パナソニックイオンブーストEH-SM50とヤーマンメディリフトの違いを徹底比較!

ionboost-yamanmedilift eyecatch 美容家電

パナソニックのマスク型イオン美顔器、イオンブースト EH-SM50と、ヤーマン メディリフトとの違いを比較しました。

どちらも、顔に装着するだけで、ハンズフリーでお手入れができるマスク型美顔器です。

価格帯も見た目も似ているし、一体何がどう違うのか、オススメはどっちなのか、気になったので調査しました。

結論から言うと、

●パナソニックイオンブーストEH-SM50は、小ジワが気になる方、肌が疲れているからお肌そのものをキレイにしたい方にオススメ

●ヤーマンのメディリフトは、顔のたるみ・ほうれい線・口角が下がっているのが気になる方が、顔の表情筋を鍛えて、たるみやほうれい線をケアするのにオススメ

です。

同じマスク型美顔器とは言え、ケアできる対象が違います。

マスク型美顔器にどんな効果を期待しているかによって、どちらを選ぶかが変わってきますね。

本文では、イオンブースト EH-SM50と、ヤーマン メディリフトの違いを比較しながら、機能や特長も紹介してきます。

マスク型美顔器の購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです (^_^)

パナソニック イオンブーストEH-SM50

2021年11月1日発売。

イオンの力でお肌をケア。キメの整った透明感のある肌へ!

ヤーマン メディリフト

表情筋を鍛えて、たるみやほうれい線をケア!

メディリフトの進化版!メディリフト プラス。

より進化した筋力トレーニング機能で、お顔の筋肉にアプローチします。

パナソニックイオンブーストEH-SM50とヤーマンメディリフトの違いを比較

それでは早速、 パナソニックのマスク型イオン美顔器イオンブースト EH-SM50と、ヤーマン メディリフトとの違いをご紹介してきます。

どちらも、顔に装着して使うタイプのマスク型美顔器なので、使っている間は手が離れます。

お手入れしている時間を利用して家事をしたり、くつろいだり、ボディケアをしたりと自由自在。

時間を有効利用しながら、お顔のケアができる便利な美顔器です。

価格帯を比較

まず、2つの価格帯を比べてみました。

それぞれの価格の、大手ECサイトでの最安値を表にまとめたので、ご参照くださいね。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
パナソニック
イオンブーストEH-SM50
34,001円35,000円35,980円
ヤーマン メディリフト 27,500円20,500円27,500円

ただ、こちらの表の価格は2021年10月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

パナソニック イオンブーストEH-SM50

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

ヤーマン メディリフト

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

機能や特長を比較

冒頭でもお伝えしたように、パナソニックイオンブーストEH-SM50ヤーマンメディリフトの大きな違いは、

パナソニックイオンブーストEH-SM50

イオンをマスク全体に流し、お肌そのものをケア。

顔全体に美容成分を行き渡らせ、角質層までスキンケアを浸透させる。

ヤーマンメディリフト

筋力トレーニング機能(EMS)で、お顔の筋肉にアプローチ。

顔の下半分の表情筋を鍛え、顔のたるみやほうれい線をケアする。

ということで、それぞれがどんな方にオススメなのかを簡単に説明すると、

●美肌づくりを目指す方には、パナソニックイオンブーストEH-SM50がオススメ

●顔のたるみやほうれい線への効果を期待する方には、ヤーマンメディリフトがオススメ

と言えます。

それぞれの機能や特長を、事項で詳しくご紹介しますね。

パナソニックイオンブーストEH-SM50の機能や特長

お肌そのもののケアに特化した、パナソニックイオンブーストEH-SM50の機能や特長はこちらです。

特、にこんな方にオススメの美顔器です。

◆お肌を集中的にケアしたいけど、エステにまで行く時間はないし、コロナ禍では躊躇してしまう。

◆ストレスやマスク生活で、肌が疲れていると感じる。

◆肌の乾燥や小ジワをなんとかしたい。

◆自宅で簡単に、質の高いスキンケアがしたい。

エステに行くのにちょっと躊躇してしまう今の時世では、自宅で手軽にお肌の集中ケアができるのはありがたいですね!

イオンの力でうるおい成分が角質層までしっかり浸透

うるおい効果が高いとされている、ヒアルロン酸。

ヒアルロン酸を配合した化粧品は、たくさんありますね。

ただ、ヒアルロン酸は分子が大きいので、手で塗ってもお肌の深層部にある角質層までは浸透しにくいんです!

パナソニックイオンブーストEH-SM50は、左右についた電極で、顔全体にイオンが行き渡るような仕様になっています。

顔に塗布したスキンケア化粧品の水分を通して、顔全体にイオンを流し、美容成分を角質層まで届けます

ヒアルロン酸成分配合のシートマスクだけでケアした時と、イオンブーストをつけてデイリーケアモードでケアした時はヒアルロン酸の浸透度が5.1倍、シートマスクモードの時は10倍もの差が!

手では、しっかり塗ったつもりでもまばらになってしまう化粧品も、イオンブーストを使えば全体にまんべんなく浸透させることができます!

そして、パナソニックイオンブーストEH-SM50の嬉しいポイントは、普段使っている化粧品をそのまま使えること!

専用のスキンケアを必要とする美顔器もありますが、肌に合わなかったりして余計に肌荒れしてしまうこともありますよね。

パナソニックイオンブーストEH-SM50は、使い慣れた自分の肌に合う化粧品やシートマスクでケアできるので、効果も最大限に実感できます♪

流すイオンのレベルは3段階から選べます。

使い始めで不安な方や、お肌の弱い方は、一番弱いイオンレベルから試すことができますので、安心して使えますよ。

また、電圧はAC100~240Vなので、日本国内だけでなく、海外でも使えます

海外旅行中や、海外にお住まいの方でもお肌のケアができるのが嬉しいですね。

※プラグの電源差込口は、その国の形状に合ったものをご用意ください。

温感ヒーターでリラックス効果も

温感ヒーターを搭載しているので、顔を温めながらケアすることもできます。

じんわり温めながらケアをすれば、美容成分もより浸透しますし、何よりリラックス効果がとっても高そう!

顔や頭の疲れが取れて、スッキリできますね (^_^)

普通に美顔器を装着すると、ヒーターは頬骨あたりにあたりますが、位置をずらしてこめかみやおでこ、目のあたりを温めてもリラックスできそうです。

温度は高い・低いの2段階から選べます。

3つのモードで集中ケア

使う化粧品の種類や目的に合わせて、3つのケアモードを選択できます。

時間目的
シートマスクモード10分シートマスクをつけて、
念入りにお手入れをしたい時に
デイリーケアモード5分いつものスキンケア化粧品で、
毎日のスキンケアに
クイックケアモード3分 いつものスキンケア化粧品で、
手短にケアしたい時に

このように、最長でも10分という短時間でお肌のケアが集中的にできる、とっても便利な美顔器になります。

また、マスク型でケア中は両手が離れるので、ケアの時間を利用して家事をしたり、身支度したり、くつろいだりと、時間を有効に使えるのが嬉しいポイントですね。

本体のモードなどを調整するコントローラーは、クリップで服につけることができるので、マスクのズレやコントローラーが落ちることを気にせずに使うことができます。

使い方簡単

使い方はとっても簡単です!

まず、素肌にシートマスクやスキンケア化粧品をつけ、マスクを装着。

バンドを上方向に引き上げながら、頭の後ろで固定するだけです。

バンドは1つだけなので、簡単に固定できて装着もラクにできます。

あとは、コントローラーで電源を入れ、お手入れモードを選べば自動でお手入れスタートします。

お手入れ終了後は、自動で電源が切れるので、電源の消し忘れを心配する必要はありません。

このシリコンマスクは約4,500人の顔のデータを収集し、より多くの方にフィットする形状になっています。

もしマスクが多少顔から浮いていても、左右の電極パットユニットが肌についていれば、効果に問題はありません

水洗いで清潔を保てる

美顔器マスク自体・パットユニット・コントローラーは全て水洗いができるので、清潔を保てます。

パッドユニットとコントローラーは、高い防水性仕様を施してあるので、安心して水洗いできます。

顔に触れるものなので、清潔が保てるのは大切なポイントですね (^_^)

パナソニック イオンブーストEH-SM50

イオンの力でお肌をケア。キメの整った透明感のある肌へ!

ヤーマン メディリフトの機能や特長

顔の表情筋を鍛えることに特化した、ヤーマンメディリフトの機能や特長をご紹介します。

特、にこんな方にオススメです。

◆顔のたるみを改善したい

◆ほうれい線を薄くしたい

◆下がった広角を上向きにしたい

◆顔全体の印象をはっきりさせたい

2つの表情筋にアプローチ

身体の筋肉は、使わないと年齢と共にだんだん衰えて、筋肉の上に付いている皮膚も垂れ下がってきます。

顔の筋肉も、これは同じ。

顔の印象を決めるのは、顔の下半分の頬あたりにある筋肉です。

ここには、大きく分けて大頬骨筋・ 小頬骨筋・咬筋の3つがあります。

このうち、 大頬骨筋・ 小頬骨筋は頬を引き上げる働きがあるので、普段から鍛える必要があります。

それに対して、咬筋は食べ物を噛んだり、ストレスで歯を噛み締めたりして、日常的に酷使されているので、休める必要があります。

ヤーマン メディリフトは、EMSという電気刺激で筋肉を鍛える機能で、 大頬骨筋・ 小頬骨筋を効果的に鍛え、咬筋は休ませて緩めます

これにより、鍛えるべき筋肉はしっかり鍛えられ、顔のたるみやほうれい線に効果を発揮し、締まりのあるはっきりとしたフェイスラインに導きます。

1回のケアの時間は10分と、短い時間で表情筋を鍛えることができます。

鍛える強さは6段階から選べますので、最初は一番弱いレベルで試して、段々と強いレベルを試すようにすると良いですよ。

使い方簡単

ヤーマン メディリフトも、使い方は簡単です!

素肌に化粧水でお肌を整えたあと、マスクを鼻や口の位置に合わせます。

バンドは2つあるので、サイドのバンドをまず頭の後ろで止め、それから下のバンドを頭の高い位置で止めます。

電源を入れたり、強さの調整は、左右についている電極(コントローラー)で行います。


バンドが一体になり、1回止めるだけで装着が完了するメディリフト プラスもありますよ。

こちらは、表情筋を鍛える機能も更にパワーアップしています。

表情筋を鍛える機能をサポートしつつ、お肌のハリや弾力をケアする、専用のゲルもあります。

こちらを併用すれば、リフトアップとお肌のケア効果を高められますよ。

created by Rinker
¥4,830 (2022/05/21 04:35:48時点 楽天市場調べ-詳細)

また、ヤーマンメディリフトも、イオンブーストと同じく、使っている間は両手が空くので、くつろいだり、テレビを見たり、家事をしたりと好きなように時間が使えます。

お手入れは水洗いできないパーツもあり

最後に、ヤーマン メディリフトのお手入れですが、水洗いができないパーツもあるので注意が必要です。

●シリコンマスク:水洗いOK

●左右の電極(コントローラー):水洗いNG

使った後は、シリコンマスクから左右の電極(コントローラー)を外し、マスク自体は水かぬるま湯で洗えます。

電極(コントローラー) は水で湿らせて固くしぼった柔らかい布などで、優しく拭きましょう。

この部分は、防水加工になっていないので、水に濡らすと故障の原因になります。

くれぐれもお気をつけくださいね。

パナソニックイオンブーストEH-SM50とヤーマンメディリフトはどっちがオススメ?

イオンブーストEH-SM50ヤーマンメディリフト、違いはよく分かったけど、結局どっちがオススメ?

この2つのマスク型美顔器は、機能や目的が違うので、こっちがオススメと線引きすることは難しいです。

ただ、それぞれの美顔器は、以下の目的の方にオススメできます。

パナソニックイオンブーストEH-SM50がオススメな方

●潤いやハリのあるお肌に整えたい

●メイクののりを良くしたい

●温感ヒーターで、リラックスしながらお肌のケアをしたい

●いつも使っているスキンケア化粧品でお肌のケアをしたい

●丸洗いで清潔を保てる方が良い

ヤーマンメディリフトがオススメな方

●表情筋を鍛えて、顔全体をリフトアップしたい

●酷使している咬筋を効果的に緩めたい

●たるみやほうれい線をケアして、顔全体を若返った印象にしたい

メディリフトとメディリフトプラスの違いを知りたい方は、こちらの記事をご参照くださいね

ヤーマンメディリフトプラスとメディリフトの違いは5つ!徹底比較!
EMSマスクの、ヤーマンメディリフトプラスとメディリフトの違いを比較しました。上位モデルのメディリフトプラスは装着が簡単になり、フェイスラインにもアプローチしたり、EMS機能も向上しています。それぞれの機能や特長も詳しく紹介しています。

※現在、メディリフトシリーズは30日間返金保証キャンペーンを行っています。

2021年9月17日~2022年1月31日までの購入レシートが有効です。

使っても満足でなかった場合は、購入の翌日から30日間以内であれば、全額返金を受けられます

手軽にメディリフトを試すことができるチャンスですので、この機会をお見逃しなく!

パナソニックイオンブーストEH-SM50とヤーマンメディリフトの違いを比較 まとめ

今回は、パナソニックのマスク型イオン美顔器、イオンブースト EH-SM50と、ヤーマン メディリフトとの違いを比較しました。

どちらも見た目はマスク型でよく似た美顔器ですが、

イオンブースト EH-SM50は、お肌そのもののケアに特化

ヤーマン メディリフトは表情筋を鍛えて顔全体をリフトアップするのに特化

ということが分かりました。

あなたのケアしたい目的に合わせて、最適な方をお選びくださいね。

今回の記事が、あなたのマスク型美顔器選びの参考になれば幸いです(^_^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

パナソニック イオンブーストEH-SM50

ヤーマン メディリフト

【知らないと損】ヤーマンメディリフトとイオンブーストをオトクにお試しする方法

  • ヤーマンのメディリフトやイオンブーストが気になるけれど、買ったのに合わなかったら困るなぁ…
  • 買う前に、使用感を確かめて失敗しない買い物がしたいなぁ…
  • 買うのは高いから躊躇しちゃうなぁ…

そんな方におすすめなのが、家電のレンタルサービスです!

家電レンタルのサブスクサービス「CLAS(クラス)」なら、家電製品が必要なときに必要なだけ借りることができて、便利です!

スマホやパソコンから気軽に注文できて、交換や返却の際も、搬出は専門業者に全ておまかせ♪

いつでも返却や交換OKで、手軽に気になる商品を試すことができますよ^^

ぜひこちらをチェックしてくださいね▼▼

家具・家電レンタル「CLAS」


※ヤーマンのリフトドライヤーHC-20は、1台でドライヤー・頭皮ケア・フェイスリフトの3役をこなす便利なリフトドライヤーです!

同じくヤーマンの、スカルプドライヤープロとの違いを比較しました。

こちらもあわせてご参照くださいね。

ヤーマンリフトドライヤーHC-20とヤーマンスカルプドライヤープロの違いを比較!

ヤーマンリフトドライヤーHC-20とヤーマンスカルプドライヤープロの違いを比較!
ヤーマンリフトドライヤーHC-20と、ヤーマンスカルプドライヤープロの違いを比較しました。どちらもリフトアップ機能のあるドライヤーですが、リフトドライヤーHC-20は1台3役、スカルプドライヤープロは2役です。機能や特長も解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました