MC55YとMC55Xの違いを比較したら2つあった!ダイキンストリーマ空気清浄機

生活家電

ダイキンのストリーマ空気清浄機の、MC55YMC55Xの違いを比較しました。

どちらも、ダイキン独自のストリーマ技術を搭載した人気モデルです。

発売時期は、

MC55Y :2021年10月
MC55X :2020年12月

つまり、MC55XMC55Yの型落ちということになります。

2つのモデルに大きな機能やスペックの違いはありませんが、相違点としてはこちらの2点になります。

①価格帯
⑤抗菌仕様

2021年モデルのMC55Yは、操作パネルに抗菌仕様がつきました。

ボタン操作で一番よく触る部分なので、ここが抗菌になったのは清潔に使えて安心ですね。

衛生の意識が高い方には、MC55Yの方がより安心に使えるのでオススメです。

本文では、ダイキンのストリーマ空気清浄機のMC55YMC55Xの違いや機能、特長を詳しく解説しています。

空気清浄機の購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです(^_^)

MC55Y (2021)>

カラーはホワイト1色です。

MC55X (2020)>

こちらも1色、ホワイトです。

ダイキン ストリーマ 空気清浄機 MC55X-W

MC55YとMC55X ダイキンストリーマ空気清浄機の違いを比較

それでは早速、ダイキンストリーマ空気清浄機のMC55YMC55Xの違いをご紹介します。

MC55Yは2021年、MC55Xは2020年のモデルです。

2つのモデルに大きなスペックや機能の差はありませんが、違いとしては以下の2点が挙げられます。

①価格帯の違いMC55Xの方が安い

MC55Yは操作パネルが抗菌仕様に

なお、デザインとサイズは同じです。

では、違いを1つずつ見ていきましょう。

①価格帯の違い:MC55Xの方が安い

まず、一番気になるのが価格の違いですよね。

2つのモデルでの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べて、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
MC55Y (2021) 43,780円43,780円
MC55X (2020)34,800円31,580円30,999円

ただ、こちらの価格は2021年10月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

MC55Y (2021年)>

MC55X (2020年)>

MC55Yの方が2021年のモデルなだけあり、1万円ほど価格がアップしますね。

通常、家電は発売から時間が経つと値段が下がってくるので、2020年モデルのMC55Xとの価格差は妥当と言えます。

また、新しい機種はそれだけ在庫数が多いので、手に入れやすいというメリットがあります。

とは言え、MC55Yはこの価格差に見合う価値があるのか、それともMC55Xで十分なのか?

そのあたりの違いや、これらのストリーマ空気清浄機の機能や特長をこれから詳しくご紹介します。

ぜひ、参考にしてくださいね (^_^)

②MC55Yは操作パネルが抗菌仕様に

2021年モデルのMC55Yは、操作パネル部分が抗菌仕様になりました。

ボタン操作などで一番良く触る場所なので、ここが抗菌になったのは嬉しいポイントですね。

より清潔に使いたい方には、 MCK55Yをオススメします!

MC55Y (2021)>

MC55X (2020)>

ダイキン ストリーマ 空気清浄機 MC55X-W

MC55YとMC55X ダイキンストリーマ空気清浄機の機能や特長

これまで2つのモデルの違いを説明してきたので、ここからは共通の機能や特長をご紹介しますね。

MC55YMC55Xが適している広さは、

●空気清浄:25畳 (41㎡)

ということで、かなり広めのお部屋や、家全体など色々な場所で使えますね!

オフィスや店舗で使うのも良いですね♪

8畳の部屋の空気を清浄する時間の目安は、約11分です。

つまり、8畳程度の部屋なら、11分あれば部屋中の空気が少なくとも1回は機械を通過して、フィルターで浄化されるということです。

ストリーマとプラズマイオンで空気清浄

MC55YMC55Xは、どちらもストリーマ機能のついた空気清浄機です。

※加湿機能はついていません。

「ストリーマ」と言うのは、ダイキン独自の空気浄化技術です。


プラズマ放電を応用して発生するストリーマというエネルギーには、物質を分解する力があります。

それを空気清浄機のフィルターについている菌や微粒子に照射して、これらの菌などを分解・抑制します。

また、ストリーマ空気清浄機から出るプラズマイオンには、空気中のウィルスや菌、ニオイの元を除菌する効果があります。

このイオンは濃度が高くなればなるほど、空気清浄の効果が高くなります。

MC55YMC55Xは、1cm³あたり25,000個の高濃度のイオンを放出します。

これはシャープのプラズマクラスタークラスター空気清浄機に例えると「プラズマクラスター25000」と同じで、空気清浄や除菌・脱臭には十分な濃度です。

空気清浄機能で除去できるのは、

●浮遊ウイルス
●浮遊カビ菌
●フィルターに付着した有害物質
●フィルターに付着したウィルス
●フィルターに付着した細菌

ニオイの元

これらをキャッチしてフィルターで浄化し、キレイで快適な空気に変えます。

また、ストリーマの空気清浄は、花粉・排ガス・PM2.5全てに効果を発揮します!

花粉に対する効果は特に高く、日本に1年中飛散する、16種類の花粉を無力化

花粉アレルゲンを30分で99%以上除去する花粉対策製品として、認証されています!

花粉症でお悩みの方は、ぜひご家庭に取り入れてくださいね!

TAFU(タフ)フィルターでしっかり集じん

そもそも空気清浄機とは、掃除機と同じメカニズムで部屋の空気を吸い込んで、フィルターを通じて浄化し、キレイな空気を送り出すという機械です。

ストリーマ空気清浄機で吸い込んだ微小なホコリや粒子、花粉を吸着して浄化するのは、TAFU(タフ)という特別なフィルター。

撥水・撥油効果の高い素材が使われていて、静電力で汚れをしっかりキープします。

このフィルターにストリーマを照射して、汚れを分解してキレイな空気をお部屋に送る、という仕組みですね!

そして、このフィルターは10年間交換不要

10年経てば多くの場合は新しい機種に買い換えると思うので、交換は実質不要だ言っても差し支えないでしょう。

運転音も静か

吹出し口をより幅広くし、ファンをフィルターの下に配置することで防音効果を出し、実際の音量よりも静かに聞こえるようになっています。

各運転モードでの、運転音はこちらです。

運転モード運転音
しずか19dB
29dB
標準39dB
ターボ53dB

吹出し口とファンの位置の工夫で、実際に聞こえる音量は、上記の音量よりも30%ほど低減されています。

これを他の音に例えると、

●50dB: 書店の店内、近くで聞くエアコンの室外機

●40dB:図書館、ささやき声、鼻息、小雨の音 

●30dB:かすかな声、洋服を着る音、夜の住宅

●20dB:寝息、やっと音として聴こえる程度、雪の降る音 

ということで、一番運転音の大きい「ターボ」でもかなり静かで、生活の邪魔になりません。

「しずか」や「弱」モードはほとんど音が聞こえないくらいなので、寝ている時でも音を気にせずにお使いいただけますよ!

使い勝手も◎

使い方は簡単で、便利な機能も充実しています!

フィルターのお掃除は、ホコリが気になった時に外側から掃除機で吸い込むだけ。

パネルを開けたり、外したりする必要はありません。

お部屋の空気を最適な状態に保つ、運転モードも充実。

節電運転」モードでは、お部屋の空気の状態を賢くモニターします。

空気がキレイになると、主な機能をストップさせる「みはり運転」に、また汚れを検知したら運転を開始します。

ムダな運転を抑えるので、電力消費も最小限になります!

また、「花粉運転」では風量を「標準」と「弱」の間で自動で切り替えて、部屋の中にゆるやかな気流を起こし、花粉が床に落ちる前にキャッチしやすくします。

コンパクトで場所を取らない

コンパクトで、どこに置いても場所を取らないのも嬉しいポイントです!

横27x奥行き27x高さ50cmのコンパクトサイズ。

置いた時に必要なスペースはA4の紙程度で、高さは160cmの人であれば膝程度の高さです。

床の上だけでなく、ローチェストなど低い家具の上でも、圧迫感を出さずに置くことができますね。


最後に、MC55YMC55Xのスペックを表にまとめたので、参考にしてくださいね。

MCK55Y (2021) MCK55X (2020)
浄化方式ストリーマ+
アクティブプラズマイオン
ストリーマ+
アクティブプラズマイオン
消費電力<空気清浄>
・しずか:6W
・弱:9W
・標準:15W
・ターボ:46W
<空気清浄>
・しずか:7W
・弱:9W
・標準:15W
・ターボ:42W
電気代/1時間 <空気清浄>
・しずか:0.16円
・弱:0.24円
・標準:0.41円
・ターボ:1.24円
<空気清浄>
・しずか:0.19円
・弱:0.24円
・標準:0.41円
・ターボ:1.13円
運転音 <空気清浄>
・しずか:19dB
・弱:29dB
・標準:39dB
・ターボ:53dB
<空気清浄>
・しずか:19dB
・弱:29dB
・標準:39dB
・ターボ:53dB
パネル抗菌加工X
外形寸法(mm)高さ500×幅270×奥行270高さ500×幅270×奥行270
質量(kg)約6.8約6.8

MC55YとMC55X ダイキンストリーマ空気清浄機の違いを比較 まとめ

今回は、ダイキンのストリーマ空気清浄機の、MC55YMC55Xの違いを比較しました。

2021年モデルのMC55Yはよく触れる操作パネル部分が抗菌仕様になり、清潔で安心に使えるようになっています。

衛生への意識が高い方には、MC55Yの方がオススメできますね。

とは言え、MC55Xもストリーマとプラズマイオン搭載で、空気清浄機能は十分に高いです。

また、どちらのモデルも高いコンパクトサイズで、場所を取らずにどこにでも置けるのも魅力ですね。

お値段の違いもあるので、この記事でご紹介した内容を踏まえ、よく検討の上納得の行くお買い物をしてくださいね。

今回の記事が、あなたの空気清浄機選びの参考になれば幸いです(^_^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

MC55Y (2021)>

MC55X (2020)>

ダイキン ストリーマ 空気清浄機 MC55X-W

【知らないと損】MC55YとMC55Xをオトクに購入するに購入する方法

より安く、ダイキンの空気清浄機 MC55YMC55Xを購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※加湿も空気清浄機能もあるモデルをお探しの方へ!

ダイキンのMCK55Y(2021年)は、空気清浄と加湿の効果が高く、オシャレで洗練されたデザインやカラーも素敵です!

こちらもあわせてご参照くださいね★

MCK55YとMCK55Xの3つの違いを暴露!徹底比較!ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機

MCK55YとMCK55Xの3つの違いを暴露!徹底比較!ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機
ダイキンの加湿ストリーマ空気清浄機のMCK55YとMCK55Xを比較しました。MCK55Yは2021年、MCK55Xは2020年のモデルです。違いは3点、値段や抗菌加工、カラーバリエーションです。機能や特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました