SKU-A101とSKU-A100の2つの違いが判明!タイガーフードプロセッサー比較

キッチン家電

タイガーで人気のフードプロセッサーの、SKU-A101とSKU-A100の違いを比較しました。

どちらも1台5役のマルチな機能を搭載したフードプロセッサーで、同じモデルの発売年違いです。

それぞれの発売時期は、SKU-A101が2022年10月、SKU-A100が2020年8月。

というわけで、SKU-A100SKU-A101の型落ちになります。

比較した結果、SKU-A101SKU-A100の機能やスペックに違いはなく、同じ内容です。

機能以外は、違いが2点があります。

①価格帯:SKU-A100の方が安い

SKU-A101はブラック、SKU-A100はホワイト

このことから考えると、SKU-A101 (2022年モデル) がオススメな方は、

  • 新しいモデルを取り入れたい
  • ブラックのカラーが良い

1台5役でマルチに活躍!食洗機にも対応のSKU-A101はコチラ

カラーはブラックです。

これに対して、SKU-A100 (2022年モデル)がオススメな方は、

  • 多機能なフードプロセッサーが欲しいけど、なるべく予算はおさえたい。
  • カラーはホワイトがいい

SKU-A101と機能やスペックは同じで、お値段オトクなSKU-A100はコチラ

SKU-A101SKU-A100は、どちらも1台5役で、食洗器でお手入れもできるフードプロセッサーです。

機能やスペックは同じなので、新しいモデルやカラーにこだわりがなければ、SKU-A100の方がオトクに購入できますよ。

その他、本文では、SKU-A101SKU-A100の違いを比較し、機能や特長についても詳しく解説しています。

フードプロセッサーの購入を検討している、あなたの参考になれば幸いです(^_^)

SKU-A101とSKU-A100の違いを比較 タイガーフードプロセッサー

それでは早速、SKU-A101SKU-A100の違いをご紹介します。

違いとしては、以下の2点が挙げられます。

①価格帯:SKU-A100の方が安い

②SKU-A101はブラック、SKU-A100はホワイト

それぞれご紹介しますね。

①価格帯:SKU-A100の方が安い

まず、一番気になるのが価格の違いですよね。

2つのモデルでの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べ、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
SKU-A101
(2022年モデル)
20,798円20,798円
SKU-A100
(2020年モデル)
10,970円10,000円10,991円

ただ、こちらの表の価格は2022年10月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

SKU-A101 (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

SKU-A100 (2020年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2022年モデルのSKU-A101の方が、価格は1万円ほどアップしますね。

SKU-A101SKU-A100の機能やスペックは同じなので、新しいモデルやカラーにこだわりがなければ、SKU-A100の方がオトクに購入できますよ^^

ただ、SKU-A100は2020年モデルで、近い将来生産を終了する可能性があります。

そうなると、安い販路から売れていって、最終的には高いものしか残らなくなります。

そうなる前に、早いうちにゲットしておくとオトクなお買い物ができますよ!

その他、カラーの違いについては、次項でご紹介しますね。

②SKU-A101はブラック、SKU-A100はホワイト

カラーに違いをご紹介しますね。

SKU-A101 (2022年モデル)

カラーはブラックです。

SKU-A100 (2020年モデル)

こちらはホワイト1色です。

ブラックとホワイトという対象的なカラーですが、どちらもベーシックな色で取り入れやすいですね。

シンプルで落ち着きのあるデザインなので、どんなキッチンにも馴染むと思います^^

家電はこの色で統一している!というのがあれば、それに合わせて好きなカラーのモデルを選ぶのもアリですよね (^_^)

SKU-A101とSKU-A100はどっちがオススメ?

SKU-A101SKU-A100の違いは分かったけど、オススメはどっち?

SKU-A101 (2022年モデル)がオススメな方

  • 新しいモデルを取り入れたい
  • ブラックのカラーが良い

1台5役でマルチに活躍!食洗機にも対応のSKU-A101はコチラ

カラーはブラックです。

SKU-A100 (2020年モデル)がオススメな方

  • 多機能なフードプロセッサーが欲しいけど、なるべく予算はおさえたい。
  • カラーはホワイトがいい

SKU-A101と機能やスペックは同じで、お値段オトクなSKU-A100はコチラ

SKU-A101とSKU-A100の機能や特長 タイガーフードプロセッサー

ここからは、SKU-A101SKU-A100共通の機能や特長をご紹介していきますね。

SKU-A101とSKU-A100特長
引用:タイガー公式

1台5役でマルチに活躍

ミンチ・ペースト・おろし・生地・ホイップと1台で5役!

ハンバーグなどお料理の下ごしらえがラクにできて、調理の時短に大活躍です^^

おろし専用カッターも付いているので、大根おろしも簡単に作れますよ。

おろし専用カッター
引用:タイガー公式

食材を一気に切削するハイパワーモデル

ハンバーグの種なら、最大500g (約3~4人分)が一気に作れるハイパワーモデル!

一回の使用で家族4人分のハンバーグが用意できて、調理の時短もできますね^^

色々な食材を均一にカットできる刃

色々な食材が均一にカットできるように工夫された、タイガー独自の刃を搭載。

色々な食材を均一にカットできる刃
引用:タイガー公式
  • 平刃:ステンレス素材にブラックチタンをコーティング
  • 波刃:の2種の形状の刃を組み合わせたブラックチタンコート刃

この2つの組み合わせで、性質や硬さが違う食材でも、ムラなく均一にカットします。

違う種類のお野菜も、一緒に入れてガーッとやるだけで下ごしらえ終了!

この手軽さが良いですね^^

音が静かな設計

フードプロセッサーは、ガーッとしているときの音が気になりますよね (^_^;)

でもSKU-A101SKU-A100は、音に配慮した静音設計!

静音設計
引用:タイガー公式

フードプロセッサーから出るあらゆる音源に、音をおさえる工夫がされています。

家族がテレビを見ている横で使っても、テレビの音をかき消さないくらいの静音になっています。

生活の邪魔をせずに使えるのが嬉しいですね♪

使い方簡単

マイコン制御機能で、手の動きに合わせて動作するので使い方も簡単です!

カップのふたを上から押している間だけ作動するので、みじん切りやペーストもお好みの粗さに調整できますよ。

タルタルソースなど、粒サイズの好みが分かれる調理も、自分好みに調理できます!

安心構造

  • カップが本体にしっかりセットされていること
  • ふたがカップに正しくセットされていること

この2つの条件が揃わないと、作動しないようになっている安全構造です。

Wの安全構造
引用:タイガー公式

フタが開いているのに誤って作動するような心配がないので、安心ですね。

アタッチメントも一緒にスッキリ収納

フードプロセッサーはアタッチメントがかさばりがちですね。

でも、SKU-A101SKU-A100は、チョッパーカッター・おろしカッター・おろしカッター用軸をカップ内スッキリおさめて収納できます。

スッキリ片付いて気持ちいいし、アタッチメントをなくす心配がないのが嬉しいですね^^

食洗器対応でお手入れ簡単

カップとフタは、食洗機に対応しています。

丸洗いできるので、気になるにおいや汚れも落としやすいですね。

もし手洗いする場合は、他の食器と同じようにスポンジなどで洗ってくださいね。

※刃を洗う際は、手を切らないようにお気をつけ下さい。


最後に、SKU-A101SKU-A100の機能やスペックを1つにまとめたので、参考にしてくださいね。

違いがあるところは、赤色にしてあります。

SKU-A101
(2022年)
SKU-A100
(2020年)
消費電力W
(50/60Hz)
125/140125/140
定格時間(分)1010
回転数(約)
50/60Hz
1400回/分
1700回/分
1400回/分
1700回/分
容量(約)1回の最大量500g
(ハンバーグの場合)
1回の最大量500g
(ハンバーグの場合)
サイズ(cm)21.2×17.1×27.421.2×17.1×27.4
本体質量(kg)3.23.2
電源コード(m)1.21.2
カラーブラックホワイト

SKU-A101とSKU-A100の違いを比較 タイガーフードプロセッサー まとめ

今回は、タイガーのフードプロセッサーのSKU-A101SKU-A100の違いを比較するとともに、機能や特長もご紹介しました。

SKU-A101SKU-A100の2つの違いをおさらいすると、

  1. 価格帯:SKU-A100の方が安い
  2. SKU-A101はブラック、SKU-A100はホワイト

機能やスペックは同じなので、新しいモデルやカラーにこだわりがなければ、SKU-A100の方がオトクに購入できます^^

ただ、SKU-A100は2020年モデルで、近い将来生産を終了する可能性があります。

そのうち安い販路から売れていって、最終的には高いものしか残らなくなるかも知れません。

そうなる前に、早いうちにゲットしておくとオトクなお買い物ができますよ!

今回の記事が、あなたのフードプロセッサー選びの参考になれば嬉しいです^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SKU-A101 (2022年モデル)◆

1台5役でマルチに活躍!食洗機にも対応のSKU-A101はコチラ

カラーはブラックです。

SKU-A100 (2020年モデル)◆

SKU-A101と機能やスペックは同じで、お値段オトクなSKU-A100はコチラ

【知らないと損】SKU-A101とSKU-A100をオトクに購入する方法

より安く、タイガーのフードプロセッサーのSKU-A101SKU-A100を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

クイジナートのブレンダーは、1台5役で料理の下ごしらえからお菓子作りまでこなす、便利なハンドブレンダーです。

人気モデルのHB-504WJとHB-502WJの違いを比較しました。

こちらもあわせてご参照くださいね★

HB-504WJとHB-502WJの4つの違いが判明!クイジナートブレンダー比較

HB-504WJとHB-502WJの4つの違いが判明!クイジナートブレンダー比較
クイジナートのハンドブレンダーの、HB-504WJとHB-502WJの違いを比較しました。HB-504WJは2021年、HB-502WJは2019年のモデルです。違いは4点、それぞれの内容と、機能と特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました