湿してくれます。

タンクの容量が大きくて便利

タンクが大容量で、給水を頻繁にしなくて良いのが便利、と言う声も多く上がっていました。

Good!

●タンクが大きいので、こまめに給水しなくても良いという点も気に入っています。

●タンクに大量の水が入るため、1日以上放置してても大丈夫

音が静か

音が静かな点も、高評価です。

Good!

●静音性が高く、設定湿度に到達すると運転してるのが分からないほどです。

●音も静かで、使い心地は良いです。

●今まで使っていた他社製品よりも音が静かで助かります。

シンプルで使いやすい

シンプルで使いやすい、という声も多く寄せられています。

Good!

●構造がシンプルで使いやすい

手入れしやすく、操作も簡単で使いやすい。

 デザインがオシャレ

オシャレなデザインも、人気のヒミツです♪

Good!

部屋においても違和感がないデザインで、一日付けっぱなしにする方には特におすすめです。

●大きさも存在感がありすぎることなく、さりげなくすっきりとおしゃれです。


これまでの口コミをまとめると、「電気代が高くつく」「毎シーズンフィルターの交換が必要」といった口コミが見られましたが、

  • しっかり加湿する
  • タンクの容量が大きくて便利
  • 音が静か
  • シンプルで使いやすい

と、好評です★

ECサイトで実際に上がっている口コミを見たい方は、下記リンクからご確認くださいね。

楽天市場で口コミを見てみる

Amazonで口コミを見てみる

HD-LX1222

操作プレートが抗菌仕様で清潔安心!加湿能力も高いHD-LX1222はコチラ▼

カラーはサンドホワイトとモスグレーの2色です。

HD-LX1222の電気代は?

加湿器は長時間使うことが多いので、電気代も気になりますよね。

HD-LX1222の加湿方式は、「気化式」と「温風気化式」のハイブリッドです。

ハイブリッド式のメリットは、しっかり加湿ができるのに電気代がオトクなこと!

蒸気も低い温度なので、小さなお子さまやペットが触ってもヤケドの心配はありません♪

気化された水の蒸気で加湿するので、モクモクと目に見える蒸気は上がりませんが、しっかり加湿しますよ^^

各モードの消費電力は、こちらです。

運転モード消費電力(50/60Hz)
標準665/675 (W)
静音415/425
おやすみ加湿415/425
eco23/28
のど・肌665/675
ターボ670/680

標準モードで使った場合、1時間あたりの電気代の目安は約17.36円です。

1日8時間使う場合、1ヶ月の電気代は約4166.4円ですね。

広い面積の加湿に対応しているパワフルタイプなので、電気代はちょとお高めではあります。

ただ、HD-LX1222は、湿度に応じて運転方式を切り替えて、加湿量を保ちつつ電気代をおさえた運転をしてくれます。

そして、さらに電気代を節約したい方には、ecoモードがオススメ!

ecoモードの場合、1時間あたりの電気代の目安は約0.6円

1日8時間使っても、1ヶ月の電気代は約144円とオトクです。

ecoモードは常時気化式で運転するので、加湿能力は少し低くなりますが、ecoモードでも十分加湿するという声も多く上がっていましたよ^^

HD-LX1222の機能や特長 ダイニチ ハイブリッド式加湿器

ここからは、HD-LX1222の機能や特長をご紹介しますね。

こんな悩みのある方にオススメです。

  • しっかり加湿する加湿器が欲しい
  • 子供やペットがいても安全に加湿したい
  • タンクに頻繁に給水するのは面倒
  • お手入れが簡単なモデルが良い
  • 寝ているときでも使えるくらい静かな加湿器が欲しい
  • いかにも加湿器っぽくないオシャレなデザインが良い

適している部屋の広さは、

部屋タイプ適用面積
プレハブ洋室~約33畳(約60m²)
木造和室~約20畳 (37m²)
加湿量1,200mL/h

※木が湿気を吸う分、木造の方が加湿適用面積が狭くなります。

かなり広いリビングでも、しっかり加湿でうるおせますね!

キッチン・ダイニング・リビングが仕切りなしでつながっているおうちでも、これ1台でしっかり潤せますよ^^

スピード加湿で素早くうるおす

HD-LX1222は、従来機種に比べて加湿スピードが大幅アップ

スピード加湿
引用:ダイニチ公式

約20~39分で、適湿と言われる50-60%にうるおします。

乾燥で喉の痛みや手がカサカサする時でも、素早く加湿できるのが嬉しいですね。

また、さらに素早く加湿したい時に便利なのが、「ターボ運転」。

設定湿度に達するまで、加湿量を約15%アップ、より素早くパワフルに加湿できますよ (^_^)

4つの抗菌加工で清潔に加湿

加湿器というと、水の清潔度が気になりますよね。

HD-LX1222は、水と風の通り道に4つの抗菌加工が施されています。

抗菌加工で清潔に加湿
引用:ダイニチ公式

Ag+抗菌アタッチメントEX

タンクのキャップに装着しているアタッチメントには、水中に抗菌成分が溶け出すような仕掛けがあります。

溶け出した抗菌成分によりタンク内の雑菌の繁殖がおさえられ、水がヌメヌメになるのを防ぎます。

抗菌フラットトレイ

水トレイは抗菌加工で、雑菌の繁殖をおさえます。

また、凹凸のないフラットな作りでお手入れもラクラクです!

抗菌気化フィルター

抗菌・防カビ加工で、トレイ内の雑菌・カビの繁殖を抑えます。

交換の目安は5シーズン。

いつでも取り寄せて買い替えができるので、便利ですよ▼

抗菌エアフィルター

蒸気の出る部分も、しっかり抗菌加工で清潔。

抗菌・防カビ・抗アレル物質(スギ花粉・ダニの死骸)で、空気中の雑菌やカビ、アレル物質の繁殖をおさえます。

いつでも清潔な蒸気で加湿できるので、安心ですね!

おやすみ時も快適加湿

おやすみ時に便利な運転モードが、「おやすみ快適運転」。

眠りにつくまでの間は、静かさ優先で、13dBというほとんど聴こえない程度の静音で運転。

その後も静かさを保ちつつ、50~70%の間でお好みの湿度にうるおし続けます。

乾燥で、朝起きたら喉が痛いという悩みのある方は、寝ている間も加湿すると改善しますよ♪

4つの運転モードと選べる湿度設定

運転モードは、充実の4種類。

  • 標準:お好みの湿度設定に合わせておまかせで加湿量を調節。
  • 静音:風量ひかえめで静かに運転。湿度が下がると一時的に素早く加湿するので、加湿機能もしっかり保たれます。
  • eco:気化式加湿のみで運転し、消費電力をおさえます。
  • のど・肌:のどやお肌をしっかりうるおしたい時に。室温に応じてできるだけ高い湿度を自動で保ちながら運転します。

日中の乾燥がひどくない時は、標準運転でおまかせしておけば快適な湿度を保ってくれますよ。

また、湿度の設定は50%、60%、70%からお好みで選べます。

乾燥のひどい環境でなければ、60%が健康維持にも花粉やホコリ対策にも最適です (^_^)

HD-LX1222

操作プレートが抗菌仕様で清潔安心!加湿能力も高いHD-LX1222はコチラ▼

カラーはサンドホワイトとモスグレーの2色です。

スマートリモコン対応

HD-LX1222の便利な点は、スマートリモコンでの操作に対応していることです。

お部屋の湿度は、50%程度に保つのが健康維持に効果的と言われています。

また、加湿することで花粉が水分を含んで重くなるので、室内に舞い散るのを防いで花粉対策にもなります。

お部屋を適度に加湿するのはとても良い効果があるんですが、スイッチを押してからお部屋が十分に加湿されるまでには時間がかかりますね。

でも、HD-LX1222なら離れた場所からも遠隔操作ができるので、お家に着く前に加湿をスタートさせて、潤しておくなんてこともできますよ (^_^)

また、お家の中でも、わざわざ機械のある場所まで行かずにリモコンで操作できるのが、便利ですよね♪

スマートリモコンの注意点ですが、専用のスマートリモコンが付属しているわけではありません。

スマートリモコン自体は、自分で市販のものをご用意くださいね。

スマートリモコンなら、コチラが人気です▼

【+Style ORIGINAL】 スマートマルチリモコン 家電コントロール 遠隔操作 Amazon Alexa Google Home 対応 赤外線 位置情報 温度 湿度
  • スマートリモコンを用意したら、スマホにスマートリモコンのアプリをダウンロード。
  • 加湿器の運転モードをスマートリモコンに登録。
  • ネット通信・赤外線で加湿器を遠隔操作。

このようにして、本体から離れた場所からもいつでも操作ができます♪

スマートリモコン
引用:ダイニチ公式

必要なものは、

  • ネット環境
  • アクセスポイント(無線LANかルーター)
  • スマートリモコン(登録機能付きのもの)
  • スマホやタブレットの端末

スマートリモコンを設置して、スマホやタブレットで確認・操作できる機能は、

  • 運転モード
  • 湿度設定
  • 運転入/切

です。

遠隔操作をうまく活用して、適度で快適な湿度を保ってくださいね♪

操作プレートは抗菌仕様

操作プレートには抗菌加工がほどこされていて、清潔に使えます。

事前の実験では、表面につく菌を99%以上の抑制したとの報告があげられています。

プレートは手でよく触る部分なので、抗菌で清潔に使えるのは安心感がありますよね^^

お手入れカンタン

加湿トレイには、業界初の取り替えカバーを設置!

このカバーのおかげで、面倒なトレイのお手入れがぐんとラクになっています♪

カバーは繰り返し使えますが、1枚500円程度なので、汚れが気になったら気軽に買い替えられるのが便利ですね▼

タンクの給水口も広々としているので、すみずみまで洗いやすくなっています。

また、コンパクトで持ち運びもカンタン!

サイズは、幅390×奥行き245×高さ405mm

A3の紙程度のスペースがあれば設置できるので、置き場所を取らずに家中どこでも使えるのが嬉しいですね。

上部にはしっかりした持ち手がついているので、持ち運びもカンタンです♪


最後に、HD-LX1222HD-LX1221のスペックをまとめたので、参考にしてくださいね。

HD-LX1222
加湿方式ハイブリッド式
加湿量最大1,200mL/h
給水トレー容量約7.0L
最大消費電力(W)680W (ターボ時)
運転音(dB)・標準:34~13
・静音:27~13
・おやすみ快適:27~13
・eco:34~13
・のど・肌:34~25
・ターボ:40
スマートリモコン対応
プレート抗菌加工
外形寸法 (mm)幅390×奥行245×高さ405
質量 (kg)約6.4
電源コード長さ(m)約2.0
カラー・サンドホワイト
・モスグレー

運転音を他の音に例えると、こんな感じです。

  • 50dB:書店の店内、間近で聞くエアコンの室外機の音
  • 40dB:図書館、ささやき声、鼻息、小雨の音 
  • 30dB:かすかな声、洋服を着る音、夜の住宅
  • 20dB:寝息、やっと音として聴こえる程度、雪の降る音 

HD-LX1222の口コミ評判をレビュー ダイニチ ハイブリッド式加湿器 まとめ

今回は、ダイニチのハイブリッド式加湿器のHD-LX1222の口コミ評判し、機能や特長もご紹介しました。

「電気代が高くつく」「毎シーズンフィルターの交換が必要」といった口コミが一部見られました。

しかしながら、全体的に口コミなどでも満足度は高く、

  • しっかり加湿する
  • タンクの容量が大きくて便利
  • 音が静か
  • シンプルで使いやすい
  • デザインがオシャレ

など、高評価が寄せられていました。

温風気化式と気化式の良さを取り入れつつ、電気代をおさえながらしっかり加湿するHD-LX1222

熱い蒸気が出ないので、お子さんやペットのいるご家庭でも安心して使えますよ。

デザインがオシャレで、置きっぱなしでも違和感がないのが良いですね!

ぜひHD-LX1222を取り入れて、毎日の生活を快適にして下さいね♪

今回の記事が、あなたの加湿器選びの参考になれば幸いです(^_^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

HD-LX1222

操作プレートが抗菌仕様で清潔安心!加湿能力も高いHD-LX1222はコチラ▼

カラーはサンドホワイトとモスグレーの2色です。

【知らないと損】HD-LX1222をオトクに購入する方法

より安く、ダイニチの加湿器のHD-LX1222を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※シャープのプラズマクラスター加湿器の人気モデル、HV-R55とHV-P55の違いを比較しました。

プラズマクラスターで清潔にしっかり加湿、お手入れもカンタンです!

こちらもあわせてご参照くださいね★

HV-R55とHV-P55の違いは1つ!シャープ プラズマクラスター加湿器比較

HV-R55とHV-P55の違いは1つ!シャープ プラズマクラスター加湿器比較
シャープのプラズマクラスター加湿器のHV-R55とHV-P55の違いを比較しました。機能やスペックは同じで、違いは価格帯のみです。2021年モデルのHV-P55の方が、値段はオトクです。機能や特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました