SK-M251とSK-M151の4つの違いを暴露!シロカちょいなべ比較

キッチン家電

シロカで人気の「おりょうりケトルちょいなべ」SK-M251SK-M151の違いを比較しました。

SK-M251SK-M151は、同じモデルの販売年違いです。

(SK-M251/2020年11月、SK-M151/2019年2月発売)

比較した結果、SK-M251SK-M151の違いは4点でした。

①価格帯:SK-M151の方が安い

②「モード切替え」と「保温」の違い

SK-M251は湯切り付き

④コードの長さSK-M251の方が50cm長い

このことから考えると、SK-M251 (2020年モデル) がオススメな方は、

  • パスタやそうめんなど、お湯切りできるのがいい
  • モード切替えで、調理にあった温度設定や保温をしたい

湯切り機能で麺類が手軽に作れる!メニューごとの温度設定も便利なSK-M251 はコチラ▼

カラーはブラックとアイボリーの2色です。

これに対して、SK-M151 (2019年モデル) がオススメな方は、

  • 予算はなるべくおさえたい
  • シンプルなデザインや機能で満足

SK-M251と基本の機能は同じで、お値段オトクなSK-M151はコチラ▼

こちらもブラックとアイボリーの2色です。

SK-M251SK-M151は、どちらもこれ1台で「作る」「食べる」「保存」ができ、そのまま丸洗いもできる便利なクッキングケトルです。

4つの違いの中でも、2020年モデルのSK-M251は、 目的によって選べる2つの調理モードを搭載

また、SK-M251湯切り機能付きで、ラーメンやパスタなどの麺類が手軽に作れて重宝しますよ!

その他、本文ではSK-M251SK-M151の違いを比較し、機能や特長も詳しく解説しています。

クッキングケトルの購入を検討している、あなたの参考になれば幸いです(^_^)

SK-M251とSK-M151の違いを比較 シロカちょいなべ

それでは早速、SK-M251SK-M151の違いをご紹介します。

違いとしては、以下の4点が挙げられます。

①価格帯:SK-M151の方が安い

②「モード切替え」と「保温」の違い

③SK-M251は湯切り付き

④コードの長さSK-M251の方が50cm長い

SK-M251SK-M151の機能やスペックを一覧表にまとめたので、こちらも合わせてご参照くださいね(^_^)

違いのあるところは、分かりやすく赤色にしてあります。

SK-M251 (2020)SK-M151 (2019)
お湯を沸かす
温度調節
保温機能◯※「なべモード」使用時のみ
料理が作れる
ケトルの丸洗い
モード切替
湯切り
寸法(cm)幅28×奥行20×高さ19幅28.2×奥行18.2×高さ18.3
重量1.8kg1.8kg
コードの長さ1.8m1.3m
調理容量1L1L
消費電力1200W1200W
温度調節機能40~100度まで調節可能40~100度まで調節可能
カラー・アイボリー
・ブラック
・アイボリー
・ブラック

違いを一つずつ解説しますね。

①価格帯:SK-M151の方が安い

まず、一番気になるのが価格の違いですよね。

2つのモデルでの、大手ECサイトでの最安値の価格を調べ、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!
ショッピング
SK-M251
(2020年)
11,980円12,980円11,800円
SK-M151
(2019年) 
8,228円7,600円6,561円

ただ、こちらの表の価格は2022年3月の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

SK-M251 (2020年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

SK-M151 (2019年モデル)◆

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

Yahoo!ショッピングで見てみる

2020年モデルのSK-M251の方が、3、4千円ほどアップしますね。

SK-M251は、目的によって選べる、2つの調理モードを搭載。

また、湯切り機能で麺類が手軽に作れたりと、重宝します。

とは言え、SK-M251はこの価格差に見合う機能やスペックなのか、それともSK-M151で十分なのか?

そのあたりの違いや、これらのクッキングケトルの機能や特長を、これから詳しく解説していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね (^_^)

②「モード切替え」と「保温」の違い

2020年モデルのSK-M251には、「なべモード」「ケトルモード」があります。

なべモード:設定した温度になると、自動的に60分間、設定した温度で保温します。

ケトルモード:設定した温度になると、加熱を停止します。保温は行いません。

※湯沸かし、調理に関わらず、保温したい時は「なべモード」、保温しない時は「ケトルモード」を選んで下さい。

これに対し、SK-M151には、切り替えモードはありません。

設定した温度になると、ブザーが鳴ってお知らせ。

その後はそのまま自動的に、設定した温度を60分間保ち続けます。

保温したい場合は、SK-M251の場合は「なべモード」にします

(SK-M151の場合は、設定した温度になると自動的に保温に切り替わります)

この使い勝手に関しては、好みが別れそうですね。

モード切替えが面倒 (なべモードにするのを忘れそう) な方には、SK-M151の方がシンプルに使えて良いですね。

③SK-M251は湯切り付き

SK-M251には「湯切り」がついています。

パスタ、そうめん、つけ麺などが、ザルを使わずに湯切りができます。

ザルを使わずに、パスタなどの湯切りが出来るのは嬉しいですね♪

また、お鍋のお出汁をそそぐのも、具が容器から飛び出ずにできるので、オタマいらずで便利です (^_^)

洗い物も、ケトル本体を洗うだけでいいので楽ですよ!

④コードの長さ:SK-M251の方が50cm長い

コードの長さは、SK-M251が1.8m、SK-M151が1.3m。

SK-M251は50cm長くなっています

コードが長い分、置ける範囲が広がって使い勝手がよくなりますね。

SK-M251とSK-M151はどっちがオススメ?

SK-M251SK-M151の違いは分かったけど、オススメはどっち?

SK-M251 (2020年モデル) がオススメな方

  • パスタや麺類の湯切りをしたい
  • 切り替えモードで、調理にあった温度設定や保温がしたい

湯切り機能で麺類が手軽に作れる!メニューごとの温度設定も便利なSK-M251 はコチラ▼

SK-M151 (2019年モデル) がオススメな方

  • 予算はなるべくおさえたい
  • シンプルなデザインや機能で満足

SK-M251と基本の機能は同じで、お値段オトクなSK-M151はコチラ▼

SK-M251とSK-M151の機能や特長

ここからは、SK-M251SK-M151の共通の機能や特長をご紹介していきますね。

一台で作る・食べる・保存が出来て、そのまま丸洗いもできる、便利なクッキングケトルです!

一台三役で、作る、食べる、保存ができる

コレ1つで、料理を作る、そのまま食べる、そして保存もできて便利です。

作りたい料理に合わせて温度調節ができるので、お鍋、ラーメン、お燗、チーズフォンデュなど、多彩な調理が可能です。

食卓で調理をして、そのまま鍋から食べられるのが便利ですよね♪

料理が余ったら、フタをしてそのまま冷蔵庫で保存もできます!

コンロや食器、保存容器もいらないので、洗い物が減りますね♪

レトルトパックをケトルに入れて、温めもできますよ。

丸ごと洗える

一般的な電気調理器は、底面に電源があるので水洗いができません。

「おりょうりケトルちょいなべ」は、ケトルとヒーター部を分離させることで、ケトルを取り外して丸洗いが可能になりました。

本体(ヒーター、温度センサー部分)は、やわらかいフキンで拭き取って下さい。

お手入れが簡単になって、洗い物の手間が省けますね♪

安心・安全設計

安全に使えるための機能も、しっかり備わっています。

ケトルがセットされていないと、発熱しないようになっています。

また、空だき防止機能も搭載されているので、火災の心配や本体を壊してしまうことなく、安全に使うことができます。

きちんとセットされていないと、おしらせランプやピー音で教えてくれるので、安心ですよ!

SK-M251とSK-M151の違いを比較 シロカちょいなべ まとめ

今回は、シロカの「おりょうりケトルちょいなべ」の、SK-M251SK-M151の違いを比較するとともに、機能や特長もご紹介させていただきました。

SK-M251SK-M151の4つの違いをおさらいすると、

  1. 価格帯:SK-M151の方が安い
  2. 「モード切替え」と「保温」の違い
  3. SK-M251は湯切り付き
  4. コードの長さSK-M251の方が50cm長い

2020年モデルのSK-M251は、目的によって選べる2つの調理モードを搭載。

湯切り機能もついていて、ラーメンやパスタなどの麺類が手軽に作れるのが嬉しいポイントですね♪

とは言え、SK-M151も1台でお湯を沸かすのも、調理も保温もできる、便利なクッキングケトルです。

お値段にも違いがあるので、この記事の情報を参照の上、納得の行くお買い物をしてくださいね(^_^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


SK-M251 (2020年モデル)◆

湯切り機能で麺類が手軽に作れる!メニューごとの温度設定も便利なSK-M251 はコチラ▼

SK-M151 (2019年モデル)◆

SK-M251と基本の機能は同じで、お値段オトクなSK-M151はコチラ▼

【知らないと損】シロカのちょいなべをオトクにお試しする方法

  • シロカのちょいなべが気になるけれど、買ったのに合わなかったら困るなぁ…
  • 買う前に、使用感を確かめて失敗しない買い物がしたいなぁ…
  • 一人暮らしで食洗機が欲しいけど、買うのは高いなぁ…
  • 単身赴任で期限付きの生活だから、わざわざ新しい家電を買うのもなぁ…

そんな方におすすめなのが、家電のレンタルサービスです!

家電レンタルのサブスクサービス「CLAS(クラス)」なら、家電製品が必要なときに必要なだけ借りることができて、便利です!

スマホやパソコンから気軽に注文できて、交換や返却の際も、搬出は専門業者に全ておまかせ♪

いつでも返却や交換OKで、手軽に気になる商品を試すことができますよ^^

ぜひこちらをチェックしてくださいね▼▼

家具・家電レンタル「CLAS」


※今回ご紹介した、SK-M251の口コミ評判をレビューしました。

一人用、一人暮らしにピッタリ、洗い物が少なくてラク、これ一台で湯沸かしも調理もできて便利と好評です!

こちらもあわせて、ご参照くださいね★

SK-M251の口コミ評判をレビュー!1人暮らしに便利!シロカちょいなべ

SK-M251の口コミ評判をレビュー!1人暮らしに便利!シロカちょいなべ
シロカのクッキングケトルの、SK-M251の口コミ評判をレビューしました。一人用や一人暮らしにピッタリのサイズで使いやすい、洗い物が少なくてラク、これ一台で湯沸かしも調理もできて便利、と好評です。機能や特長も詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました