MK-K82とMK-K81の7つの違いを解説!パナソニックフードプロセッサー比較

キッチン家電

パナソニックで人気のフードプロセッサーの、MK-K82MK-K81の違いを比較しました。

どちらも、多機能に活躍するフードプロセッサーで、同じモデルの販売年違いです。

(MK-K82:2022年、MK-K81:2011年発売)

比較した結果、MK-K82MK-K81の違いは7点でした。

①価格帯:MK-K81の方が安い

②MK-K82は食洗器対応

③MK-K81は回転数の切り換えが可能

④MK-K81はあらびき運転が可能

⑤MK-K81はこねる機能搭載

消費電力:MK-K81の方が少ない

⑦デザインや大きさ・質量の違い

このことから考えると、MK-K82がオススメな方は、

  • 新しいモデルが欲しい
  • 食洗器対応でラクに洗いたい
  • こねたり低速回転などの機能には必要性は感じない

4種類の歯で便利に使える!食洗機対応のMK-K82はコチラ▼

これに対してMK-K81がオススメな方は、

  • 高機能なフードプロセッサーはほしいけれど、予算はできるだけおさえたい。
  • パンやうどんを作りたい
  • 食洗器対応でなくてもOK

こねる機能でパンやうどんもラクに作れる!お値段オトクなMK-K81はコチラ▼

パナソニック|Panasonic MK-K81-W フードプロセッサー ホワイト[MKK81]【2111_cpn】

MK-K82MK-K81は、どちらもスライスや千切り、おろしや刻みが可能なフードプロセッサーです。

ガラス容器を採用しており、ニオイや汚れにも強いです。

7つの違いの中でも、MK-K82は食洗器対応になっています。

忙しい家事を少しでも楽にするフードプロセッサーですが、手洗いが大変と感じる方には嬉しい進化ですね。

これに対し、MK-K81にはパンやうどんを作る際のこねる機能や回転数を調節する機能を備えています。

その他、本文ではMK-K82MK-K81の違いを比較し、機能や特長も詳しく解説しています。

フードプロセッサーの購入を検討している、あなたの参考になれば幸いです(^_^)

MK-K82とMK-K81の違いを比較 パナソニックフードプロセッサー

それでは早速、MK-K82MK-K81の違いをご紹介します。

違いとしては、以下の7点が挙げられます。

①価格帯:MK-K81の方が安い

②MK-K82は食洗器対応

③MK-K81は回転数の切り換えが可能

④MK-K81はあらびき運転が可能

⑤MK-K81はこねる機能搭載

消費電力:MK-K81の方が少ない

⑦デザインや大きさ・質量の違い

一つずつ解説しますね。

①価格帯:MK-K81の方が安い

まず、一番気になるのが価格の違いですよね。

2つのモデルでの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べ、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
MK-K82
(2022)
19,534円23,667円19,690円
MK-K81
(2011)
15,100円13,773円14,599円

ただ、こちらの表の価格は2022年4月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

MK-K82 (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

MK-K81 (2011年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2022年モデルのMK-K82の方が、価格は5千円ほどアップしますね。

MK-K82は食洗器対応のフードプロセッサーです。

お手入れが簡単な方が、毎日使うのに便利ですよね。

それぞれの機能や特長の違いなど、これから詳しく解説していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね(^_^)

②MK-K82は食洗器対応

2022年モデルのMK-K82の嬉しい進化は、容器やカッターなどを食洗器で丸洗いできることです!

包丁を使うよりも洗い物が増える分、食洗器を利用する方にはありがたいですね♪

パーツを手洗いすることを気にせず、ガンガンフードプロセッサーが使えます!

③MK-K81は回転数の切り換えが可能

MK-K82MK-K81は、回転数に違いがあります。

MK-K82:2,900回転のみ

MK-K81:2,900回転と2,200回転の切り換えが可能

MK-K82では、高速回転のみの仕様に変わっています。

回転数が切り替えできなくても、フードプロセッサーにかける時間を短くすることで、仕上がりの目の粗さ・細かさを調整できますよ。

④MK-K81はあらびき運転が可能

MK-K81にはあらびきを自動でおこなってくれる「あらびき」モードが搭載されています。

MK-K82にはその機能がありませんが、手動でスイッチの入り切りを行うことで「あらびき」調理が可能です。

⑤MK-K81はこねる機能搭載

MK-K81にはパンの羽根が付属されていて、パン生地やうどん生地をこねることが可能です。

MK-K82にはこの機能はないので、パンやうどん作りのためにフードプロセッサーを使いたい方にはMK-K81が重宝しますね。

⑥消費電力:MK-K81の方が少ない

MK-K82MK-K81は、消費電力に違いがあります。

MK-K82は170W、MK-K81は120Wです。

ただ、フードプロセッサーを使う時間は短時間なので、この違いで電気代に差が出るほどではないでしょう。

⑦デザインや大きさ・質量の違い

最後に、デザインや大きさ、重さと言った見た目の違いをご紹介しますね。

MK-K82 (2022年モデル)

本体サイズ:15.8×23.4×20.9 (cm)
●重さ:約2.7kg

MK-K81 (2011年モデル)

本体サイズ:15.4×22.5×21.2 (cm)
●重さ:約2.8kg

若干の違いはありますが、どちらもほぼ同じサイズ、重量になっています。

MK-K82はカップ部分に取っ手がついていて、持ちやすく使い勝手が向上していますね。

MK-K82とMK-K81はどっちがオススメ?

MK-K82MK-K81の違いは分かったけど、オススメはどっち?

MK-K82がオススメな方

  • 新しいモデルが欲しい
  • 食洗器対応でラクに洗いたい
  • こねたり低速回転などの機能には必要性は感じない

4種類の歯で便利に使える!食洗機対応のMK-K82はコチラ▼

MK-K81がオススメな方

  • 高機能なフードプロセッサーはほしいけれど、予算はできるだけおさえたい。
  • パンやうどんを作りたい
  • 食洗器対応でなくてもOK

こねる機能でパンやうどんもラクに作れる!お値段オトクなMK-K81はコチラ▼

パナソニック|Panasonic MK-K81-W フードプロセッサー ホワイト[MKK81]【2111_cpn】

MK-K82とMK-K81の機能や特長

ここからは、MK-K82MK-K81共通の機能や特長をご紹介していきますね。

4種のカッターで多機能に使える

MK-K82MK-K81には4種類のカッターが付属されています。

カッター

玉ねぎやニンニクなどを刻んだり、食パンを刻んでパン粉が作れます!

お肉をミンチにしたり、ゴマやピーナッツをペースト状にしてドレッシングを作ったりと幅広く活躍しますよ!

魚やイカやえびをすりつぶして、すり身にすれば、すり身揚げや伊達巻も簡単に作れます!

スライス・千切りカッター

包丁で細く切るのは案外難しいですし、経験が必要になりますね。

MK-K82MK-K81なら、お店で食べるようなフワフワのキャベツの千切りを楽しめますよ♪

玉ねぎやじゃがいもなど、包丁だと大変な野菜もスライスできるので、小さいお子さんにも食べやすく食材をカットできそうですね。

おろし・とろろカッター

大根おろしやもみじおろしは美味しいけれど、手でやると疲れますよね。

フードプロセッサーを使えば疲れることなく、美味しく食べられますよ。

長いものとろろは美味しいですが、すべりやすかったり手がかぶれたりするので、なかなか手が出せないという人もいるでしょう。

MK-K82MK-K81があれば、自宅で麦とろご飯も楽しめますね♪

鬼おろしカッター

大根を粗めにおろす鬼おろしは、食物繊維が損なわれにくく、より健康的と言われています。

また、ジャガイモを鬼おろしして小麦粉などとあえて、油であげればハッシュドポテトもできます。

お子さんにも喜ばれるメニューですね!

お手入れしやすいガラス容器

MK-K82MK-K81の容器はガラス仕様になっています。

フードプロセッサーの容器はプラスチックの物が多いので、ガラスなのは嬉しいポイントです。

ニオイや汚れがつきにくく、手入れも楽ですよ♪


最後に、MK-K82MK-K81のスペックを表にまとめたので、参考にしてくださいね。

MK-K82 (2022)MK-K81 (2011)
消費電力170W 120W
回転数2,900回転のみ・2,900回転
・2,200回転
外形寸法(cm)23.4×15.8×20.922.5×15.4×21.2
質量2.7kg2.8kg
食洗機対応X
あらびき運転X
こねる機能X
できる機能・刻む・すりつぶす・混ぜる(ナイフカッター)
・おろす(おろし・とろろカッター)
・おろす(鬼おろし) (鬼おろしカッター)
・スライス・せん切り(スライス・せん切りカッター)
・きざむ・まぜる・する(ナイフカッター)
・おろす(おろし・とろろカッター)
・粗くおろす(鬼おろしカッター)
・スライス・せん切り(スライス・せん切りカッター)
パン生地練り(パンの羽根)

MK-K82とMK-K81の違いを比較 パナソニックフードプロセッサー まとめ

今回は、パナソニックのフードプロセッサーMK-K82MK-K81の違いを比較するとともに、機能や特長をご紹介させていただきました。

MK-K82とMK-K81の7つの違いをおさらいすると、

  1. 価格帯:MK-K81の方が安い
  2. MK-K82は食洗器対応
  3. MK-K81は回転数の切り換えが可能
  4. MK-K81はあらびき運転が可能
  5. MK-K81はこねる機能搭載
  6. 消費電力:MK-K82の方が少ない
  7. デザインや大きさ・質量の違い

2022年モデルのMK-K82は、食洗器に対応していてお手入れが簡単です。

また、MK-K81はこねる調理も可能なので、パンやうどんを手作りすることが可能です。

お値段にも違いがあるので、この記事の情報を参照の上、納得の行くお買い物をしてくださいね(^_^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

MK-K82 (2022年モデル)◆

4種類の歯で便利に使える!食洗機対応のMK-K82はコチラ▼

MK-K81 (2011年モデル)◆

こねる機能でパンやうどんもラクに作れる!お値段オトクなMK-K81はコチラ▼

パナソニック|Panasonic MK-K81-W フードプロセッサー ホワイト[MKK81]【2111_cpn】

【知らないと損】MK-K82とMK-K81をオトクに購入する方法

より安く、パナソニックのフードプロセッサーのMK-K82とMK-K81を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

クイジナートのブレンダーは、1台5役で料理の下ごしらえからお菓子作りまでこなす、便利なハンドブレンダーです。

人気モデルのHB-504WJとHB-502WJの違いを比較しました。

こちらもあわせてご参照くださいね★

HB-504WJとHB-502WJの4つの違いが判明!クイジナートブレンダー比較

HB-504WJとHB-502WJの4つの違いが判明!クイジナートブレンダー比較
クイジナートのハンドブレンダーの、HB-504WJとHB-502WJの違いを比較しました。HB-504WJは2021年、HB-502WJは2019年のモデルです。違いは4点、それぞれの内容と、機能と特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました