HD-LX1222とHD-LX1221の違いは2つ!ダイニチ ハイブリッド式加湿器比較

HD-LX1222とHD-LX1221の違いは2つ!ダイニチ ハイブリッド式加湿器比較 生活家電

ダイニチで人気の加湿器の、HD-LX1222とHD-LX1221の違いを比較しました。

どちらも気化式×温風気化式のハイブリッド加湿器で、同じモデルの発売年違いです。

発売時期は、HD-LX1222が2022年8月、HD-LX1221が2021年8月です。

というわけで、HD-LX1221HD-LX1222の型落ちになります。

比較した結果、HD-LX1222HD-LX1221の違いは2点でした。

①価格帯:HD-LX1222の方が安い

HD-LX1222は操作プレートが抗菌仕様に

※デザインやカラーは全く同じです。

このことから考えると、HD-LX1222 (2022年モデル)がオススメな方は、

  • 高機能な加湿器がほしいけど、予算はおさえたい
  • 新しいモデルを取り入れたい
  • 抗菌仕様で清潔に使いたい

新しいモデルな上にお値段オトク!清潔な抗菌仕様が安心のHD-LX1222はコチラ▼

カラーはサンドホワイトとモスグレーの2色です。

これに対し、HD-LX1221 (2021年モデル)がオススメな方は、

  • 新しいモデルへのこだわりは特にない

ハイブリッド式で省エネしながらしっかり加湿するHD-LX1221はコチラ▼

こちらもサンドホワイトとモスグレーの2色です。

HD-LX1222HD-LX1221の2つの違いの中でも、2022年モデルのHD-LX1222は操作パネルが抗菌仕様になりました。

よく手が触れる部分なので、抗菌で清潔に使えるのは安心ですよね^^

また、HD-LX1222の方が新しいモデルなのに価格が安いので、ここはHD-LX1222を一択でオススメします!

その他、本文ではHD-LX1222HD-LX1221の違いを比較し、機能や特長も詳しく解説しています。

加湿器の購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです(^_^)

加湿器の人気ランキング(楽天市場)はコチラ

HD-LX1222とHD-LX1221の違いを比較 ダイニチ ハイブリッド式加湿器

それでは早速、ダイニチの加湿器のHD-LX1222HD-LX1221の違いをご紹介します。

違いとしては、以下の2点が挙げられます。

①価格帯:HD-LX1222の方が安い

HD-LX1222は操作プレートが抗菌仕様に

1つずつ解説していきますね。

①価格帯:HD-LX1222の方が安い

まず、一番気になる価格の違いからご紹介します。

HD-LX1222HD-LX1221の、大手ECサイトでの最安値の価格を調べて、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
HD-LX1222 (2022) 37,180円37,800円
HD-LX1221 (2021)40,500円46,900円38,880円

ただ、こちらの表の価格は2023年1月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

HD-LX1222 (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

HD-LX1221 (2021年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

一般的に家電は、古いモデルのほうが価格が安いです。

ただこちらの機種に関しては、2021年モデルのHD-LX1221が生産を終了していて、安い販売元から売れていっているので、結果として値上がりしています。

2022年モデルのHD-LX1222の方が、数千円お安くなっていますね。

HD-LX1222は、操作パネルが抗菌仕様になり、清潔に使えるのが嬉しいポイントです!

新しいモデルな上に価格もHD-LX1222の方が安いので、HD-LX1222の方が断然オトクな買い物ですね♪

ただ、HD-LX1222は、加湿器の需要が高くなる冬の時期には、品切れたり値上がりする能性があります。

欲しいと思った時になかったり、値段が高くなっているのは悲しいですよね。

なので、欲しい!と思ったタイミングでゲットするのが一番ですよ (^_^)

②HD-LX1222は操作プレートが抗菌仕様に

HD-LX1222HD-LX1221の機能面での唯一の違いは、2022年モデルのHD-LX1222は操作プレートが抗菌加工になったことです。

事前の実験では、表面につく菌を99%以上の抑制したとの報告があげられています。

プレートは手でよく触る部分なので、抗菌で清潔に使えるのは安心感がありますよね^^

HD-LX1222とHD-LX1221はどっちがオススメ?

HD-LX1222HD-LX1221の違いは分かったけど、オススメはどっち?

HD-LX1222 (2022年モデル) がオススメな方

  • 高機能な加湿器がほしいけど、予算はおさえたい
  • 新しいモデルを取り入れたい
  • 抗菌仕様で清潔に使いたい

新しいモデルな上にお値段オトク!清潔な抗菌仕様が安心のHD-LX1222はコチラ▼

HD-LX1221 (2021年モデル) がオススメな方

  • 新しいモデルへのこだわりは特にない

ハイブリッド式で省エネしながらしっかり加湿するHD-LX1221はコチラ▼

HD-LX1222とHD-LX1221の機能や特長 ダイニチハイブリッド式加湿器

ここからは、HD-LX1222HD-LX1221の機能や特長をご紹介しますね。

適している部屋の広さは、

部屋タイプ適用面積
プレハブ洋室~約33畳(約60m²)
木造和室~約20畳 (37m²)
加湿量1,200mL/h

※木が湿気を吸う分、木造の方が加湿適用面積が狭くなります。

かなり広いリビングでも、しっかり加湿でうるおせますね!

キッチン・ダイニング・リビングが仕切りなしでつながっているおうちでも、これ1台でしっかり潤せますよ^^

水タンクの容量は、7.0L

お部屋の乾燥度合いにもよりますが、標準運転で約6時間連続で加湿できるので、給水は1日1回でOKなのが手間いらずです!

スピード加湿で素早くうるおす

HD-LX1222HD-LX1221ともに、従来機種に比べて加湿スピードが大幅アップ

スピード加湿
引用:ダイニチ公式

約20~39分で、適湿と言われる50-60%にうるおします。

乾燥で喉の痛みや手がカサカサする時でも、素早く加湿できるのが嬉しいですね。

また、素早く加湿したい時に便利なのが、「ターボ運転」。

設定湿度に達するまで、加湿量を約15%アップ、より素早くパワフルに加湿できますよ (^_^)

4つの抗菌加工で清潔に加湿

加湿器というと、水の清潔度が気になりますよね。

HD-LX1222HD-LX1221は、水と風の通り道に4つの抗菌加工が施されています。

抗菌加工で清潔に加湿
引用:ダイニチ公式

Ag+抗菌アタッチメントEX

タンクのキャップに装着しているアタッチメントには、水中に抗菌成分が溶け出すような仕掛けがあります。

溶け出した抗菌成分によりタンク内の雑菌の繁殖がおさえられ、水がヌメヌメになるのを防ぎます。

抗菌フラットトレイ

水トレイは抗菌加工で、雑菌の繁殖をおさえます。

また、凹凸のないフラットな作りでお手入れもラクラクです!

抗菌気化フィルター

抗菌・防カビ加工で、トレイ内の雑菌・カビの繁殖を抑えます。

交換の目安は5シーズン。

いつでも取り寄せて買い替えができるので、便利ですよ▼

抗菌エアフィルター

蒸気の出る部分も、しっかり抗菌加工で清潔。

抗菌・防カビ・抗アレル物質(スギ花粉・ダニの死骸)で、空気中の雑菌やカビ、アレル物質の繁殖をおさえます。

いつでも清潔な蒸気で加湿できるので、安心ですね!

ハイブリッド式で電気代もオトク

HD-LX1222HD-LX1221の加湿方式は、気化式×温風気化式のハイブリッド式。

ハイブリッド式のメリットは、しっかり加湿ができるのに電気代がオトクなこと!

しかも熱い蒸気がでないので、小さなお子さまやペットが触ってもヤケドの心配はありません♪

もくもくと目に見える湯気や蒸気が立ち上るわけでないので、本当に加湿しているのか心配になるかも知れませんが、ちゃんと加湿しています^^

電気代は、1日8時間毎日運転しても、1ヶ月でたった149円

電気代を気にせずに、ガンガン加湿ができるのが嬉しいですね。

HD-LX1222 (2022年モデル)◆

新しいモデルな上にお値段オトク!清潔な抗菌仕様が安心のHD-LX1222はコチラ▼

HD-LX1221 (2021年モデル)◆

ハイブリッド式で省エネしながらしっかり加湿するHD-LX1221はコチラ▼

就寝時も快適加湿

おやすみ時に便利な運転モードが、「おやすみ快適運転」。

眠りにつくまでの間は、静かさ優先で、13dBというほとんど聴こえない程度の静音で運転。

その後も静かさを保ちつつ、50~70%の間でお好みの湿度にうるおし続けます。

乾燥で、朝起きたら喉が痛いという悩みのある方は、寝ている間も加湿すると改善しますよ♪

4つの運転モードと選べる湿度設定

運転モードは、充実の4種類。

  • 標準:お好みの湿度設定に合わせておまかせで加湿量を調節。
  • 静音:風量ひかえめで静かに運転。湿度が下がると一時的に素早く加湿するので、加湿機能もしっかり保たれます。
  • eco:気化式加湿のみで運転し、消費電力をおさえます。
  • のど・肌:のどやお肌をしっかりうるおしたい時に。室温に応じてできるだけ高い湿度を自動で保ちながら運転します。

日中の乾燥がひどくない時は、標準運転でおまかせしておけば快適な湿度を保ってくれますよ。

また、湿度の設定は50%、60%、70%からお好みで選べます。

乾燥のひどい環境でなければ、60%が健康維持にも花粉やホコリ対策にも最適です (^_^)

スマートリモコン対応

HD-LX1222HD-LX1221の操作面での便利な点は、スマートリモコンでの操作に対応していることです。

お部屋の湿度は、50%程度に保つのが健康維持に効果的と言われています。

また、加湿することで花粉が水分を含んで重くなるので、室内に舞い散るのを防いで花粉対策にもなります。

お部屋を適度に加湿するのはとても良い効果があるんですが、スイッチを押してからお部屋が十分に加湿されるまでには時間がかかりますね。

でも、HD-LX1222HD-LX1221なら離れた場所からも遠隔操作ができるので、お家に着く前に加湿をスタートさせて、潤しておくなんてこともできますよ (^_^)

また、お家の中でも、わざわざ機械のある場所まで行かずにリモコンで操作できるのが、便利ですよね♪

スマートリモコンの注意点ですが、専用のスマートリモコンが付属しているわけではありません。

スマートリモコン自体は、自分で市販のものをご用意くださいね。

スマートリモコンなら、コチラが人気ですよ▼

【+Style ORIGINAL】 スマートマルチリモコン 家電コントロール 遠隔操作 Amazon Alexa Google Home 対応 赤外線 位置情報 温度 湿度
  • スマートリモコンを用意したら、スマホにスマートリモコンのアプリをダウンロード。
  • 加湿器の運転モードをスマートリモコンに登録。
  • ネット通信・赤外線で加湿器を遠隔操作。

このようにして、本体から離れた場所からもいつでも操作ができます♪

スマートリモコン
引用:ダイニチ公式

必要なものは、

  • ネット環境
  • アクセスポイント(無線LANかルーター)
  • スマートリモコン(登録機能付きのもの)
  • スマホやタブレットの端末

スマートリモコンを設置して、スマホやタブレットで確認・操作できる機能は、

  • 運転モード
  • 湿度設定
  • 運転入/切

です。

遠隔操作をうまく活用して、適度で快適な湿度を保ってくださいね♪

お手入れカンタン

加湿トレイには、業界初の取り替えカバーを設置!

このカバーのおかげで、面倒なトレイのお手入れがぐんとラクになっています♪

カバーは繰り返し使えますが、1枚500円程度なので、汚れが気になったら気軽に買い替えられるのが便利ですね▼

タンクの給水口も広々としているので、すみずみまで洗いやすくなっています。

また、コンパクトで持ち運びもカンタン!

サイズは、幅390×奥行き245×高さ405mm

A3の紙程度のスペースがあれば設置できるので、置き場所を取らずに家中どこでも使えるのが嬉しいですね。

上部にはしっかりした持ち手がついているので、持ち運びもカンタンです♪


最後に、HD-LX1222HD-LX1221のスペックをまとめたので、参考にしてくださいね。

HD-LX1222
(2022年)
HD-LX1221
(2021年)
加湿方式ハイブリッド式ハイブリッド式
加湿量最大1,200mL/h最大1,200mL/h
給水トレー容量約7.0L約7.0L
最大消費電力(W)680W (ターボ時)680W (ターボ時)
運転音(dB)・標準:34~13
・静音:27~13
・おやすみ快適:27~13
・eco:34~13
・のど・肌:34~25
・ターボ:40
・標準:34~13
・静音:27~13
・おやすみ快適:27~13
・eco:34~13
・のど・肌:34~25
・ターボ:40
スマートリモコン対応
プレート抗菌加工X
外形寸法 (mm)幅390×奥行245×高さ405幅390×奥行245×高さ405
質量 (kg)約6.4約6.4
電源コード長さ(m)約2.0約2.0
カラー・サンドホワイト
・モスグレー
・サンドホワイト
・モスグレー

HD-LX1222とHD-LX1221の違いを比較 ダイニチハイブリッド式加湿器 まとめ

今回は、ダイニチの加湿器のHD-LX1222HD-LX1221の違いを比較すると共に、機能や特長もご紹介させていただきました。

HD-LX1222HD-LX1221の2つの違いをおさらいすると、

  1. 価格帯:HD-LX1222の方が安い
  2. HD-LX1222は操作プレートが抗菌仕様に

2022年モデルのHD-LX1222はプレートが抗菌仕様で清潔に使える上に、価格もHD-LX1221よりオトク!

HD-LX1222の方が、断然オトクな買い物と言えますよ♪

今回の記事が、あなたの加湿器選びの参考になれば幸いです(^_^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました

HD-LX1222 (2022年モデル)◆

新しいモデルな上にお値段オトク!清潔な抗菌仕様が安心のHD-LX1222はコチラ▼

HD-LX1221 (2021年モデル)◆

ハイブリッド式で省エネしながらしっかり加湿するHD-LX1221はコチラ▼

【知らないと損】HD-LX1222とHD-LX1221をオトクに購入する方法

より安く、ダイニチの加湿器のHD-LX1222HD-LX1221を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※シャープのプラズマクラスター加湿器の人気モデル、HV-R55とHV-P55の違いを比較しました。

プラズマクラスターで清潔にしっかり加湿、お手入れもカンタンです!

こちらもあわせてご参照くださいね★

HV-R55とHV-P55シャープ プラズマクラスター加湿器の違いは1つだけ!?

HV-R55とHV-P55の違いは1つ!シャープ プラズマクラスター加湿器比較
シャープのプラズマクラスター加湿器のHV-R55とHV-P55の違いを比較しました。機能やスペックは同じで、違いは価格帯のみです。2021年モデルのHV-P55の方が、値段はオトクです。機能や特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました