CV-PH140とCV-NH140の1つの違いを解説!シャープ衣類乾燥除湿機比較

生活家電

シャープで人気の衣類乾燥除湿機の、CV-PH140CV-NH140の違いを比較しました。

どちらも、同じ機種で発売年の異なるモデルです。

それぞれの発売時期は、CV-PH140が2022年3月、CV-NH140が2021年4月です。

比較した結果、CV-PH140CV-NH140の機能やスペックに差はなく、全く同じ内容です。

違いは1点、価格帯のみになります。

2021年モデルのCV-NH140の方が価格は安いので、

●価格重視で選びたい方には、CV-NH140

●新しいモデルを取り入れたい方には、CV-PH140

をオススメします。

ただ、CV-NH140は人気の高いモデルなので、梅雨時など特に需要が高い時期に価格が変動する傾向にあります。

こまめに価格をチェックして、いつもより安くなっているタイミングで迷わず購入すると良いでしょう。

本文では、シャープの衣類乾燥除湿機、CV-PH140CV-NH140の違いや機能、特長を詳しく解説しています。

衣類乾燥除湿機の購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです (^_^)

CV-PH140 (2022年)◆

プラズマクラスター25000搭載!1年中しっかり除湿のCV-PH140はコチラ▼

CV-NH140 (2021年)◆

CV-PH140と機能やスペックは同じで、お値段オトクなCV-NH140はコチラ▼

CV-PH140とCV-NH140の違いを解説!シャープ衣類乾燥除湿機

それでは早速、CV-PH140CV-NH140の違いをご紹介します。

機能やスペックに差はなく、違いは1点のみです。

価格帯の違い:CV-NH140の方が安い

価格帯の違いについて、事項で詳しく解説しますね。

価格帯の違い:CV-NH140の方が安い

CV-PH140CV-NH140の価格の違いについてご紹介します。

2つのモデルの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べて、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
CV-PH140
(2022年)
61,280円62,180円
CV-NH140
(2021年)
44,039円37,999円41,300円

ただ、こちらの価格は2022年5月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

CV-PH140 (2022年)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

CV-NH140 (2021年)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2021年モデルのCV-NH140の方が2万円ほど価格が下がりますね。

機能やスペックが同じなので、新しいモデルへのこだわりのない方にはCV-NH140をオススメします。

ただ、このシリーズは毎年春に新しいモデルが出ているので、2021年モデルのCV-NH140が生産を終了する日は近いうちに来るでしょう。

そうなると安い販売元から売れていき、最終的には高く販売されているものしか残らなくなります。

まだ買わなくてもいいや~と思っていると、いざ欲しいと思った時には値上がりしている!なんてことにもなりかねません。

上のリンクボタンで最新の価格をチェックして、いつもより安くなっている!と思う瞬間に迷わずゲットするとオトクに購入できますよ (^_^)

CV-PH140 (2022年)◆

プラズマクラスター25000搭載!1年中しっかり除湿のCV-PH140はコチラ▼

CV-NH140 (2021年)◆

CV-PH140と機能やスペックは同じで、お値段オトクなCV-NH140はコチラ▼

CV-PH140とCV-NH140の機能や特長

ここからは、CV-PH140CV-NH140の機能や特長をご紹介しますね。

どちらもプラズマクラスター25000搭載で、コンプレッサー方式とデシカント方式のハイブリット方式の衣類乾燥除湿機になります。

ハイブリット方式で、一年中省エネで高い除湿力が維持できます。

CV-PH140CV-NH140が適している部屋の広さは、

50Hz :14~28畳(23~46㎡)

60Hz:16~33畳(27~54㎡)

プラズマクラスター適用面積:約12畳(約20㎡)

というわけで、広めのリビングルームも除湿できますよ!

玄関の吹き抜けに置いて、家中をカラっとさせるのにも向いています♪

もちろん、脱衣所やキッチンなど、湿気が出やすい場所でも活躍してくれますよ (^_^)

衣類乾燥の場合、約2kgを乾燥させるのに必要な時間は、梅雨時が約64分、冬季は約80分です。

雨や寒い時雨や寒い時など、外で洗濯物が干せない時でも、気にせずいつでもお洗濯ができるのが嬉しいですね♪

ハイブリット方式で1年中使える

コンプレッサー式とデシカント式のハイブリットで、一年中省エネで高い除湿力が維持できます!

コンプレッサー方式とは、「室内の湿った空気を冷却器で冷やして結露させて除湿をする」ので暑い季節に効果を発揮します。

デシカント方式とは、「ヒーターで乾燥して除湿をする」ので、寒い季節でも能力が落ちないのが特長です。

ハイブリット方式は、「暑い季節に強いコンプレッサー方式」と「寒い季節に強いデシカント方式」を併用して、1年中バランスよく除湿能力を発揮します。

プラズマクラスター25000搭載

CV-PH140CV-NH140は、プラズマクラスターの中でも最高レベルのプラズマクラスター25000を搭載!

プラズマクラスターのチカラで、部屋干しの嫌なニオイや、衣類のニオイをスッキリ消臭します。

また、付着菌の除菌や付着ウィルスにも効果を発揮!

消臭効果を比較する実験では、プラズマクラスターありと何もない状態で比べた時には、2時間で半分以下の消臭効果が出ました!

また、衣類を乾かしながらプラズマクラスターを放出するので、部屋干しの衣類のニオイをしっかり抑制します。

臭い戻り対策モード」を設定しておくと、乾燥後もプラズマクラスターの放出を継続するので、臭い戻りにしっかりおさえます。

洗濯物だけでなく、洗いにくい衣類や、ファブリック類などもプラズマクラスターの風でスポット消臭ができますよ♪

ペットのいるおうちでも、高い消臭効果でしっかりニオイケアができますよ^^

広角ワイルドルーパー

幅の広いルーパーが、広範囲に風を届けます。

3種類の左右スイング(スイング、スポット、ワイド)と、4種類の上下スイング(上向き、前方、下向き、広角)で、除湿された風を衣類に送ります。

また、上下左右のスイングで広範囲に送風するので、干し方をいろいろ変えてもしっかり風が届くようになっていますよ。

使いやすくお手入れカンタン

お手入れが簡単で、使いやすいモデルです!

サイズは横幅365x奥行き235x高さ645mm

床の設置スペースはA4サイズの雑誌見開きサイズ以下なので、狭い脱衣所などにも置けますよ。

排水タンクは、持ち運びしやすいハンドル付き。

引き出ししやすく、蓋付きで排水しやすく作られています。

また、タンクは凹凸が少なく間口が広いので洗いやすくお手入れも簡単ですよ!

4輪キャスター付きで、お部屋間の移動もラクラク♪

そして、本体にホースを繋げば、お風呂場などで直接排水ができます。

タンクに溜まった水を捨てに行く手間が省けますね。

また、外出中に使う場合も、タンクが一杯になる心配なく使えて便利ですよ^^

※市販のホース(内径15mm)が必要です▼


最後に、CV-PH140CV-NH140のスペックを1つにまとめたので、参考にして下さいね。

定格除湿能力
(50Hz/60Hz)
11/13 L/日
最大除湿能力
(50Hz/60Hz)
12/14 L/日
除湿可能面積の目安
(木造住宅~コンクリート住宅)
・50Hz:14~28畳(23~46㎡)
・60Hz:16~33畳(27~54㎡)
プラズマクラスター適用床面積約12畳(約20m²)
衣類乾燥時間(2kg)・梅雨時:約64分
・冬季:約80分
衣類乾燥1回あたりの電気代・梅雨時:約20円
・冬季:約24円
スイングルーバー上下、 左右
消費電力(50Hz/60Hz)
(1時間あたりの電気代)
・衣類乾燥:660W(約18円)/ 695W(約19円)
・除湿:275W(約7.4円)/ 295W(約8.0円)
・衣類消臭:45W(約1.2円)/ 45W(約1.2円)
運転音・衣類乾燥:速乾・標準: 51dB 音控えめ: 39dB
・除湿:標準: 51dB 音控えめ: 39dB
・衣類消臭:標準 :53dB 音控えめ: 34dB
満水サイン◯ 
タイマー切タイマー 1-9時間
キャスター4輪(横移動のみ)
チャイルドロック
排水タンク容量約3.6L
連続排水
外形寸法(幅×奥行×高さ)365×235×645mm
質量約15.0kg

CV-PH140とCV-NH140の違いを解説!シャープ衣類乾燥除湿機 まとめ

今回は、シャープの衣類乾燥除湿機、CV-PH140CV-NH140の違いを比較すると共に、機能や特長もご紹介させていただきました。

CV-PH140CV-NH140は機能やスペックは同じで、価格の違いのみです。

なので、

  • 新しいモデルが欲しい方は、CV-PH140
  • 価格重視の方には、CV-NH140

こちらをオススメします。

購入するにあたり、CV-NH140は生産終了になったり、季節によって価格が変動する可能性が高いので、こまめに価格をチェックして、安くなったタイミングで購入していただくと良いでしょう。

今回の記事が、あなたの衣類乾燥除湿機選びの参考になれば幸いです (^_^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

CV-PH140 (2022年)◆

プラズマクラスター25000搭載!1年中しっかり除湿のCV-PH140はコチラ▼

CV-NH140 (2021年)◆

CV-PH140と機能やスペックは同じで、お値段オトクなCV-NH140はコチラ▼

【知らないと損】CV-PH140とCV-NH140をオトクに購入する方法

より安く、シャープ衣類乾燥除湿機のCV-PH140CV-NH140を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※シャープの冷風・衣類乾燥除湿機は、室温-10℃の心地よい涼風を届けます。

プラズマクラスター機能搭載で、空気の除菌・消臭をしながら除湿ができるのも魅力です。

人気モデルのCM-P100とCM-N100の口コミ評判をレビューしました。

こちらもあわせて、ご検討くださいね★

CM-P100とCM-N100の1つの違いを暴露!シャープ冷風・衣類乾燥除湿機比較

CM-P100とCM-N100の1つの違いを暴露!シャープ冷風・衣類乾燥除湿機比較
シャープの冷風・衣類乾燥除湿機の、CM-P100とCM-N100の違いを比較しました。機能やスペックは同じで、違いは価格のみです。2021年モデルのCM-N100の方がオトクに購入できます。機能や特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました