CV-P180とCV-N180の1つの違いを暴露!シャープ衣類乾燥除湿機比較

生活家電

シャープで人気の衣類乾燥除湿機、CV-P180CV-N180の違いを比較しました。

どちらも、同じ機種で発売年の異なるモデルです。

それぞれの発売時期は、CV-P180が2022年3月、CV-N180が2021年4月です

比較した結果、CV-P180CV-N180の機能やスペックに差はなく、全く同じ内容です。

違いは1点、価格帯のみになります。

2021年モデルのCV-N180の方が価格は安いので、

  • 価格重視で選びたい方にはCV-N180
  • 新しいモデルを取り入れたい方にはCV-P180

をオススメします。

ただ、CV-N180は人気の高いモデルなので、梅雨時など特に需要が高くなる季節に値上がりしたりする可能性があります。

こまめに価格をチェックして、いつもより安くなっているタイミングで迷わず購入すると良いでしょう。

本文では、シャープの衣類乾燥除湿機、CV-P180CV-N180の違いや機能、特長を詳しく解説しています。

衣類乾燥除湿機の購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです (^_^)

CV-P180 (2022年モデル)◆

省エネでパワフル除湿!プラズマクラスター7000でニオイや菌もスッキリできるCV-P180はコチラ▼

CV-N180 (2021年モデル)◆

CV-P180基本の機能やスペックは同じで、お値段オトクなCV-N180はコチラ▼

CV-P180とCV-N180の違いを比較 シャープ衣類乾燥除湿機

それでは早速、CV-P180CV-N180の違いをご紹介します。

機能やスペックに差はなく、違いは1点のみです。

価格帯の違い:CV-N180の方が安い

価格帯の違いについて、事項で詳しく解説しますね。

価格帯の違い:CV-N180の方が安い

CV-P180CV-N180の価格の違いについてご紹介します。

2つのモデルの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べて、表にまとめました。

楽天AmazonYahoo!
ショッピング
CV-P180
(2022年)
57,380円56,000円
CV-N180
(2021年)
36,909円38,800円38,062円

ただ、こちらの価格は2022年5月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

CV-P180 (2022年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

CV-N180 (2021年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2021年モデルのCV-N180の方が2万円ほど価格が下がりますね。

機能やスペックが同じなので、実際によく売れているのもCV-N180の方です。

なので、最しいモデルへのこだわりのない方にはCV-N180をオススメします。

ただ、このシリーズは毎年春に新しいモデルが出ているので、2021年モデルのCV-N180が生産を終了する日もそのうち来るでしょう。

そうなると安い販売元から売れていき、最終的には高く販売されているものしか残らなくなります。

ゆっくり検討していると、ほしい時にはかなり値上がりしている!なんてことにもなりかねません。

上のリンクボタンで最新の価格をチェックして、いつもより安くなっている!と思う瞬間に迷わずゲットするとオトクに購入できますよ (^_^)

CV-P180 (2022年モデル)◆

省エネでパワフル除湿!プラズマクラスター7000でニオイや菌もスッキリできるCV-P180はコチラ▼

CV-N180 (2021年モデル)◆

CV-P180基本の機能やスペックは同じで、お値段オトクなCV-N180はコチラ▼

CV-P180とCV-N180の機能や特長

ここからは、CV-P180CV-N180の機能や特長をご紹介しますね。

どちらもプラズマクラスター7000搭載の、コンプレッサー方式の衣類乾燥除湿機になります。

コンプレッサー方式とは、湿った空気を冷やし、結露させ、除湿する仕組みです。

気温が高い方が除湿能力が上がるので、梅雨時から夏に効果を発揮します。

特に梅雨や夏のジメジメ・ムシムシの時にカラっと除湿させたい場合にオススメです!

CV-P180CV-N180が適している部屋の広さは、

50Hz:20~40畳(33~67㎡)

60Hz:23~45畳(38~75㎡)

プラズマクラスター適用床面積は、約20畳(約33㎡)

リビングなど広いお部屋でも除湿と消臭・除菌ができるのは嬉しいですね。

衣類乾燥の場合、約2kgを乾燥させるのに必要な時間は約80分です。

お天気や空気の状態を気にせず、いつでもおうちで洗濯物が干せて除湿もできるのはいいですね (^_^)

プラズマクラスター7000で除菌・消臭

CV-P180CV-N180は、プラズマクラスター7000を搭載しています。

プラズマクラスターと除湿された風で、部屋干しの嫌な生乾き臭を消臭しながら、洗濯物を早く乾燥させます。

また、プラズマクラスターは、スーツや制服など頻繁に洗えない衣類や、ファブリックなどの洗濯できない布製品の消臭もできます。

洗濯物に対してだけでなく、

  1. ワイドな送風でお部屋の空気を動かし
  2. パワフルな除湿で湿度を下げ
  3. プラズマクラスターを部屋中に届ける

と言うように、お部屋の除湿や消臭除菌もできます。

また、湿度に応じて自動制御する機能も搭載。

湿度が60%になると除湿を始め、湿度が50%以下になるとプラズマクラスターイオンをお部屋に届けてキレイな空気に整えてくれます。

洗濯物の乾燥だけでなく、お部屋の除湿や消臭もできるので、この一台で一年中快適に過ごせそうですね♪

コンプレッサー方式でパワフル除湿&省エネ

コンプレッサー方式とは、湿った空気を冷やし、結露させ、除湿する仕組みです。

梅雨時から夏に効果を発揮します。

  • 一日の除湿能力は、18L
  • 1時間あたりの電気代は、約10円
  • 2kgの洗濯物は約80分で乾燥できます

衣類乾燥1回あたりの電気代は約13円

毎日2kgの洗濯物を80分(1時間20分)乾かしても、1ヶ月の電気代は390円とオトクです♪

また、パワフルにお部屋の除湿ができるので、エアコンとの併用で、エアコンの設定温度が高めでも快適に過ごせますよ♪

スイングルーパーでワイドな送風

左右上下に幅広く動くルーパーで、洗濯物に効率よく風を届けます。

  • 左右のワイドスイング:横幅約165cmの風
  • 上下の広角スイング:縦幅約190cmの風

横幅165cm、縦幅190cmの広範囲で立体的な送風で、小スペースの洗濯物から、2段干しの幅が広い洗濯物まで、色んな干し方に対応できます!

雨の日など、たくさんの洗濯物をおうちの中で乾かせて重宝しますよ^^

24時間連続排水

本体にホースをつなげれば、お風呂場やベランダなどに直接排水ができます。

タンクに溜まった水を捨てに行く手間が省けますし、お出かけ時など長時間使うときもタンクが一杯になることを気にしなくて良いですよ♪

※市販のホース(内径15mm)が必要です▼

お手入れカンタン、使いやすい

排水タンクはハンドルが付いているので持ち運びしやすく、フタが付いているので排水もしやすいです。

タンクは凹凸が少なく、で洗いやすくて清潔が保てますよ。

また、240μmホコリブロックプレフィルターで、大きなホコリを入り口はブロック。

キャスター付きなので移動もラクラク!家中どこでも活躍します。

サイズは幅35.9x奥行き24.8x66.5cm

床部分の面積はA4の紙程度なので、コンパクトで脱衣所など狭い場所にも置きやすいサイズ感が嬉しいですね (^_^)


最後に、CV-P180CV-N180のスペックを1つにまとめたので、参考にしてくださいね。

除湿能力(50Hz/60Hz)16/18 L/日
除湿可能面積20~45畳(33~75㎡)
プラズマクラスター適用床面積約20畳(約33m²)
衣類乾燥時間(2kg)約80分
衣類乾燥1回あたりの電気代約13円
スイングルーバー上下(自動)/左右(自動)
消費電力
(1時間あたりの電気代)
・除湿:325W(約8.8円)
・衣類消臭:33W(約0.89円)
運転音・除湿:強 43/弱 39dB
・衣類消臭:強39/弱26dB
センサー温度・湿度
現在湿度表示デジタル表示
満水サイン
タイマー入・切タイマー(1-12時間)
キャスター4輪(横移動のみ)
チャイルドロック
排水タンク容量約4.5L
連続排水市販のホース(内径15mm)が必要
外形寸法(幅×奥行×高さ)359×248×665mm
質量約16.5kg

CV-P180とCV-N180の違いを解説!シャープ衣類乾燥除湿機 まとめ

今回は、シャープの衣類乾燥除湿機、CV-P180CV-N180の違いを比較すると共に、機能や特長もご紹介させていただきました。

CV-P180CV-N180は機能やスペックは同じで、価格の違いのみです。

なので、

  • 新しいモデルを取り入れたい方は、CV-P180
  • 価格重視の方には、CV-N180

こちらをオススメします。

購入するにあたり、CV-N180は生産終了になったり、季節によって価格が変動する可能性が高いので、こまめに価格をチェックして、安くなったタイミングで購入していただくと良いでしょう。

今回の記事が、あなたの衣類乾燥除湿機選びの参考になれば幸いです (^_^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

CV-P180 (2022年モデル)◆

省エネでパワフル除湿!プラズマクラスター7000でニオイや菌もスッキリできるCV-P180はコチラ▼

CV-N180 (2021年モデル)◆

CV-P180基本の機能やスペックは同じで、お値段オトクなCV-N180はコチラ▼

【知らないと損】CV-P180とCV-N180をオトクに購入する方法

より安く、シャープ衣類乾燥除湿機のCV-P180CV-N180を購入したい方にオススメの方法は、

楽天カード新規入会で5000ポイントもらう

です。

キャンペーン時期は、8000ポイント還元の場合もあります!

※楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天のポイントは、実際のお金と同じように使えるので、

5000ポイント=5,000円

つまり、実質5,000円引きで購入できて、とってもオトクなんです♪

楽天カードで普段から決済する度にポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物だけでなく、コンビニやドラッグストア、飲食店など街中でも使えますよ♪

年会費無料なので安心です!

楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になるというメリットも♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできますよ。
↓↓↓

※シャープの冷風・衣類乾燥除湿機は、室温-10℃の心地よい涼風を届けます。

プラズマクラスター機能搭載で、空気の除菌・消臭をしながら除湿ができるのも魅力です。

人気モデルのCM-P100とCM-N100の口コミ評判をレビューしました。

こちらもあわせて、ご検討くださいね★

CM-P100とCM-N100の1つの違いを暴露!シャープ冷風・衣類乾燥除湿機比較

CM-P100とCM-N100の1つの違いを暴露!シャープ冷風・衣類乾燥除湿機比較
シャープの冷風・衣類乾燥除湿機の、CM-P100とCM-N100の違いを比較しました。機能やスペックは同じで、違いは価格のみです。2021年モデルのCM-N100の方がオトクに購入できます。機能や特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました