SB-2D151とSB-1D151の4つの違いを暴露!シロカおうちベーカリー比較

キッチン家電

シロカで人気のホームベーカリーの、SB-2D151SB-1D151の違いを比較しました。

SB-2D151は2022年、SB-1D151は2020年発売のモデルです。

比較した結果、SB-2D151SB-1D151の違いは4点でした。

①価格帯:SB-1D151の方が安い

②SB-2D151は1.5斤、SB-1D151は1斤

③SB-2D151の方がオートメニュー数が多い

④本体デザインとサイズ、カラーバリエーションが違う

このことから考えると、SB-2D151 (2022年モデル) がオススメな方は、

  • より新しいモデルが欲しい。
  • しっとりした高加水パンを楽しみたい。
  • オートメニューがより豊富な方がいい。

業界初!高加水パンがおうちで作れる!豊富なオートメニューも便利なSB-2D151はコチラ▼

カラーはホワイト1色です。

これに対して、SB-1D151 (2020年モデル) がオススメな方は、

  • 高機能なホームベーカリーが欲しいけど、予算はなるべく抑えたい。
  • 1斤焼ければ十分。
  • ブラウンカラーが欲しい。

SB-2D151と基本の機能は同じで、お値段オトクなSB-1D151はコチラ▼

こちらは、ホワイトとブラウンの2色です。

SB-2D151SB-1D151は、どちらも自宅で手軽に出来立てパンを楽しめる、ホームベーカリーです。

4つの違いの中でも、2022年モデルのSB-2D151は、業界初の高加水パンが焼けるようになりました。

水分量が多いと、生地がゆるくなり手ごねで作るのは難しいです。

それが、自宅で手軽に作れるようになったのは、画期的と言えますね!

しっとりとして食べやすく、子どもからお年寄りまで美味しく楽しめるパンができますよ♪

その他、本文ではSB-2D151SB-1D151の違いを比較し、機能や特長も詳しく解説しています。

ホームベーカリーの購入を検討している、あなたの参考になれば幸いです(^_^)

SB-2D151とSB-1D151の違いを比較 シロカおうちベーカリー

それでは早速、SB-2D151SB-1D151の違いをご紹介します。

違いとしては、以下の4点が挙げられます。

①価格帯:SB-1D151の方が安い

②SB-2D151は1.5斤、SB-1D151は1斤

③SB-2D151の方がオートメニュー数が多い

④本体デザインとサイズ、カラーバリエーションが違う

1つずつ解説しますね。

①価格帯:SB-1D151の方が安い

まず、一番気になるのが価格の違いですよね。

2つのモデルでの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べ、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
SB-2D151
(2022年)
14,500円15,840円15,840円
SB-1D151
(2020年)
10,700円 10,398円 11,880円

ただ、こちらの表の価格は2022年7月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

SB-2D151 (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

SB-1D151 (2020年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2022年モデルのSB-2D151の方が、価格は4千円ほどアップしますね。

SB-2D151は、業界初の高加水パンが焼けるようになりました。

しっとりとして食べやすく、子どもからお年寄りまで美味しく楽しめるパンが焼けるのは嬉しいですね!

その他の違いや、これらのホームベーカリーの機能や特長を、これから詳しく解説していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね(^_^)

②SB-2D151は1.5斤、SB-1D151は1斤

実際に焼ける斤数が、やや異なります。

SB-2D151が1.5斤焼けるのに対して、SB-1D151は1斤となります。

普段食パンを1斤で購入している方が多いと思うので、SB-1D151でも特に不便はないと思います。

ただ、一度に1斤より多めに作りたい方は、SB-2D151の方が重宝すると言えますね。

③SB-2D151の方がオートメニュー数が多い

SB-2D151SB-1D151では、搭載しているメニューの数が異なります。

食パンや糖質オフパン、フランスパン、米粉パンなど、基本的なメニュー20個に加えて、2022年モデルのSB-2D151は10種類増え、合計30種類になっています。

プレミアムパン・高加水パン・超早焼きパン・ソフトパン・うどんパスタ生地・ジャム・生キャラメル・フレッシュバター・フレッシュチーズ・焼きいも

これだけの豊富なメニューを搭載しているので、より幅広く使えますよ!

特に、高加水パンは生地のゆるさから、自宅で作ることは難しいとされていました。

それが業界初!自宅で手軽に作れるようになったのは、画期的ですね  ( ´艸`) 

④本体デザインとサイズ、カラーバリエーションが違う

SB-2D151SB-1D151は、どちらも縦長の作りではありますが、見た目のデザインは異なります。

SB-2D151 (2022年モデル)

  • カラー:ホワイト1色
  • サイズ:23.3×29.7×29.4 (cm)

SB-2D151の方がよりスタイリッシュなデザインに変化していますが、見た目に対する好みはそれぞれ違いますので、お好みな方を選ばれるといいでしょう。

SB-1D151 (2020年モデル)

カラー:ホワイト、ブラウン
サイズ:23.2×29.5×25.3 (cm)

サイズは、SB-2D151の方がやや高さがあるデザインになっています。

カラーバリエーションは、SB-2D151はホワイト一色ですが、SB-1D151はホワイトとブラウンの2色展開です。

キッチンの雰囲気に合った家電を揃えると気分も上がるので、お好みのデザインを選択するのもいいですね (^_^)

SB-2D151とSB-1D151はどっちがオススメ?

SB-2D151SB-1D151の違いは分かったけど、オススメはどっち?

SB-2D151 (2022年モデル) がオススメな方

  • より新しいモデルが欲しい。
  • しっとりした高加水パンを楽しみたい。
  • オートメニューがより豊富な方がいい。

業界初!高加水パンがおうちで作れる!豊富なオートメニューも便利なSB-2D151はコチラ▼

カラーはホワイト1色です。

SB-1D151がオススメな方

  • 高機能なホームベーカリーが欲しいけど、予算はなるべく抑えたい。
  • 1斤焼ければ十分。
  • ブラウンカラーが欲しい。

SB-2D151と基本の機能は同じで、お値段オトクなSB-1D151はコチラ▼

こちらは、ホワイトとブラウンの2色です。

SB-2D151とSB-1D151の機能や特長

ここからは、SB-2D151SB-1D151共通の機能や特長をご紹介していきますね。

オートメニューで簡単

SB-2D151SB-1D151は、材料を入れるだけで後はオートメニューで作ってくれる便利なホームベーカリーです。

基本の食パンから、糖質オフパンや米粉パンなど、さまざまなパンを焼くことが出来ます。

パンだけでなく、ピザ生地やケーキ、おもちも作れますよ。

他にもヨーグルトや甘酒など、多くのオートメニューがあるので、色々な料理にチャレンジできますよ。

材料を準備するだけなので、ぜひいろいろなメニューに挑戦してくださいね!

パンは焼き色もお好みで

SB-2D151SB-1D151は、パンの焼き色も自分好みに焼くことができます。

お好みで淡・標準・濃の3種類から選べます。

表面がかりっと香ばしいのも美味しいですし、中と同様ふわっとしているのも美味しいですよね。

自分好みのパンが焼けるのは嬉しいですね!

中の様子がわかる窓付き

SB-2D151SB-1D151は、上部のパネル部分に窓がついています。

ここから、中の様子を確認することができますよ。

オートで調理してくれますが、最初は出来具合などが気になりますよね。

途中で開けて確認ができないので、この窓から見られるのは便利ですよ!

コンパクトサイズ

SB-2D151SB-1D151は、コンパクトサイズのホームベーカリーです。

場所をとらないので、キッチンの置き場所にも困らないのが嬉しいですね。

見た目も可愛らしいので、毎回しまわずに出したままにして、インテリアの1つとして楽しむ方も多いですよ!


最後に、SB-2D151SB-1D151の機能やスペックをまとめたので、参考にしてくださいね。

違いがあるところは、分かりやすく赤色にしてあります。

SB-2D151
(2022年)
SB-1D151
(2020年)
容量1.5斤1斤
サイズ
(cm)
23.3×29.7×29.423.2×29.5×25.3
メニュー数3020
焼き色調節3段階3段階
消費電力550W450W
重量3.6kg3.6kg
コード長さ1.4m1.4m
カラー・ホワイト・ホワイト
ブラウン

SB-2D151とSB-1D151の違いを比較 シロカおうちベーカリー まとめ

今回は、シロカのおうちベーカリーのSB-2D151SB-1D151の違いを比較するとともに、機能や特長をご紹介させていただきました。

SB-2D151SB-1D151の4つの違いをおさらいすると、

  1. 価格帯:SB-1D151の方が安い
  2. SB-2D151は1.5斤、SB-1D151は1斤
  3. SB-2D151の方がオートメニュー数が多い
  4. 本体デザインとサイズ、カラーバリエーションが違う

2022年モデルのSB-2D151は、業界初の高加水パンが焼けるようになりました。

自宅で作るのが難しかった難易度の高いパンが作れるようになったのは、画期的と言えますね。

しっとりとして食べやすく、子どもからお年寄りまで、みんなで美味しく楽しめるパンですよ♪

SB-1D151も人気のモデルですので、お値段の違いやその他、この記事の情報を参照の上、納得の行くお買い物をしてくださいね(^_^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SB-2D151 (2022年モデル)◆

業界初!高加水パンがおうちで作れる!豊富なオートメニューも便利なSB-2D151はコチラ▼

カラーはホワイト1色です。

SB-1D151 (2020年モデル)◆

SB-2D151と基本の機能は同じで、お値段オトクなSB-1D151はコチラ▼

こちらは、ホワイトとブラウンの2色です。

【知らないと損】SB-2D151とSB-1D151をオトクに購入する方法

より安く、シロカのホームベーカリーのSB-2D151SB-1D151を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※パナソニックで人気のホームベーカリーの、SD-MDX4と旧モデルのSD-MDX102を比較しました。

2021年モデルのSD-MDX4は、パンがますます美味しく焼ける新機能を搭載!

おうちでプロ仕様のパンが楽しみめます♪

こちらもあわせてご参照くださいね!

SD-MDX4とSD-MDX102の違いは6つ!パナソニックホームベーカリー比較

SD-MDX4とSD-MDX102の違いは6つ!パナソニックホームベーカリー比較
パナソニックのホームベーカリーの、SD-MDX4とSD-MDX102の違いを比較しました。違いは6点、2021年モデルのSD-MDX4は新搭載のメニューで、よりおいしい生食パンやヘルシーなパンを焼くことができます。機能や特長も解説しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました