NI-FS580とNI-FS570の4つの違いを暴露!パナソニック衣類スチーマー比較

生活家電

パナソニックで人気の衣類スチーマー、NI-FS580NI-FS570の違いを比較しました。

どちらも衣類スチーマーとしてもプレスとしても使える2WAYで、同じモデルの販売年違いです。

(NI-FS580/2022年3月発売で、NI-FS570/2021年5月)

結論から言うと、NI-FS580NI-FS570の違いは4点でした。

①価格帯:NI-FS570の方が安い

②NI-FS580の方が約10g軽い

③NI-FS580は抗菌ハンドル

④カラーバリエーション

このことから考えると、NI-FS580 (2022年モデル) がオススメな方は、

  • より軽量の物が欲しい
  • 抗菌仕様の衣類スチーマーが欲しい
  • 新しいモデルが欲しい
  • NI-FS580のカラーが気に入ってる

抗菌仕様で清潔安心!軽くてより使い勝手が良いNI-FS580はコチラ▼

カラーはベージュとグレイッシュネイビーです。

これに対し、NI-FS570 (2021年モデル) がオススメな方は、

  • 予算は少しでも抑えたい
  • NI-FS570も十分高機能なので満足
  • 抗菌仕様など特殊機能はなくても大丈夫
  • NI-FS570あたたかみのあるカラーが好き

NI-FS580と基本の機能は同じで、お値段オトクなNI-FS570はコチラ▼

パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー ピンクゴールド調 NI-FS570-PN [ハンガーショット機能付き][スチームアイロン スチーマー アイロン]
パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー ダークブラウン NI-FS570-T [ハンガーショット機能付き][スチームアイロン スチーマー アイロン]

NI-FS580NI-FS570は、どちらも衣類スチーマーとしてもプレスとしても使える2WAYです。

4つの違いの中でも、2022年モデルのNI-FS580は、持ち手の部分が抗菌仕様がつきました。

手がよく触れる部分なので、ここが抗菌になって清潔に使えるのは安心ですね (^_^)

その他、本文では、パナソニックの衣類スチーマーのNI-FS580NI-FS570の違いを比較し、機能や特長も詳しく解説しています。

衣類スチーマーの購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです(^_^)

NI-FS580とNI-FS570の違いを比較 パナソニック衣類スチーマー

それでは早速、NI-FS580NI-FS570の違いをご紹介します。

機能やスペックに大きな差はなく、違いは下記の4点です。

①価格帯:NI-FS570の方が安い

②NI-FS580の方が約10g軽い

③NI-FS580は抗菌ハンドル

④カラーバリエーション

1つずつ解説していきますね。

①価格帯:NI-FS570の方が安い

まず、一番気になるのが価格の違いですよね。

2つのモデルの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べて、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
NI-FS580 (2022年)11,880円12,000円11,880円
NI-FS570 (2021年)6,800円6,800円6,780円

ただ、こちらの価格は2022年2月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

NI-FS580 (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

NI-FS570 (2021年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2022年モデルのNI-FS570の方が、5千円ほどお安いですね。

機能やスペックはほぼ同じなので、最新モデルへのこだわりがない方はNI-FS570の方がオトクな買い物と言えますね (^_^)

②NI-FS580の方が約10g軽い

2022年モデルのNI-FS580は、NI-FS570からタンクの容量はそのままで、約10グラム軽くなりました

設計自体は、NI-FS570と同じで低重心になっています。

高さを抑えたことで手の力が伝わりやすく、扱いやすくなっています。

10グラム違いなので、使い比べてみてもあまり差は感じられないかもしれませんが、力が弱い方や毎日利用する予定の方は、より軽いタイプの方が負担は少ないと言えますね。

③NI-FS580は抗菌ハンドル

NI-FS580は、抗菌ハンドルを採用しています。

ハンドル部分はよく触るところなので、より清潔に利用できるのは衛生的で嬉しいポイントですね♪

特に、最近はどこでも除菌が求められるので、抗菌仕様になっているのは安心感があります!

④カラーバリエーション

最後に、カラーバリエーションの違いをご紹介します。

NI-FS580 (2022年モデル)

カラー:ベージュ、グレイッシュネイビー

NI-FS570 (2021年モデル)

カラー:ピンクゴールド、ダークブラウン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック(家電) NI-FS570-PN
価格:11420円(税込、送料無料) (2022/2/26時点)

どちらのモデルも2色展開です。

NI-FS580はシンプルで使いやすいベージュと、落ち着きのあるネイビーがステキですね。

対するNI-FS570のピンクゴールドはゴージャスでエレガントな印象。

ダークブラウンはチョコレート色で可愛らしいですね❤

NI-FS580NI-FS570は機能やスペックにほとんど違いがないので、最終的にはカラーの好みで選ぶのもアリだと思います♪

NI-FS580とNI-FS570はどっちがオススメ?

NI-FS580NI-FS570の違いはよく分かったけど、オススメはどっち?

NI-FS580 (2022年モデル) がオススメな方

  • より軽量の物が欲しい
  • 抗菌仕様の衣類スチーマーが欲しい
  • 新しいモデルが欲しい
  • NI-FS580のカラーがステキ

NI-FS570 (2021年モデル) がオススメな方

  • 予算は少しでも抑えたい
  • NI-FS570も十分高機能なので満足
  • 抗菌仕様など特殊機能はなくても大丈夫
  • NI-FS570カラーが可愛くて好き
パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー ピンクゴールド調 NI-FS570-PN [ハンガーショット機能付き][スチームアイロン スチーマー アイロン]
パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー ダークブラウン NI-FS570-T [ハンガーショット機能付き][スチームアイロン スチーマー アイロン]

NI-FS580とNI-FS570の機能や特長

ここからは、NI-FS580NI-FS570の共通の機能や特徴をご紹介していきます。

手軽に衣服のシワやニオイがとれる衣類スチーマーです。

パワフルスチームでスッキリ

スチームボタンを押している間、スチームが安定して出続けます

連続でパワフルなスチームをあてることで、シワの伸びもよくなりますよ。

1回のタンク量で約4分連続スチームが可能なので、お出掛け前に衣服のシワ伸ばしやニオイ消しもしっかりできますね♪

また、頑固なシワやニオイには「瞬間3倍パワフルスチーム」が効果的です。

通常のスチームの3倍量が一瞬で噴射されるので、どうしてもとれないシワやニオイのケアに重宝しますよ (^_^)

どんな向きにも対応できるタンク構造

スチーマーをどんな向きに傾けても、タンクの吸水口が下向きになるようになっています。

なので、スチーマーをどの方向から使用しても、タンクの水を供給し続けることが可能です。

360°どの角度にしても安定したスチームが噴射されるので、衣服の手入れも思いのままです。

シワをとりたい部分を狙って使用出来るので、使い勝手がよく、思いのままに操作できそうですね。

軽量コンパクトで使いやすい

NI-FS580NI-FS570も、軽量でコンパクトサイズなので、手が小さい女性にも扱いやすいスチーマーです。

また、手の力が伝わりやすい設計になっているので、無駄な力がかからず手が疲れにくいのも嬉しいポイントです♪

立ち上がり19秒で忙しい時にも便利

シワが気になる!と思っても、アイロンを準備して使用するのには時間がかかりますよね。

そんな時でもNI-FS58NI-FS570なら、電源を入れて約19秒で使えるので、時間が無い時でもサっと使えて重宝しますよ。

あっという間に立ち上がるので、急に使いたいという時にもパっと使えて便利です!

そして慌てて使用して切り忘れても「自動ヒーターオフ機能」もついているので、ずっと熱いままつけっぱなしということがなくて安心です♪

プレスも可能な2WAY仕様

フラットなアイロン面を使用すれば、プレスも可能な2WAY仕様です。

アイロン台を使って、広範囲のシワとりをしたり、ズボンのラインをキチンとつけたりする時に便利です。

コンパクトな分、自分の思い通りに動かせるので通常のアイロンより扱いやすいかもしれません。

生地が引っ掛かりにくいカーブエッジ形状になっているので、どの方向に動かしても生地に引っかかって変なシワが付く心配もありませんよ♪

アイロン面はセラミックコートが施されているので、すべりが良く軽いかけ心地。

スイスイと気持ちよくアイロンがけを進められます!

洗いにくい衣類のニオイとりに

衣類についたニオイには、高温処理が一番です。

ですが、頻繁にクリーニングに出すとなると、時間も金銭的にも負担になりますよね。

おうちでケアできるなら、手軽でお金もかからなくて良いですよね♪

洗いにくいスーツやジャケット、コートなどについた汗臭や飲食臭、タバコの臭いなどは、しっかりケアしておきたいところですね。

NI-FS580NI-FS570のスチームは、生活5大臭と言われる飲食臭・汗臭・タバコ臭・ペット臭・生乾き臭に加え、加齢臭・防虫剤臭の2つにも脱臭効果があります。

しつこいニオイには瞬間3倍パワフルスチームも上手く利用すると、更にスッキリできますよ♪


最後に、NI-FS580NI-FS570の機能やスペックをまとめたので、参考にしてくださいね。

NI-FS580(2021)NI-FS570 (2021)
消費電力100V(50-60Hz共用)100V(50-60Hz共用)
スチーム持続時間・約4分・約4分
スチーム量瞬間3倍パワフルスチーム瞬間3倍パワフルスチーム
スチーム穴の数6穴6穴
立ち上がりにかかる時間19秒19秒
水タンク約50mL約50mL
ドライアイロン
温度調節
・ドライ(約160℃)
・スチーム(約190℃)
・ドライ(約160℃)
・スチーム(約190℃)
自動ヒーターオフ
持ち手の抗菌加工X
本体寸法(cm)幅7×高さ15×長さ15幅7×高さ15×長さ15
収納時寸法(cm)幅9×高さ16.5×長さ17幅9×高さ16.5×長さ17
質量(g)680 (スタンド含まず)690 (スタンド含まず)
電源コード長さ約2.5ⅿ約2.5ⅿ
カラー・ベージュ
・グレイッシュネイビー
・ピンクゴールド
・ダークブラウン

NI-FS580とNI-FS570の違いを比較 パナソニック衣類スチーマー まとめ

今回は、パナソニック衣類スチーマー、NI-FS580NI-FS570の違いを比較すると共に、機能や特徴もご紹介させていただきました。

機能やスペックに大きな差はなく、違いは下記の4点でした。

  1. 価格帯:NI-FS570の方が安い
  2. NI-FS580の方が約10g軽い
  3. NI-FS580は抗菌ハンドル
  4. カラーバリエーション

なので、

●より軽量の物が欲しい
●抗菌仕様の衣類スチーマーが欲しい
●新しいモデルが欲しい

という方にはNI-FS58を、これに対し

●予算は少しでも抑えたい
NI-FS570も機能や性能が高いので満足
●抗菌仕様など特殊機能はなくても大丈夫

という方にはNI-FS570をオススメします。

今回の記事が、あなたの衣類スチーマー選びの参考になれば幸いです(^_^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

NI-FS580 (2022年モデル)◆

抗菌仕様で清潔安心!軽くてより使い勝手が良いNI-FS580はコチラ▼

NI-FS570 (2021年モデル)◆

NI-FS580と基本の機能は同じで、お値段オトクなNI-FS570はコチラ▼

パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー ピンクゴールド調 NI-FS570-PN [ハンガーショット機能付き][スチームアイロン スチーマー アイロン]
パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー ダークブラウン NI-FS570-T [ハンガーショット機能付き][スチームアイロン スチーマー アイロン]

【知らないと損】パナソニックの衣類スチーマーをオトクにお試しする方法

  • パナソニックの衣類スチーマーが気になるけれど、買ったのに合わなかったら困るなぁ…
  • 買う前に、使用感を確かめて失敗しない買い物がしたいなぁ…
  • 買うのは高いから躊躇しちゃうなぁ…
  • 単身赴任で期限付きの生活だから、わざわざ新しい家電を買うのもなぁ…

そんな方におすすめなのが、家電のレンタルサービスです!

家電レンタルのサブスクサービス「CLAS(クラス)」なら、家電製品が必要なときに必要なだけ借りることができて、便利です!

スマホやパソコンから気軽に注文できて、交換や返却の際も、搬出は専門業者に全ておまかせ♪

いつでも返却や交換OKで、手軽に気になる商品を試すことができますよ^^

ぜひこちらをチェックしてくださいね▼▼

家具・家電レンタル「CLAS」


東芝のラクーS衣類スチーマーTAS-X6(2021年)とTAS-X5(2019年)の違いを比較しました。

コードレス・コードあり、衣類スチーマー・アイロンと多様な使い方ができて便利です!

こちらもあわせてご参照くださいね★

TAS-X6とTAS-X5の違いは7点!比較を暴露!東芝ラクーS衣類スチーマー

TAS-X6とTAS-X5の違いは7点!比較を暴露!東芝ラクーS衣類スチーマー
東芝の衣類スチーマー「La・Coo S」シリーズの、TAS-X6とTAS-X5を比較しました。TAS-X6は2021年、TAS-X5は2019年のモデルです。違いは7点、スチームの量や持続時間などです。機能や特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました