HD-RX322とHD-RX321の違いは2つでオススメどっち?ダイニチ加湿器比較

生活家電

ダイニチで人気の加湿器の、HD-RX322とHD-RX321の違いを比較しました。

どちらも気化式と温風気化式のハイブリッド加湿器で、同じモデルの発売年違いです。

発売時期は、HD-RX322が2022年、HD-RX321が2021年です。

というわけで、HD-RX321HD-RX322の型落ちになります。

比較した結果、HD-RX322HD-RX321の違いは2点でした。

①価格帯:HD-RX321の方が安い

HD-RX322は操作プレートが抗菌加工になった

※デザインやカラーは全く同じです。

このことから考えると、HD-RX322 (2022年モデル)がオススメな方は、

  • 新しいモデルを取り入れたい
  • 抗菌仕様で清潔に使いたい

抗菌仕様で清潔安心に使えるHD-RX322はコチラ▼

カラーはショコラブラウン、ホワイトxブラック、サンドホワイトの3色です。

ダイニチ HD-RX322-W(サンドホワイト) RX ハイブリッド式加湿器 木造5畳/プレハブ8畳 HDRX322W

これに対し、HD-RX321 (2021年モデル)がオススメな方は、

  • 新しいモデルへのこだわりは特にない
  • コンパクトで高機能な加湿器が欲しいけど、予算はなるべくおさえたい

HD-RX322と基本の機能は同じで、お値段オトクなHD-RX321はコチラ

こちらもショコラブラウン、ホワイトxブラック、サンドホワイトの3色です。

HD-RX322HD-RX321の2つの違いの中でも、2022年モデルのHD-RX322は操作パネルに抗菌加工がつきました

よく手で触る部分なので、抗菌になって清潔に使えるのは安心ですよね^^

時世もありますし、衛生への意識が高い方はHD-RX322の方がオススメです!

その他、本文ではHD-RX322HD-RX321の違いを比較し、機能や特長も詳しく解説しています。

加湿器の購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです(^_^)

加湿器の人気ランキング(楽天市場)はコチラ

HD-RX322とHD-RX321の違いを比較 ダイニチ ハイブリッド式加湿器

それでは早速、ダイニチの加湿器のHD-RX322HD-RX321の違いをご紹介します。

違いとしては、以下の2点が挙げられます。

①価格帯:HD-RX321の方が安い

HD-RX322は操作プレートが抗菌加工になった

1つずつ紹介していきますね。

①価格帯:HD-LX1222の方が安い

まず、一番気になる価格の違いからご紹介します。

HD-RX322HD-RX321の、大手ECサイトでの最安値の価格を調べて、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
HD-RX322 (2022) 15,243円15,225円
HD-RX321 (2021)12,980円12,900円13,079円

ただ、こちらの表の価格は2023年1月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

HD-RX322 (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

HD-RX321 (2021年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2022年モデルのHD-RX322の方が、価格は数千円上がります。

HD-RX322は、操作パネルが抗菌仕様になり、清潔に使えるのが嬉しいポイントです!

価格差が少ないので、清潔で安心に使えるHD-RX322の方がオトクな買い物と言えますね♪

ただ、HD-RX322は、加湿器の需要が高くなる冬の時期には、品切れたり値上がりする能性があります。

欲しいと思った時になくなっていたり、値段が高くなっているのは悲しいですよね。

なので、欲しい!と思ったタイミングでゲットするのが一番ですよ (^_^)

②HD-RX322は操作プレートが抗菌加工になった

HD-RX322HD-RX321の機能面での唯一の違いは、2022年モデルのHD-RX322は操作プレートが抗菌加工になったことです。

プレートは一番よく触る部分なので、抗菌加工で清潔に使えるのは安心感がありますよね^^

HD-RX322とHD-RX321はどっちがオススメ?

HD-RX322HD-RX321の違いは分かったけど、オススメはどっち?

HD-RX322 (2022年モデル) がオススメな方

  • 新しいモデルを取り入れたい
  • 抗菌仕様で清潔に使いたい

抗菌仕様で清潔安心に使えるHD-RX322はコチラ▼

カラーはショコラブラウン、ホワイトxブラック、サンドホワイトの3色です。

ダイニチ HD-RX322-W(サンドホワイト) RX ハイブリッド式加湿器 木造5畳/プレハブ8畳 HDRX322W

HD-RX321 (2021年モデル) がオススメな方

  • 新しいモデルへのこだわりは特にない
  • コンパクトで高機能な加湿器が欲しいけど、予算はなるべくおさえたい

HD-RX322と基本の機能は同じで、お値段オトクなHD-RX321はコチラ

こちらもショコラブラウン、ホワイトxブラック、サンドホワイトの3色です。

HD-RX322とHD-RX321の機能や特長 ダイニチハイブリッド式加湿器

ここからは、HD-RX322HD-RX321の機能や特長をご紹介しますね。

適している部屋の広さは、

部屋タイプ適用面積
プレハブ洋室~約8畳(約14m²)
木造和室~約5畳 (8m²)
加湿量300mL/h

※木が湿気を吸う分、木造の方が加湿適用面積が狭くなります。

寝室や勉強部屋など、個室に置くのがちょうどいいですね。

水タンクの容量は、3.2L

お部屋の乾燥度合いにもよりますが、標準運転で約10時間連続で加湿できるので、給水は1日1回でOKですよ♪

ハイブリッド式で電気代もオトク

HD-RX322HD-RX321の加湿方式は、気化式&温風気化式のハイブリッド式。

ハイブリッド式のメリットは、湿度に応じて運転を切り替えるので、電気代がオトクなこと!

出る蒸気も熱くないので、お子さんやペットが触ってもヤケドの心配なく安心ですよ。

さらに、HD-RX322HD-RX321には電気代がオトクなecoモードがあります。

ecoモードなら、1ヶ月の電気代の目安はたった81円

電気代を気にせずに、ガンガン加湿ができるのが嬉しいですね^^

設定湿度が選べる

設定湿度は、50%・60%・70%の3段階から選ぶことができます。

設定後は自動でコントロールしてくれて、加湿のしすぎの心配もありません!

ダイニチ加湿器 設定湿度選べる
引用:ダイニチ公式

ちょうどいい湿度を自動でキープしてくれるのは、快適で嬉しいですね (^^)

おやすみ快適機能

加湿器というと、水の清潔度が気になりますよね。

HD-RX322HD-RX321は、水と風の通り道に4つの抗菌加工が施されています。

ダイニチ加湿器 4つの抗菌加工
引用:ダイニチ公式

Ag+抗菌アタッチメントEX

タンクのキャップに装着しているアタッチメントには、水中に抗菌成分が溶け出すような仕掛けがあります。

溶け出した抗菌成分によりタンク内の雑菌の繁殖がおさえられ、水がヌメヌメになるのを防ぎます。

抗菌フラットトレイ

水トレイは抗菌加工で、雑菌の繁殖をおさえます。

また、凹凸のないフラットな作りでお手入れもラクラクです!

抗菌気化フィルター

抗菌・防カビ加工で、トレイ内の雑菌・カビの繁殖を抑えます。

交換の目安は5シーズン。

いつでも取り寄せて買い替えができるので、便利ですよ▼

抗菌エアフィルター

蒸気の出る部分も、しっかり抗菌加工で清潔。

抗菌・防カビ・抗アレル物質(スギ花粉・ダニの死骸)で、空気中の雑菌やカビ、アレル物質の繁殖をおさえます。

いつでも清潔な蒸気で加湿できるので、安心ですね!

おやすみ快適機能

おやすみ時に便利な運転モードが、「おやすみ快適運転」。

眠りにつくまでの間は、静かさ優先で、13dBというほとんど聴こえない程度の静音で運転。

その後は「静音モード」で、静かさを維持しながら50~60%の湿度をキープして運転します。

自動で切り替わるので、眠りにつくまでの快適さをとことん追求してくれていますね(^^)

乾燥で、朝起きたら喉が痛いという悩みのある方は、寝ている間も加湿すると改善しますよ♪

4つの運転モードと選べる湿度設定

運転モードは、充実の4種類。

  • 標準:お好みの湿度設定に合わせておまかせで加湿量を調節。
  • 静音:風量ひかえめで静かに運転。湿度が下がると一時的に素早く加湿するので、加湿機能もしっかり保たれます。
  • eco:気化式加湿のみで運転し、消費電力をおさえます。
  • のど・肌:のどやお肌をしっかりうるおしたい時に。室温に応じてできるだけ高い湿度を自動で保ちながら運転します。

日中の乾燥がひどくない時は、標準運転でおまかせしておけば快適な湿度を保ってくれますよ。

また、湿度の設定は50%、60%、70%からお好みで選べます。

乾燥のひどい環境でなければ、60%が健康維持にも花粉やホコリ対策にも最適です (^_^)

持ち運び簡単でコンパクト

サイズは、幅267×奥行き107×高さ150 (mm)。

A5の紙程度のスペースがあれば設置できるので、卓上加湿器としても活躍してくれますよ。

置き場所を取らずに、家中どこでも使えるのが嬉しいですね^^

上部にはしっかりした持ち手がついているので、持ち運びもカンタンです♪


最後に、HD-RX322HD-RX321のスペックをまとめたので、参考にしてくださいね。

違いがあるところは、赤色にしてあります。

HD-RX322
(2022年)
HD-RX321
(2021年)
加湿方式ハイブリッド式ハイブリッド式
加湿量最大350mL/h最大350mL/h
給水トレー容量約3.2L約3.2L
最大消費電力(W)168W (ターボ時)168W (ターボ時)
運転音(dB)・標準:23~13
・静音:17~13
・おやすみ快適:17~13
・eco:20
・のど・肌:10.7
・ターボ:-
・標準:23~13
・静音:17~13
・おやすみ快適:17~13
・eco:20
・のど・肌:10.7
・ターボ:-
プレート抗菌加工X
外形寸法 (mm)幅267×奥行き107×高さ150幅267×奥行き107×高さ150
質量 (kg)約3.3約3.3
電源コード長さ(m)約1.8約1.8
カラー・サンドホワイト
・ショコラブラウン
・ホワイトxブラック
・サンドホワイト
・ショコラブラウン
・ホワイトxブラック

運転音を他の音に例えると、こんな感じです。

  • 50dB:書店の店内、間近で聞くエアコンの室外機の音
  • 40dB:図書館、ささやき声、鼻息、小雨の音 
  • 30dB:かすかな声、洋服を着る音、夜の住宅
  • 20dB:寝息、やっと音として聴こえる程度、雪の降る音 

HD-RX322とHD-RX321の違いを比較 ダイニチハイブリッド式加湿器 まとめ

今回は、ダイニチの加湿器のHD-RX322HD-RX321の違いを比較すると共に、機能や特長もご紹介させていただきました。

HD-RX322HD-RX3212つの違いをおさらいすると、

  1. 価格帯:HD-RX321の方が安い
  2. HD-RX322は操作プレートが抗菌加工になった

2022年モデルのHD-RX322はプレートが抗菌仕様で清潔に使えて安心です!

価格差が少ないので、清潔で安心に使えるHD-RX322の方がオトクな買い物と言えますね♪

今回の記事が、あなたの加湿器選びの参考になれば幸いです(^_^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

HD-RX322 (2022年モデル)◆

抗菌仕様で清潔安心に使えるHD-RX322はコチラ▼

ダイニチ HD-RX322-W(サンドホワイト) RX ハイブリッド式加湿器 木造5畳/プレハブ8畳 HDRX322W

HD-RX321 (2021年モデル)◆

HD-RX322と基本の機能は同じで、お値段オトクなHD-RX321はコチラ

【知らないと損】HD-RX322とHD-RX321をオトクに購入する方法

より安く、ダイニチの加湿器のHD-RX322HD-RX321を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※シャープのプラズマクラスター加湿器の人気モデル、HV-R55とHV-P55の違いを比較しました。

プラズマクラスターで清潔にしっかり加湿、お手入れもカンタンです!

こちらもあわせてご参照くださいね★

HV-R55とHV-P55シャープ プラズマクラスター加湿器の違いは1つだけ!?

HV-R55とHV-P55の違いは1つ!シャープ プラズマクラスター加湿器比較
シャープのプラズマクラスター加湿器のHV-R55とHV-P55の違いを比較しました。機能やスペックは同じで、違いは価格帯のみです。2021年モデルのHV-P55の方が、値段はオトクです。機能や特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました