HV-R55とHV-P55の違いは1つ!シャープ プラズマクラスター加湿器比較

生活家電

シャープで人気のプラズマクラスター加湿器の、HV-R55HV-P55の違いを比較しました。

どちらも同じ機種で、発売時期の異なるモデルです。

それぞれの発売時期は、HV-R55が2022年9月、 HV-P55が2021年9月です。

ということで、HV-P55HV-R55の型落ちになります。

比較した結果、HV-R55HV-P55の機能やスペックに差はなく、全く同じ内容です。

違いは1点、価格帯のみになります。

2021年モデルのHV-P55の方が価格は安いので、

  • 新しいモデルが欲しい方は、HV-R55
  • 価格重視で選びたい方は、在庫がある内にHV-P55

こちらをオススメします。

こちらのモデルは、毎年9月に新モデルが発売されています。

なので、2021年モデルのHV-P55が生産を終了する日も近いでしょう。

そして、HV-P55のの在庫がなくなるにつれ、徐々に2022年モデルのHV-R55に移行して行くと思われます。

そういうわけで、HV-P55の在庫がある内にゲットしておくと、オトクなお買い物ができますよ!

本文では、 シャープの加湿器のHV-R55HV-P55の違いを比較し、機能や特長も詳しく解説しています。

加湿器の購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです (^_^)

HV-R55 (2022年モデル)◆

プラズマクラスター7000で清潔に加湿ができるHV-R55はコチラ▼

カラーはホワイトとモイストブルーの2色です。

HV-P55 (2021年モデル)◆

HV-R55と機能やスペックは同じで、お値段オトクなHV-P55はコチラ▼

こちらもホワイトとモイストブルーの2色です。

HV-R55とHV-P55の違いを比較 シャープ加湿空気清浄機

それでは早速、HV-R55HV-P55の違いをご紹介します。

機能やスペックに差はなく、違いは1点のみです。

価格帯の違い:HV-P55の方が安い

価格帯の違いについて、事項で詳しく解説しますね。

価格帯の違い:HV-P55の方が安い

HV-R55HV-P55の価格の違いについてご紹介します。

2つのモデルの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べて、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!ショッピング
HV-R55
(2022年)
26,367円25,450円
HV-P55
(2021年)
12,980円10,344円11,477円

ただ、こちらの価格は2022年9月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

HV-R55 (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

HV-P55 (2021年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2021年モデルのHV-P55の方が、1万3千~1万6千円ほどお安いですね。

ただ、このシリーズは毎年9月に新しいモデルが出ているので、2021年モデルのHV-P55が生産を終了する日も遠くないでしょう。

そのうち2022年モデルのHV-R55に移行し、HV-R55の価格も下がっていくと思われます。

機能やスペックが同じなので、お得にお買い物したい方は、HV-P55の在庫がある内に早めに購入することをオススメします!

のリンクボタンで、それぞれの最新価格がチェックできます。

いつもより安くなっている!と思うタイミングで迷わずゲットすると、お得にお買い物できますよ(^_^)

HV-R55 (2022年モデル)◆

プラズマクラスター7000で清潔に加湿ができるHV-R55はコチラ▼

カラーはホワイトとモイストブルーの2色です。

HV-P55 (2021年モデル)◆

HV-R55と機能やスペックは同じで、お値段オトクなHV-P55はコチラ▼

こちらもホワイトとモイストブルーの2色です。

HV-R55とHV-P55の機能や特長 シャープ加湿空気清浄機

ここからは、HV-R55HV-P55の機能や特長をご紹介しますね。

HV-P55HV-R55は、プラズマクラスターのチカラで清潔にお部屋の空気をうるおす加湿器です。

加湿・プラズマクラスターの適用床面積の目安は、

  • プレハブ洋室15畳 (25m²)
  • 木造和室9畳 (15m²)
  • プラズマクラスター:約9畳 (約15m²)

9畳~15畳の範囲で考えると、ワンルームや寝室、子供部屋にぴったりですね。

また、サイズは272×220×455 (mm)とコンパクト。

床の接地面の面積は、A4の紙程度です。

どこにでも置きやすいサイズ感で、家中どこでも活躍してくれますよ!

プラズマクラスターで清潔に加湿

HV-R55HV-P55、プラズマクラスター7000を搭載。

1c㎥あたり、7千個以上のイオンを空間に放出します。

加湿器で期待できるプラズマクラスターの効果は、

  • 浮遊カビ菌を除菌
  • 浮遊ウィルスの作用を抑える
  • ニオイを消臭分解
  • 除電で静電気を抑える

ということで、除菌やニオイを消臭分解したキレイな風で加湿するので、清潔で安心です!

プラズマクラスターには除電効果もありますので、バチっとくるあのイヤ~な静電気も抑えられますね^^

どっちも給水でラクラク

持ち運びが面倒だったタンクの給水も「どっちも給水」でラクに水を入れる事ができます!

本体上部から給水する場合は、バケツやペットボトルなどからザザーっと水を入れられます。

途中の継ぎ足しに便利ですね。

また、水位は操作パネルで確認できる、どのくらい水が入っているか一目瞭然ですよ。

また、満水になると音で教えてくれるのも安心ですね。

本体下部のトレーを外せば、一気にたっぷり給水ができます。

トレーの容量は、4.0L

空気の乾燥の度合いにもよりますが、1日1回給水すれば十分ですよ。

簡単お手入れで清潔

中のパーツの取り外しが簡単にでき、内部のお掃除もラクラクです!

本体のそれぞれのパーツは、取り外しが簡単で丸洗いができます。

また、よく手が触れる操作部は、抗菌加工がされています。

パーツが簡単に外れるので、お手入れが難しい内部もタオルを通してしっかり拭いて清潔が保てますよ^^

また、Ag+イオンカートリッジを取り入れると、水中の菌の増殖を抑え、ヌメリや臭いを防いでくれます。

1年に1回の交換でOKなので、ぜひ取り入れてみてくださいね▼

エコモードで電気代節約

加湿時は水がどんどん減って行くと感じた事はありませんか?

エコモードでは自動で加湿量を抑制し、電気代もおさえてくれます。

加湿「強」の運転モードには、ヒーターレスで加湿できるエコモードを搭載しています。

これにより

  • 加湿量は約36%減少
  • 電気代は約90%削減

また、室温に合わせて55~66%の湿度が保たれるように、自動でコントロール。

電気代を気にせず、たっぷり加湿ができるのは嬉しいですね♪

フィルター乾燥機能で1年中清潔に

加湿を使わない季節は、フィルターにカビが生えないか心配ですよね。

HV-P55HV-R55も、「フィルター乾燥」機能を搭載。

このボタンを推すだけで、自動で60分温風でフィルターをカラっと乾燥させます。

使わない季節も清潔が保てて、安心ですね♪


最後に、HV-R55HV-P55のスペックを1つにまとめたので、参考にしてくださいね。

HV-R55HV-P55
カラープレミアムホワイト
モイストブルー
浄化方式プラズマクラスター7000
加湿方式ハイブリッド式
プラズマクラスター
適用床面積
約9畳(約15m²)
加湿の適用床面積・プレハブ洋室15畳(25m²)
・木造和室9畳(15m²)
タンク容量約4.0L
外寸 (mm)272×220×455
質量約5.2kg
電源コード長さ約1.8m
消費電力・強:109W
・静音:12W
・エコ(強):24W
1時間あたりの電気代・強:約5.1円
・静音:約0.32円
・エコ(強):約0,65円
運転音・強:37dB
・静音:23dB
加湿量・強:550mL/h
・静音:200mL/h
連続加湿時間・強:約7.2h
・静音:約19h

運転音を他の音に例えると、こんな感じです。

  • 50dB:書店の店内、間近で聞くエアコンの室外機の音
  • 40dB:図書館、ささやき声、鼻息、小雨の音 
  • 30dB:かすかな声、洋服を着る音、夜の住宅
  • 20dB:寝息、やっと音として聴こえる程度、雪の降る音 

HV-R55とHV-P55の違いを比較 シャープ加湿空気清浄機 まとめ

今回は、シャープのプラズマクラスター加湿器のHV-R55HV-P55の違いを比較すると共に、機能や特長もご紹介させていただきました。

HV-R55HV-P55は機能やスペックは同じで、価格の違いのみです。

なので、

  • 新しいモデルが欲しい方は、HV-R55
  • 価格重視で選びたい方は、在庫がある内にHV-P55

をオススメします。

こちらのモデルは、毎年9月に新モデルが発売されています。

なので、2021年モデルのHV-P55が生産を終了する日も近いでしょう。

そして、HV-P55のの在庫がなくなるにつれ、徐々に2022年モデルのHV-R55に移行して行くと思われます。

そういうわけで、HV-P55の在庫がある内にゲットしておくと、オトクなお買い物ができますよ!

今回の記事が、あなたの加湿器選びの参考になれば幸いです(^_^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

HV-R55 (2022年モデル)◆

プラズマクラスター7000で清潔に加湿ができるHV-R55はコチラ▼

カラーはホワイトとモイストブルーの2色です。

HV-P55 (2021年モデル)◆

HV-R55と機能やスペックは同じで、お値段オトクなHV-P55はコチラ▼

こちらもホワイトとモイストブルーの2色です。

【知らないと損】HV-R55とHV-P55をオトクに購入する方法

より安くシャープの加湿器のHV-R55HV-P55を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※シャープのプラズマクラスター加湿器の人気モデル、HV-P55とHV-L55の違いを比較しました。

プラズマクラスターで清潔にしっかり加湿、お手入れもカンタンです!

こちらもあわせてご参照くださいね★

HV-P55とHV-L55シャープ プラズマクラスター加湿器の違いを比較!機能も紹介

HV-P75の口コミ評判!お手入れ簡単&電気代安い!シャープ プラズマクラスター加湿器
シャープのプラズマクラスター加湿器HV-P75の口コミ評判をレビューしました。加湿能力高く、簡単に使えてお手入れもラク、音が静かで電気代も安いと好評です。こちらの加湿器の機能や特徴も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました